« 喜久の湯温泉 | トップページ | 北岳付近のお花達 »

塩見岳付近のお花達

いろいろなお花が咲いていました。

2009082450  

最近、ウスユキソウに会っていなかったので久しぶりに見られました。ミネウスユキソウだと思います。

2009082441

ヤマハハコ。

2009082442

タカネマツムシソウだと思います。よく咲いていました。

2009082443

オヤマリンドウっぽいですが、かなり色が黒いです。まだこれからですね。

2009082444

ハクサンフウロもたくさん見掛けました。

2009082445

トウヤクリンドウもよく見掛けます。

2009082446

タカネヒゴタイでしょうか。群落が多く、場所によっては、よく目に付きました。

2009082447

イワツメクサもよく見ました。

2009082448

岩場にはチシマギキョウが風を避けるようによく咲いていました。

2009082449

タカネシオガマだと思います。これも岩場の陰に隠れるように咲いていました。

2009082451

ちょっと写真が今ひとつですが、イブキジャコウソウも咲いていました。

2009082452

タカネビランジがありましたが、すでに旬は過ぎていました。こんな平な所でも咲くんですね。ちょっと意外でした。

« 喜久の湯温泉 | トップページ | 北岳付近のお花達 »

お花」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、お花の名前教えていただきありがとうございました。
私はウスユキソウだけはずっと以前から見てみたくて図鑑を見ていたせいか?
頭に残っていたらしく、山で見つけたときすぐに名前が出てきました。私には珍しい^_^;
小さくて白くてかわいかったです。ハヤチネまで行ってみてみたいですね♪
そちらもたくさんのお花が咲いていたんですね。
キレイですー。
チシマギキョウの半分くらいの長さのキキョウはなんだったのかしら?
写真撮ったつもりで撮れていなかったみたいで・・・
いつもそうなんですけど、後で撮ろう、というのはダメですね。結局とり忘れ・・・

お早うございます。
結構いろいろなお花が咲いていましたね。

今年は夏らしい夏がなかった所為か、逆に遅くまで夏の花が見られたという事でしょうか?
タカネビランジは踏まれないように石で囲ってくれたのですね。
タカネマツムシソウの色もとっても素敵ですね。

マツムシソウも大好きな花ですので何処か登りたいと思っていますが。秋の花は逆に早く咲くのかしら?

cyu2さん、こんにちは。

ウスユキソウは種類が結構ありますね。
一般的なウスユキソウはよく見掛けますが、それ以外となるとそれなりに時期と山を選ばないといけないですね。
ハヤチネウスユキソウは前に早池峰に出掛けた時になんとか見られました。
フィルムの頃で、しかもそんなにお花に興味があまりない頃だったので写真の端の方にちょこっと写っていただけだったりしますが。(^^;
綿毛の感じがいいですね。

チシマギキョウに似たお花と言えば、イワギキョウでしょう。
チシマギキョウよりも短くて上向きに咲いていたら、大抵イワギキョウです。
萼の形が違うので、三角形だったらチシマギキョウ、線形だったらイワギキョウという見分け方もあるようです。
他にも先端に毛があるなしでも判断可能です。

なかなか歩きながら撮るのは難しいですよね。自分もあそこで撮っておけば良かった、と後悔する事がしばしばです。
でも、見たお花をしっかり記憶しておく、というのもまた、何年か後に振り返った時に、良い思い出になると思いますよ。

フクシアさん、こんにちは。

確かに夏のお花は咲くのが遅くなったのかもしれませんね。
秋のお花は確かに早そうです。
蒸し暑かったかと思うと、急に寒いぐらいだったり、寒暖の差が大きいですね。
もしかしたら素晴らしい紅葉になるのかな、なんて期待したりして。

仕事場の近くの木の葉がごくわずかですが、赤い色がつき始めたりしていました。
去年はさすがにまだまだ青かったような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塩見岳付近のお花達:

« 喜久の湯温泉 | トップページ | 北岳付近のお花達 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ