« 地蔵温泉地蔵の湯ゆにーいく | トップページ | 鎌倉散歩(朝夷奈切通、釈迦堂切通) »

武蔵小山温泉 清水湯

山に行く気が持てなかった日。そんな時は久しぶりに温泉探訪ということで、武蔵小山温泉清水湯に行ってきました。品川区、太田区、目黒区あたりは温泉銭湯の聖地とも言えるほど、温泉銭湯がたくさんありますが、その中に2008年にオープンした新しい温泉銭湯です。

目黒から東急目黒線に乗って武蔵小山に着きます。久しぶりにこの路線に乗るので、前は目蒲線だったよなと思ったら、地下鉄南北線と乗り入れするようになっていました。武蔵小山駅を下車して、5分ほどでしょうか。

2009071101

コンデジの調子が悪くて、写真がちょっと変な色になっていてすいません。きれいな門があり、それをくぐって入ります。木をベースにした建物はとても落ち着いた感じ。近代的であるけれど、和の雰囲気を取り入れた感じの良い建物です。

銭湯ですので、450円と超安価。もちろん、石鹸、シャンプー、リンス、タオルは付いていませんので、持って行きましょう。自分はタオルは持っていましたが、石鹸を忘れて買うことになりました。

浴場はそれほど大きくはありませんが、まずは内湯は黒湯。ジェットバスでかなりの水流があります。やはり銭湯らしくかなり熱め。あっという間にできあがります。お湯の出口あたりは電気の湯と書かれていて、もしかしてあの電気風呂?とちょっとビビりましたが、特に電流は流れていないみたいでした。

熱くなって外へ出ると、左に黒湯の露天風呂があります。その前に椅子が置いてあるので休憩。露天風呂は半分屋根があって、半露天のような感じです。今日は湿気が多少少ないようで、弱いですが風が来ると少し爽やかな感じでした。

さて、階段を登ると、今度は黄金色のお湯が満たされた露天風呂があります。5人ぐらいでいっぱいでしょうか。黒湯よりは若干ですがぬるめな感じはあります。顔を洗うとなかなかその良さが伺えます。黒湯の方は加水、循環ですが、こちらの方は加水なし、循環なしで掛け流しです。(加温あり)

やっぱり入っているとすぐに熱くなってしまうのは、気温のせいもあるでしょう。右奥の下のあたりに肘がぶつかったら、「熱っ」と声を上げてしまいました。そこにはぼんやりとしていたので分からなかったのですが、パイプが見えました。注がれているお湯はそんなに多くないので、それだけは温度が維持できないので、このパイプを使って加温しているのでしょう。お湯を足すよりは合理的で、いいお風呂だと思います。お風呂の横には寝椅子が3つほどありました。あまり怖そうな感じには見えませんでしたが「い」が彫られた方がいたりしてちょっとビビったりするあたりは、やはり銭湯らしいです。

下の黒湯の露天風呂は小さく、3人くらいでいっぱいでしょうか。こちらも内湯同様に熱めでした。

なかなかいい温泉銭湯。この内容で入浴料450円はなかなかお得です。通ってしまう温泉になるかも...。

« 地蔵温泉地蔵の湯ゆにーいく | トップページ | 鎌倉散歩(朝夷奈切通、釈迦堂切通) »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんにちは。
ここの温泉!気になってました!
よさそうですね。今度雨でどこにもいけなかった日のお楽しみにしたいと思います。

それから夕べTVでラベンダーパーク見ました。
今見ごろらしいですね。
紫色の揺れる花たちが、涼しげで気持ちよさそうでした。

cyu2さん、こんにちは。

銭湯なのでちょっと狭いですが、建物はきれいだし、お湯もいいです。
気軽にいける施設というのがいいですね。

TVでやっていましたか。18日~20日前後が最初の見頃、と書かれていたので、ちょうどその時期ですね。
このところ暑かったから、きっと開花も進んだことでしょう。
今日のテレビでは本家、北海道の富良野のラベンダーをやっていました。
満開のラベンダーを見てみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵小山温泉 清水湯:

« 地蔵温泉地蔵の湯ゆにーいく | トップページ | 鎌倉散歩(朝夷奈切通、釈迦堂切通) »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ