« 塩見岳から北岳縦走3 | トップページ | 塩見岳付近のお花達 »

喜久の湯温泉

普段だと北岳などの帰りは先日紹介したヘルシーハウス山渓園で立ち寄るのですが、もう平日は秋ダイヤになってしまい、バスが少なくなっています。ということで、甲府まで乗ってしまい、前もって調べておいた喜久の湯温泉に行くことにしました。

甲府駅北口を出て約15分ほど歩きます。朝日5丁目の交差点から朝日通りに入り、少し先の路地を入ればありました。北口からバスもあるようなので、時間が合えばバスに乗った方が早いと思います。

2009082437

午前10時から午後9時30分と営業時間が長いので、早く下山した時でも使えます。定休日は調べていなかったのですが、水曜日と書かれていてほっとしました。銭湯なので入浴料は400円と安価。脱衣場は広くて、大きなザックを持ってきても大丈夫なのがうれしいです。かなりレトロな作りで、懐かしい雰囲気。

真ん中の浴槽は普通のお湯っぽく感じます。でも、柔らかめの感じ。その先に掛け流しらしい加温浴槽があり、ぬるめのお湯になっています。その後に源泉そのままの浴槽がありますが、やはりちょっと冷たい感じであまり長くは浸かってはいられませんでした。サウナもあるようなので、その人達が水風呂の代わりに入っていたようです。ぬるめのお湯に長かった山行を思いながら、しばらく浸かっていました。成分表が横にありましたが、温泉の成分のせいかどうか、文字がだいぶ消えていました。カルシウム、ナトリウム-硫酸塩泉ということが外に出た所に書かれていました。

ちょっと駅から歩くには時間がかかるのが残念です。でも、山帰りなどで甲府でお湯に入りたいことが時々あるので、そんな時に使いたいですね。

銭湯ですので、シャンプーなどのお風呂セットは忘れずに。忘れても買えますけどね。

詳細なタウンページ記事はこちら

« 塩見岳から北岳縦走3 | トップページ | 塩見岳付近のお花達 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喜久の湯温泉:

« 塩見岳から北岳縦走3 | トップページ | 塩見岳付近のお花達 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ