« 八王子城山北東尾根 | トップページ | 草津温泉 »

板橋の城跡巡り

先週からの城跡繋がりということで、本日は赤塚付近の城跡を見に出掛けました。

2009091901

下赤塚を歩き出して、しばらく歩くと松月院があります。ここは千葉氏の菩提寺だということでした。

2009091902 

乗蓮寺には東京大仏があります。ここはこれから行く赤塚城の二の丸だったということでした。

2009091903

すぐ先には板橋区立赤塚植物園があります。サワギキョウが咲いていました。

2009091904

白のヒガンバナも咲いていました。

2009091905

道に戻って先へ進むと、不動の滝の看板があり、こんな所に滝があるのかと期待していましたが、やはり住宅地の中ですから、わずかな水量でした。

2009091907

少し先から左へ入ると、細い階段があって、それを登れば赤塚城跡でした。梅園を通り抜けると広場が広がっていました。

2009091906

本丸跡の石碑がひっそりと立っていました。この城は下総の千葉氏の相続争いで追われた実胤・自胤(よりたね)が太田道灌を頼って逃げ、自胤がここに城を構えたということのようです。太田道灌の死後は北条氏の配下となったが、秀吉に攻められて小田原城が開城したのと同時にこの城も開城となったようです。

その後は資料館を見学。この付近とは関係ないようですが、特別展で甲冑などが展示されていました。その後は西高島平駅へ歩いて向かいました。

2009091909

三田線に乗って志村三丁目へ。少し登れば熊野神社。今日9月19日は例祭日ということで笛と太鼓の音が響き、舞踊が催されていました。

2009091910

ひっそりと志村城跡の石碑があります。自胤が赤塚城に入城した際、一族の千葉隠岐守信胤が入城して前衛拠点とした、と説明にありました。ちなみに熊野神社の裏手に回ってみた所、わずかに空堀の跡が認められました。

2009091911

最後は志村坂上の駅の入口近くにある一里塚へ。都内に現存する一里塚はここと北区の2箇所だけということで貴重なもののようでした。

« 八王子城山北東尾根 | トップページ | 草津温泉 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

懐かしいですね~
うん十年前、松月院の門前に住んでいました

カセージンさん、こんにちは。

以前、お住まいだったのですね。
初めてこのあたりを歩きました。
史跡散歩コースが結構あって面白いですね。
植物園は思ったよりも歩くことができて、たくさんお花の咲く時期だと楽しそうです。

白い彼岸花  とっても素敵ですね。
東京大仏ってはじめて聞きました。

植物園って のんびりお散歩には 最高ですね。

白のヒガンバナはあまり見掛けないですよね。
植物園ならではなのかな。

東京大仏は昭和52年建立だそうです。
赤塚大仏とも言うそうですが。

植物園は思ったよりも横長で、意外に広く感じました。
散歩にはいいところですね。
ちなみに公園なのか無料でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板橋の城跡巡り:

« 八王子城山北東尾根 | トップページ | 草津温泉 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ