« 湯場ノ尾根と万六の頭北東尾根 | トップページ | 目黒 自然教育園 »

丹後山から中ノ岳1

9月というとなぜか越後の山に出掛けたくなります。ということで、丹後山から中ノ岳を歩いてきました。

2009092701

早朝の電車を乗り継いで六日町駅へ。どうも予想よりも天気が悪いらしく、新潟県に入ると道路が雨で濡れていました。駅で下車し、タクシーの相乗りを探して大きなザックを持っていたおじさんに声を掛けてみましたが、野中までしか行かないとのことで諦めて一人で乗ります。十字峡の左回りの道は新潟国体の自転車競技のために途中で係員に通行止と言われてしまいます。 右回りで行くことになって少し時間をロスしましたが、小屋までなので夕方には入れるでしょう。小屋で4L水を汲んで歩き始めます。

2009092702

林道入口まで来ると、塞いであって、通行止めの大きな表示。おいおい入れないのかと思ったら、脇から人は通れました。きれいな沢を左に見ながら歩いていきます。

2009092703

登山口からはきつい登りが続きます。

2009092705

やはり上の方はガスがかかっているようで、あまりいい天気ではないようです。

2009092706

七合目あたりまで登ると紅葉しています。

2009092707

やはりガスの中を登っていきます。

2009092708

シシ岩のあたりまで来ると、急にガスが上がって、ドラマを見せてくれました。本当は左にグリーンの山が見えたのですが、写真にはなぜか写っていませんでした。

2009092709

使う人がどれだけいるのかと思う巻機山への分岐を過ぎて、しばらく登ると、ようやく小屋が見えてきました。

2009092710

唯一、ハクサンフウロがまだ咲いていました。

2009092711

荷物を置いた後、丹後山頂まで行きますが、ガスの中で全く眺めを楽しむ事はできませんでした。

この日の避難小屋は10数人が泊まっていました。天水を沸かして使っている人達もいました。

その2へ続く。

   

« 湯場ノ尾根と万六の頭北東尾根 | トップページ | 目黒 自然教育園 »

登山(越後)」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。
紅葉が奇麗ですね。今年の色付きはどんな感じでなんでしょう?避難小屋泊まりなので私には厳しそうなコースですが、憧れてはいるんですよね(笑)

八海山に登った時に紅葉と雪とダブルで楽しみましたが、丹後山、中ノ岳の連なりはとても魅力的でした。続きを期待しております。

フクシアさん、こんにちは。レスが大変遅くなってすいません。

個別にはもちろんきれいな所もありますが、赤色は今一つでした。
でも、黄葉がとてもきれいで印象的です。

八海山に登られたことがあるのですね。
いつかはと思いますが、なかなか新潟の山は蒸し暑さが東京の比ではないので、覚悟がいりますね。
せっかくならロープウェイは使いたくないですし。

ここの避難小屋は水がない(小屋締めまでは一応天水があって煮沸すれば使えますが)上に、
やはり登りがかなりきついです。覚悟がいりますが、上がってしまえばちょっと笹が多いけど普通の縦走路です。
中ノ岳からの下りでは日帰りの人にたくさん会いました。
健脚の方が多いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹後山から中ノ岳1:

« 湯場ノ尾根と万六の頭北東尾根 | トップページ | 目黒 自然教育園 »

フォト
無料ブログはココログ

カウンタ

山の本