« 塩見岳から北岳縦走2 | トップページ | 喜久の湯温泉 »

塩見岳から北岳縦走3

その2からの続きです。

最終日も長いので早めにテントをたたんで歩き出します。

2009082425

今日は昨日よりも天気がよさそう。

2009082426

三峰岳へ向かうと、日がさしてきました。

2009082427

甲斐駒と仙丈ヶ岳にも日がさしていました。

2009082428

農鳥岳はでかい。ちょっとこの写真では分かりにくいですが、肉眼では鞍部にしっかり小屋とテント場を見ることができました。

2009082429

ケルンの向こうには歩いてきた稜線が。

2009082430

間の岳へは遠くないですけど、それなりに登らされます。ようやく着くと、甲斐駒と北岳のペアがきれいでした。もう甲斐駒にはガスがわき始めていますね。

2009082431

遠かったなぁ。

2009082432 

富士山方向は雲の中でしたが、そちらを歩く人が、雲の稜線を行くという感じで面白かったです。

2009082433

間の岳から北岳に向かいます。なんとなく覚えのある道です。北岳山荘はだいぶきれいになりましたね。山荘近くから見た北岳はやはり大きいです。

2009082434

ガスが動いてくれてこんなに天気のいい北岳は初めてです。

2009082435

少し間の岳方向に戻り、お花畑から八本歯のコルに下ります。さすがにもう雲がきてました。まだ雪渓が残っています。

2009082436

二俣に着いた時、後1時間30分でバスの時間になります。このままだと乗り遅れるので、甲府行きのバスは2時間後になってしまいます。そのためにスピードモードに突入し、かなりのスピードで下ります。また2回くらい滑って手に小さな傷を作ってしまいました。自分が歩いたのは随分前なので、途中の崖の崩壊などで道がかなり付け替えられていて、歩きにくい道の所がありました。そのせいか時間が押し迫って慌てますが、なんとか発車の15分前にバス停に着くことができました。

最後まで慌てた山歩きでしたが、楽しい縦走でした。

« 塩見岳から北岳縦走2 | トップページ | 喜久の湯温泉 »

登山(南アルプス)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん   

こちらでは、はじめまして。
いつもHPのトップページを見て、『塩見岳、まだかな~』と思っていました。
ブログもお持ちだったんですね。
塩見岳、懐かしく拝見しました。
3日間、いいお天気で、よかったですね。
三峰山から振り返った塩見岳が素晴らしくて、羨ましい~

sanpoさん、こんにちは。

レポ、お待たせしてすいません。m(__)m
どうしても文章を書くのは時間がかかってしまいますので、ブログの方は速報的に写真を主にして、HPの方は詳細レポという感じに切り分けています。

塩見岳、本当にいい山ですね。
この稜線だけは晴れた日に歩きたいと思っていましたが、本当に実現できてよかったです。
三峰岳からも間の岳からもよく見ることができました。
北岳からは少し岩とガスが邪魔しましたが、それでも塩見岳を見ることができましたよ。
眺めても登っても本当に記憶に残る山になりました。

これは目の毒だな 一応9月の末に リベンジを考えているけど
紅葉とかには まだ早いよね?
今年行けなくても また来年が有るね 

こんばんわ。
本当に素晴らしい景色の連続ですね。天気にも恵まれて良かったですね。リブルさんのレポを見ていると今でも行きたい気持ちになりますが、多分来年になる確率が高そうです。


いっきさん、こんにちは。

9月末であれば、上の方は紅葉が始まっているはずです。草紅葉かもしれませんけど。
今年はもう気温が低いので、色づきがいいかどうかは分かりませんが...。
いずれにしても上の方は夜や早朝だと雪の降る気温に近いと思いますので、寒さ対策は万全に。
晴れれば紅葉の時期は青空がまぶしいんですよ。
お花は少ないでしょうけど、それはそれで楽しめると思います。

フクシアさん、こんにちは。

秋の時期はお花は少なくなりますが、青空に当たれば、夏以上に素晴らしい遠望が可能だと思いますので、
それは魅力的ですね。
今年はやはり紅葉は色合いが今一つなのでしょうかね。
雨が多かったけど、晴れが少なすぎだからなぁ。

熊ノ平からにしては広河原着が早いように思ったら左俣を降りられたんですね。
ちょっとお急ぎモードだったかもしれないけど、お花の様子は右俣に比べるとどんな感じでしょう?

南も行きたいんですけど、秋の遠出は天気とインフル次第です~(笑)

komadoさん、こんにちは。

お花はもう素晴らしいです。
とにかく上から下まで色々なお花が咲いていました。
釣り尾根分岐から下ったのですが、北岳山荘まで戻ってお花畑を通れば良かったかもと後でちょっと思いました。
北岳付近のお花は別にアップします。

秋の大型連休の直前は仕事で、下手すると連休が潰れそうなので、予定が全く立ってません。
あの時期は天気も微妙ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塩見岳から北岳縦走3:

« 塩見岳から北岳縦走2 | トップページ | 喜久の湯温泉 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ