« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

丹後山から中ノ岳1

9月というとなぜか越後の山に出掛けたくなります。ということで、丹後山から中ノ岳を歩いてきました。

2009092701

早朝の電車を乗り継いで六日町駅へ。どうも予想よりも天気が悪いらしく、新潟県に入ると道路が雨で濡れていました。駅で下車し、タクシーの相乗りを探して大きなザックを持っていたおじさんに声を掛けてみましたが、野中までしか行かないとのことで諦めて一人で乗ります。十字峡の左回りの道は新潟国体の自転車競技のために途中で係員に通行止と言われてしまいます。 右回りで行くことになって少し時間をロスしましたが、小屋までなので夕方には入れるでしょう。小屋で4L水を汲んで歩き始めます。

2009092702

林道入口まで来ると、塞いであって、通行止めの大きな表示。おいおい入れないのかと思ったら、脇から人は通れました。きれいな沢を左に見ながら歩いていきます。

2009092703

登山口からはきつい登りが続きます。

2009092705

やはり上の方はガスがかかっているようで、あまりいい天気ではないようです。

2009092706

七合目あたりまで登ると紅葉しています。

2009092707

やはりガスの中を登っていきます。

2009092708

シシ岩のあたりまで来ると、急にガスが上がって、ドラマを見せてくれました。本当は左にグリーンの山が見えたのですが、写真にはなぜか写っていませんでした。

2009092709

使う人がどれだけいるのかと思う巻機山への分岐を過ぎて、しばらく登ると、ようやく小屋が見えてきました。

2009092710

唯一、ハクサンフウロがまだ咲いていました。

2009092711

荷物を置いた後、丹後山頂まで行きますが、ガスの中で全く眺めを楽しむ事はできませんでした。

この日の避難小屋は10数人が泊まっていました。天水を沸かして使っている人達もいました。

その2へ続く。

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

湯場ノ尾根と万六の頭北東尾根

23日は連休最後の日でしたが、曇りで気温もそれほどは上がらず、でも、雨は降らないというこんな日は藪山歩きにちょうどいいと、久しぶりに奥多摩へ行きました。

数馬行きのバスを笹平で下車します。

2009092301

小坂志林道を歩くと、市道山へのよめとり坂の一般道が分岐します。

2009092302

湯場ノ尾根に取り付きます。踏み跡は薄く、下部はかなり急坂の上に少しヤブっぽい感じでした。

2009092303

イヌヤマハッカかな?

2009092304

シモバシラもよく見掛けました。

2009092305

カシワバハグマもよく咲いていました。

2009092306

キバナアキギリもときどき見掛けます。

2009092307

笹の中の踏み跡を登っていきます。

2009092308

万六尾根に出たところには作業道の表示がありました。

2009092309

万六尾根は一般道ですけど、なかなかきれいな感じです。湯場ノ頭の表示を探しましたが、見つかりませんでした。

2009092310

しばらく下って登って万六の頭へ。

2009092311

北東尾根は踏み跡が薄い所がありますし、分かりにくい分岐もいくつかありました。でも、マーキングが結構あります。

2009092312

笹平近くの林道に出て、ほっとしながら歩くと、キンモクセイがいい香りでした。

2009092313

バスは1時間30分後だったので、バスが多くなる元宿まで歩きます。途中に吉祥寺滝と書かれていた案内版があったので立ち寄ってみました。そんなに大きな滝ではありませんが遊歩道があって、楽しめました。

2009092314

元宿役場前に出ると、バスは数分待ちでした。

            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五郎山 たった一人の山

21日は奥秩父の五郎山に行ってきました。

2009092101

早朝の電車を乗り継いで小海線の信濃川上駅へ。村営バスを梓山で下車します。登山者は自分一人でした。町田市自然休養村へ向かう道を歩いていると、先の方に山が見えます。右奥が五郎山なのでしょうか。

2009092102

自然休養村から林道を歩いていくと、やがて幻の滝の分岐があります。とりあえず後にして五郎山に向かいます。

2009092103

かなりきつい登りを頑張って稜線に出ると、いい眺めが広がります。

2009092104

武信白岩山から甲武信岳方面の山がすぐ近くに並んでいました。

2009092106

マキヨセの頭を過ぎると五郎山が見えますが、なかなかの岩峰ですね。

2009092107

歩きにくい道をしばらく頑張ると、さらに目の前にどーんと岩壁が見えます。とても登れそうに思えない山です。

2009092108

右から巻いて登ると、あっけなく三等三角点のある小さな山頂でした。

2009092109

わずかに黄葉している木がありました。

2009092110

戻る途中から見ると、マキヨセの頭もなかなかの岩山ですね。

2009092111

登る時には気づかなかった少し紅葉している木を見つけました。

2009092112

幻の滝に寄ってみます。あまり水量がありませんでした。林道から2~3分なのに幻の滝とはこれいかに。

2009092114

梓山に戻り、橋を渡ると、双対道祖神が2つ。だいぶ風雨にさらされていますが、どこからか移したものでしょうね。

連休だというのに下できのこなどを取っていた家族連れが歩いていただけで、登山者には一切会いませんでした。少し短かったですが、いい山でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

草津温泉

久しぶりに本日は草津温泉に日帰りで行ってきました。

2009092201

臨時の新宿発あがつま草津号で草津へ。

2009092202

草津町内は車で渋滞。湯畑のあたりも車と人でいっぱいでした。食事処は2時過ぎても並んでいる人多数。こんなに観光客が多い草津は初めてでした。GWよりもすごいかも。景気も少しは戻ってきているのかな?

2009092203

いつもの大滝乃湯。こちらも人がたくさんでした。久しぶりに合わせ湯の熱いお湯に浸かりました。

2009092204

白旗の湯へ。人が多いせいか、お湯がガンガン注がれていて、かなり熱い。小さいお風呂も入りましたが、久しぶりにちょっと足がヤケるかと思いました。

すっかり体が硫黄臭くなって帰りました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋の城跡巡り

先週からの城跡繋がりということで、本日は赤塚付近の城跡を見に出掛けました。

2009091901

下赤塚を歩き出して、しばらく歩くと松月院があります。ここは千葉氏の菩提寺だということでした。

2009091902 

乗蓮寺には東京大仏があります。ここはこれから行く赤塚城の二の丸だったということでした。

2009091903

すぐ先には板橋区立赤塚植物園があります。サワギキョウが咲いていました。

2009091904

白のヒガンバナも咲いていました。

2009091905

道に戻って先へ進むと、不動の滝の看板があり、こんな所に滝があるのかと期待していましたが、やはり住宅地の中ですから、わずかな水量でした。

2009091907

少し先から左へ入ると、細い階段があって、それを登れば赤塚城跡でした。梅園を通り抜けると広場が広がっていました。

2009091906

本丸跡の石碑がひっそりと立っていました。この城は下総の千葉氏の相続争いで追われた実胤・自胤(よりたね)が太田道灌を頼って逃げ、自胤がここに城を構えたということのようです。太田道灌の死後は北条氏の配下となったが、秀吉に攻められて小田原城が開城したのと同時にこの城も開城となったようです。

その後は資料館を見学。この付近とは関係ないようですが、特別展で甲冑などが展示されていました。その後は西高島平駅へ歩いて向かいました。

2009091909

三田線に乗って志村三丁目へ。少し登れば熊野神社。今日9月19日は例祭日ということで笛と太鼓の音が響き、舞踊が催されていました。

2009091910

ひっそりと志村城跡の石碑があります。自胤が赤塚城に入城した際、一族の千葉隠岐守信胤が入城して前衛拠点とした、と説明にありました。ちなみに熊野神社の裏手に回ってみた所、わずかに空堀の跡が認められました。

2009091911

最後は志村坂上の駅の入口近くにある一里塚へ。都内に現存する一里塚はここと北区の2箇所だけということで貴重なもののようでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

八王子城山北東尾根

本日は八王子の城山へ行ってきました。
ホントは奥多摩へ行くつもりで早朝に目覚ましを鳴らしたのですが、朝は頭が痛かったのでゆっくり寝てました。でもいい天気に誘われて、軽いハイクに出掛けました。

2009091301

高尾駅を降りたのはすでに11時前。5分ほど前に陣馬高原行きのバスは行ってしまって次ぎは1時間後。ゆっくり待ってもいいのですが、宝生寺団地行きのバスに乗り、河原宿大橋で下車して、松竹バス停まで歩くことにしました。陣馬街道を歩いていると二十三夜塔がありました。

2009091302

松竹橋を渡って、山に向かって歩いていきます。住宅が結構ありますが、やがて右に稲荷神社がありました。

2009091303

分岐には道標があって助かります。

2009091304

ツリフネソウやヤブランがよく咲いていました。

2009091305

最初は緩やかでしたが、だんだんきつくなって汗をかかされます。ようやく分岐。

2009091306

きつい斜面を登って左へ行くと9合目。少し登れば展望のある場所に出ました。

2009091307

結構気温が上がった割には高層ビルも見ることができました。

2009091308

八王子神社がありました。この神社は八王子の地名の起源になったという事でした。

2009091309

本丸跡で遅い昼食。下りは北東尾根へ。踏み跡の続く、368mからさらに進むと八王子市の基準点があります。でも眺めなしのヤブ山です。

2009091310

北条氏照氏の墓への分岐付近。

2009091311   

一本松山はビールケースが転がっていて、それに乗るとなんとか眺めがありました。

2009091312    

その先はかなりヤブっぽくなって、大きな蜘蛛の巣が多いです。ジョロウグモでしょうか。下を何度もかいくぐって行きました。いい加減嫌になりながらも285mから秋葉神社を目指し、なんとか神社に降り立った時にはほっとしました。ヒガンバナが咲いていました。

2009091313

タウン入口バス停まで歩いて、高尾駅行きのバスに乗り込みました。

やはりこの時期の超低山の藪山はクモ対策が必要ですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

雨ヶ岳、高デッキ、毛無山

5日(土)は残り一枚の18切符で雨ヶ岳から毛無山へ行ってきました。

前は東京駅からの静岡行きには乗れず、品川乗り換えだったのですが、いつの間にか時刻が変わっていて、東京駅から乗れるようになっていました。富士駅乗換で富士宮駅に向かいますが、乗り継ぎ時間がこれまた少なくなっていて、少しあわてました。富士宮駅から河口湖行きのバスに乗りますが登山者は自分だけでした。バスの中からはきれいな富士山がずっと見えていました。

2009090501

バス停を降りると爽やかな風が吹いていました。

2009090502

A沢貯水池からの端足峠の眺め。

2009090503

思ったよりもきつい登りは少なく、端足峠に着きます。竜ヶ岳方面と本栖湖方面にも道がのびていました。写真は雨ヶ岳への少し細い道。

2009090504

きつい道を登っていきます。途中で展望が開けて、富士山の眺めがあります。

2009090505

さらにきつい登りを頑張ると雨ヶ岳の山頂に着きますが、もう雲にほとんど隠れていました。

2009090506

さらに登りが続いて山名板などのまったくない高デッキ付近。ヤブは刈られていて道はまったく問題ありませんでした。

2009090507

広い眺めが広がります。

2009090509

毛無山方面へは一度下ってから登りです。南アルプス方面は雲がかかっていてあまり見えなかったのが残念でした。

2009090510

栃代分岐があったものの、とても道があるようには見えませんでした。ほとんど使われていないと思われます。

2009090512

このあたりまで来るとようやくお花が咲いています。これはテンニンソウかな。

2009090513

アザミはいつも悩みます。アズマヤマアザミとかなのかなぁ。

2009090514

ひっそりと咲いていたお花。コウメバチソウだと思います。

2009090515

トリカブトは本当に多かったです。登山道にもだいぶ伸びているんですが、触りたくないんだよなぁ。

2009090516

ようやく毛無山に到着。さすがに登ってきている人が多いです。

2009090517

三角点を見ると、一等でした。ここは一等三角点本点で、山梨の山では甲斐駒とここだけだそうです。昔は素晴らしい展望だったのかな。

2009090518 

ヒヨドリバナも咲いていました。

2009090519

下山は朝霧高原へ。

2009090520

やっぱり下りもきついなぁ。五合目のマツダランプの看板も健在。

2009090521

久しぶりに見た不動滝。

2009090522

麓に着いてからはのんびり歩いてバス停へ。温泉に入って17時台のバスで帰るつもりでしたが、残念ながら朝霧グリーンパークは閉鎖されていました。16時台のバスで河口湖へ出ました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

川原湯温泉

山の後は疲れたので、日帰り温泉へ。草津まで行っても良かったのですが、疲れ方が激しかったこともあって、草津の強いお湯では疲れすぎる、ということで、川原湯温泉をチョイス。

川原湯温泉は言わずと知れた八ッ場ダムに沈む温泉。代替地が考えられており、今よりかなり高い所を造成する予定になっています。温泉神社のあたりはなんとか残るらしいですが、それより下はダムに沈んでしまいます。訪れる度に家が減っていて寂しいばかりです。ちなみに民主党は八ッ場ダムに反対していて、昨日はダム本体の工事を延期というニュースが流れていました。今後はどうなるか不明です。でも、もう工事は相当進んでいて、ここで止めると単なる自然破壊以外の何ものでもなく、多くの人が移転してしまって地元の人もいないという、無惨な跡だけが残ってしまいますので、それはそれで無駄すぎる気がします。それに高台に移住した人はこのままだとあまりにも不便な場所で、今後どうするのでしょうか。

そんなことから最近はあまり行っていなかったのですが、やはりあの硫黄の香りのする温泉はやはり捨てがたいということで久しぶりに行ってみました。

2009082501

まずは共同浴場の王湯。300円です。内湯と露天風呂があるのですが別れています。内湯は階下にあるのですが、高い天井で気持ちいいお風呂です。古いタイル張りの浴槽は結構広く、熱いお湯が注がれています。源泉は70度以上あるので加水していますが、柔らかいお湯で硫化水素の香りがほんのりとします。水の出し方がちょうどいいのか、いい湯加減でした。

露天風呂へ行くには一度服を着なければなりません。露天風呂はそんなに大きくはなく、横形です。白い容器が置いてあるのですが、これは温泉卵作成用なのかな。でも、温泉卵を作らないで下さいと注意書きがあって、いつも何に使うのか、不思議に思ってしまいます。露天風呂の方はかなりぬるめでした。

2009082502

こちらも共同浴場の笹湯。以前は路地裏を通っていくような感じでしたが、引っ越ししたのか、家がなくなってしまって花が道脇に植えられていました。入浴はしませんでしたが、ここは今では珍しい、脱衣場とお風呂が一緒になっているパターンの古い浴場です。地元のおばさんなのか、にぎやかな話し声が聞こえていました。

2009082503

こちらも共同浴場の聖天様露天風呂。露天風呂オンリーで洗い場はありませんので入浴だけ。混浴です。と言っても、女性が入っていることは滅多にありませんが。入浴管理料として100円をボックスに入れると、チン!と威勢のいいベルがなります。

他の共同浴場と同じお湯のはずですが、なぜかここのお湯は硫黄の香りが少し強い気がします。夏のせいか、アブがたまに飛んできましたが、そんなに強力なやつではなかったので刺されるような事はありませんでした。

前は温泉饅頭も駅の近くで買えたのになぁ、と思いながら駅に着くと、電車の時間はすぐでした。

番外編:

2009082504

川原湯温泉から渋川に出て、伊香保温泉の露天風呂に立ち寄って〆。
ぬるめのお湯にたっぷり浸かって、源泉のお湯を満喫した日帰り温泉旅でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北岳付近のお花達

こちらもまたとにかく花がたくさん咲いていました。

2009082460

なかでもやはりタカネビランジがやはり筆頭でしょうか。だいぶ色が薄く、シロバナに近い感じ。岩場の陰に咲いていた可憐なお花でした。

2009082461

エゾシオガマなのかな。

2009082462

日が当たってしまい、あまりいい写真ではないですが、タカネヤハズハハコだと思います。

2009082463 

タカネツメクサはそろそろ終わりかな。

2009082464

久しぶりにしっかり開いたトウヤクリンドウに会えました。

2009082465

タカネシオガマ。

2009082467

ずいぶんピンク色が濃いですが、オンタデでしょうか。

2009082468

こちらは雄株だと思います。

2009082469

タカネナデシコも見ることができました。

2009082470

なんか妙に背の低いトリカブト。どうやらキタダケトリカブトのようです。

2009082471

セリ科のお花は本当に同定が難しいです。

2009082472   

背の低いキンポウゲだなと思いましたが、キタダケキンポウゲのようです。

2009082473

イブキジャコウソウは群落が大きいです。

2009082474

ミヤママンネングサでしょうか。小さな群落が点々とありました。

2009082475

ミヤマコゴメグサは花付きがいいですね。

2009082476

ミヤマホツツジもありました。先っぽが象の鼻みたいで面白いですね。

2009082477

クチバシシオガマかな。

2009082478

タカネグンナイフウロもまだ咲いていました。

2009082479

イブキトラノオも群落でよく咲いていました。

2009082480

アキノキリンソウでしょうね。

2009082481

自分はあまり見たことないお花でしたが、ミヤマハナシノブだと思います。

2009082482

最後にセンジュガンピ。暗い林が好きらしくて、なかなかうまく撮影するのが難しいですね。

まだまだこれ以外にもたくさんのお花が咲いていました。お花の山は大切にしたいですね。

         

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »