« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

奥武蔵 鎌倉街道と笛吹峠探訪

天気が悪い一日でしたが、どうしても歩きたいということで、奥武蔵の峠探訪に行ってきました。

坂戸駅から大橋行きのバスに乗って今宿で下車します。歩き出しはもうお昼になっていました。

2009102501

天気が悪く、ぽつぽつと雨が降っていました。

2009102502

まずはおしゃもじ山へ。

2009102503

わずか60mの山ですが展望台があり、奥武蔵の山を眺めることができました。

2009102504

赤沼分岐から右へ曲がって農村公園へ向かいますが、途中、道がよく分からなくなります。なんとかヤマカンで歩き、地図を見つけて、石田国分寺窯跡に着きました。1号窯跡は単なる斜面ですね。

2009102505

少し先に赤沼古代瓦窯跡がありますがこちらは木造の建物の中にあります。のぞいてみたら、しっかり窯の跡が残っていました。

2009102506

農村公園は静かな公園。さすがにこの天気では人はいませんでした。

2009102507

しばらく車道を歩いて、地球観測センターの入口の所から右に入ります。歩いていくと埋め立て地の横を通って、犬に吠えられたりしてあまり気持ちのいい場所ではありませんでした。車道を横断して、道標もなく、おそらくこれがその道だろうと見当を付けて、かなり心細い気持ちで林の中を歩いていきました。

2009102508

するとようやく道標が出てきて安心して歩けるようになりました。

2009102509

ようやく着いた笛吹峠。新田義貞の三男義宗らが足利尊氏と戦ったが最終的に結末がついたのがこの峠だったそうです。その敗退の時に折からの月明かりに宗良親王が笛を吹いたということから笛吹峠という名が付けられたようです。また昔からこのあたりでは窯業の中心として栄えて、武蔵国分寺の瓦の大部分がこの付近で焼かれたそうです。

2009102510

道路を横断してさらに山道を歩いていくと、道路にぶつかって終わりました。右に行けば下れるのではと歩いていくと、なんとか鎌形のあたりにでました。少し迷ったものの、鎌形八幡神社に着きました。なかなか大きな鳥居があります。

2009102511

奥に社殿があります。

2009102512

木曽義仲産湯の清水があります。水量はあまり多くはありませんでしたが、今でもしっかり石の間から清水が湧き出ていました。 

2009102513

車の多い道を歩きたくなかったので、畑の中を突っ切るショートカット道を探して歩きました。振り返ると奥武蔵の山が奥の方に並んでいました。

2009102514

大蔵館跡に着きます。ここは木曽義仲の父、源義賢の居館だった所だそうです。かなり広大な土地だったようですが、今は神社と一部土盛りが残っているだけのようです。

2009102515

菅谷館跡へ行こうと思いましたが、もう4時近くなったので探索は諦めました。武蔵嵐山駅へ向かいますが、予定外の古墳がありました。少しこんもりした小さな古墳でした。

古い時代の遺跡を訪ねる静かな歩きでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

六日町中央温泉

駅の所にあった案内所で六日町中央温泉への行き方を聞くと、5分くらいということで案内図の書かれた紙を頂けました。それに従って役場の前の通りを行けば、すぐに着きました。

2009092740

それほど大きくないビルの一角にあり、通りから中に入ったところに入口が並んでいました。入浴料は250円と超安価。これでやっていけるの?と思うような値段です。

中は少し狭い感じ。脱衣場も数人でいっぱいという感じです。浴場も広くはなく、お風呂は6~7人ぐらいでいっぱいでしょうか。地元の人や観光客なども含めて結構入浴していました。

お湯は源泉掛け流しということで、しっかり温泉臭があります。わずかに硫化水素臭があったように思いましたが、本当に含まれているかどうかは自信がありません。さらっとした感じのお湯で少し熱めのお湯がとても温まりました。

あまり長湯する施設ではなく、少人数でさっと入浴するのにとてもよい施設でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

丹後山から中ノ岳3

その2からの続きです。

2009092726

群馬側はまだガスっています。下の方にこの標高でも雪渓がまだ残っている所がやはりこのあたりの山だなと思わせてくれます。

2009092727

まだマツムシソウが咲き残っていました。

2009092728

日向山へ向かって急降下していきます。ちょっとガスっぽいですが、肉眼では黄色がきれいでした。

2009092730

ホソバコゴメグサでしょうか。まだ咲いていました。確かに下の方は結構蒸し暑かったのですが。

2009092731

黄葉はなかなかきれいです。

2009092732

お見事!って言いたくなりました。

2009092733

だいぶ下って生姜畑のあたりから振り返ります。

2009092734

千本松原。でも、だいぶ松は少なくなってますね。

2009092736

蒸し暑さがまだきついです。ようやく辿り着いた十字峡。もう通行止は解除されていましたが、右周りの道は工事中ということもあって、通行が難しいようです。かなり遠回りですが、左の道で野中へ向かうことになりました。

2009092737

途中で振り返ると、あの山から下ってきたんだなぁ、という実感が湧きました。

2009092738

野中のバス停にようやく着きます。30分ほど前のバスは国体のために運転休止と書かれていました。1時間30分ほど待ち。もうこの先へ歩くパワーはなく、休憩所で本を読んでバスが来るのを待ちました。

きつかったですが、やはり記憶に残る山になりました。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

丹後山から中ノ岳2

その1からの続きです。

2009092713

やっぱり朝もガスの中。今日も晴れてくれないのかな...。

2009092714 

雨具を付けて笹の中の道を歩いていくと、利根川水源の碑があります。ガスじゃ意味無いなぁ。

2009092715

だいぶ笹の繁茂した少しきつい登りで兎岳。自分と同じくらいのペースで歩いている人がいて、こんな天気じゃ速く歩くしかないねと苦笑します。

2009092716

あっ、ガスが薄くなってきたぞ!!!

2009092717

しかも結構紅葉してます。やっぱりいいなぁ。

2009092718

赤は今ひとつかな。

2009092719

まだ中ノ岳は遠いなぁ。

2009092720 

だいぶ近づいてきました。そんな時にアクシデント。なんと雨具を脱いだ時だと思うのですが、時計を落としてしまったことに気づきました。もうだいぶ登ってしまったので、今更戻る気にはなれず、がっかりでした。

2009092722

十字峡へ下る分岐を過ぎると、このあたりは赤色もきれいです。

2009092723

やっと中ノ岳の山頂。祠と小さな鳥居がありました。

2009092724

山頂付近からの眺めもいいものです。

2009092725

水蒸気が多いらしく遠望は効きませんでしたが、八海山はよく見えました。いつかは登りたいぞ。休んでいるとご夫婦らしき二人が登ってきます。5時間で下から登ってきたようです。なかなか早いですね。下りでも、日帰りの人にたくさん会いました。上で泊まるような人には一人も会わなかったです。

その3へ続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

目黒 自然教育園

丹後山から中ノ岳のアップが遅れていますが、仕事に疲れて山に行けなかった今日は、都内散歩ということで、久しぶりに目黒にある国立科学博物館附属自然教育園に行ってきました。

2009100404

やはりなんと言っても、自分の中で一番の目玉はこのナンバンギセル。確か写真でしかお目にかかったことがなかったので、やはり生で見られたのが感動的でした。いつかは山で見てみたいものです。

2009100401

ホトトギスは好きなお花の一つです。

2009100402

うおっ、シロホトトギスまでありました。

2009100403

ツリフネソウやミゾソバはたくさん咲いていました。

2009100405

確かba_sobuさんに教えてもらったガマの穂もありました。

入園料は一般300円(65歳以上は証明書提示で無料)です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »