« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

大蔵里山から要倉山

28日(土)は大蔵里山から要倉山へ行ってきました。

2009112801

藤野駅からのバスを初めて終点の和田で下車します。オレンジ色の紅葉の山々がきれいでした。

2009112802

道路横の沢がきれいな感じ。

2009112803

和田峠へ向かう途中にある道標で生藤山方面への一般道に入ります。沢水を流している水場があって、柔らかい水が出ていました。駆けつけ三杯飲んでしまいました。

2009112804

やはり紅葉は青空に映えます。

2009112805

上部はさすがに紅葉は終わりですね。和田からここまで結構きつい道でした。ようやく笹尾根に出ました。 

2009112806

醍醐丸へ向かいます。奥多摩側はそろそろ終わりですが、それでもまだオレンジ色の紅葉が悪くない感じでした。

2009112807

久しぶりの醍醐丸。静かな場所です。

2009112808

和田峠へ向かうと大きな石祠がありました。

2009112809

和田峠手前の林道に入って、高茶山に向かいます。踏み跡は薄い感じです。

2009112810

ちょっと迷いましたが、なんとか尾根を下ります。切り開きからは都心の高層ビルを見ることができました。

2009112811

要倉山は静かなヤブ山でした。

2009112812

少し先に三等三角点がありました。

2009112813

まだきれいに紅葉している木があって、しばらく眺めてしまいました。

2009112814

下部は踏み跡も薄く、何度か確かめながら下ります。下り着いて道路に出ようとしたら1時間に1本のバスが行ってしまうという不運。仕方なく、道路を歩きます。番所跡があり、この番所があったから関場という名になったようです。

2009112815

結局、河原宿大橋まで延々と歩いてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

西上州 四ツ又山から鹿岳へ

21日(土)はゴン太さんのレポを参考に四ツ又山から鹿岳へ行ってきました。

行きはのんびりバスに乗ることにしました。雨沢行きのバスは土日は9時50分一本のみ。なんとかならない時間なら四ツ又山だけでもいいやと思っていました。

2009112101

数日前の予報だとくもりの天気予想でしたが、予想外にいいお天気。

2009112102

野々上登山口から登っていって尾根に出た所。木の間から四ツ又山が望めました。

2009112103

大天狗峠から急な登りを頑張って四ツ又山に着きます。

2009112105

やはり鹿岳の眺めが素晴らしいです。

2009112104

高崎方面も眺めが広がっていました。

2009112106

鹿岳へ向かいます。途中の小さなピークには石祠が置いてあります。歩きにくい岩稜をこれを持って登った昔の人の信仰心はすごいものです。

2009112107

ここまで誰一人会いませんでしたが、マメガタ峠には団体さんやグループがいて、騒がしくなります。

2009112108

きれいな紅葉がまだ残っていました。

2009112109

返り咲きのツツジがありました。

2009112110

岩稜をどうやって登るんだろうと思っていたら、基部のあたりを右に斜めに登ります。ロープがあって、しっかり掴みながら登っていくと、鞍部に着きました。

2009112111

二の岳へは鎖場あり、木の階段あり、かなりスリルのある道でした。雪を抱く浅間山がとてもきれいでした。

2009112112

妙義山なども目を惹きますが、浅間山の右の遠くに見えるちょっと形のいい山が印象に残ります。鼻曲山や浅間隠山あたりでしょうか。

2009112113

一の岳へ。摩利支天と書かれた石標がありました。この石、昔のことだから、この岩稜を持って登ってきたのかな。信じられないパワーです。

2009112114

急な道を下って、鹿岳登山口に下りました。

2009112115

林道途中から小沢岳が見えますが、確かにマッターホルンのように形の良い山でした。一度は登らないとなぁ。

2009112116

小沢橋に着いた時は15時10分頃。バスまで1時間以上待ちです。お酒を買える小さな商店もありましたが、なんとなく物足りなくて下仁田駅まで歩くことにしました。さすがにちょっと遠かったし、足も痛くなりましたが、途中でこんにゃくや下仁田ネギを買い込み、下仁田駅に着いたのは16時10分。バスで来るよりも早く着いて、1本早い電車に乗ることができました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

相原七国峠

せっかくのいい天気なのに山へ行けなかったので、相原七国峠を軽く散歩してきました。

2009111501

横浜線相原駅を出て歩き出します。観音山へ行ってみようと思ったのですが、山頂へ行く道が分からず、とりあえず、眺めの良いところへ出てとりあえず満足。

2009111502

朱雀路の道標がありますが、行く先が消えていてどこへ行くのか分からなくなっています。

2009111503

山麓の道を歩きます。ポカポカ陽気で、これでも11月なの?

2009111504

このあたりにたくさんの窯があったそうです。開発で随分失われたそうですが、今でもこの付近に数十の跡が残っているそうです。

2009111505

途中か尾根に登って七国峠へ。樹林の中の静かな場所です。

2009111506

右手の階段を上がって細い道をしばらく行くと、こんな所にも三等三角点がありました。

2009111507

大日如来像がありました。このあたりで病気が流行った時にここに如来像を安置すると、病気が治まったそうです。

2009111508

長福寺の細い参道には石灯籠が多かったです。相原駅までのんびり住宅街を歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数馬の湯

オフ会の〆は数馬の湯へ。久しぶりの入浴で、もうblogにも書いたかと思っていましたがまだだったみたいでした。

2009110814

写真は撮り忘れたので施設目の前の紅葉ということで。

入浴料は通常は800円とこの手の施設にしては若干高めかな。moguさんが割引券を持っていたのでそれよりも安く入浴できてありがたかったです。

お湯はアルカリ単純泉です。内湯は少し熱めかな。ジャクジーと普通のお湯と別れています。自分は薬湯入りの露天風呂でのんびり入っていました。5人くらいでいっぱいの小さめのお風呂です。ときどき上から打たせ湯のような感じでお湯が注がれていました。

打ち上げした時に頼んだchiyomiさんお勧め(?)の揚げ豆腐は素朴な味で美味しいものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三頭山 なべっこ遠足

昨日8日は三頭山で鍋オフでした。

2009110801

車で都民の森へ。都民の森行きのバスは2台出た模様で、1台目は結構立って乗っている人がいたみたいです。1時間近く揺れるバスで立っていくのは結構辛いかも。駐車場には紅葉している木がありましたが、天気が今ひとつでしたのでちょっと辛い写真になりました。

2009110802

三頭大滝への道は前も歩きましたが、ウッドチップのひかれた足に優しい道。

2009110803

展望台がありますが、ちょっと車の爆音がうるさいかも。

2009110804

きれいな木も、もちろんあります。

2009110805

久しぶりの三頭大滝。水量はさすがにこの時期、少なめかな。

2009110806

少し寒い中でのきりたんぽ鍋はあつあつで最高でした!

2009110807

すっかり満足した後は山頂へ向かいます。

2009110808

さすがに上の方は終わりかけでしたけど、のんびりと登る山もいいものです。

2009110809

山頂からはしっかり富士山が見えました。三頭山からの富士山はあんまり記憶にないのです。逆光なのであまり印象的ではないのかな。でも、下る頃にはガスが来て、あっとという間に見えなくなりました。

2009110810

鞘口峠の方に向かいます。ブナの道はいいけど、薄いガスで少し肌寒い感じでした。

2009110811

紅葉の残りもあと少しですが、そんな道もいい感じ。

2009110812

しっとりした雰囲気です。

2009110813

赤も探せば、なんとかありました。

楽しいオフ会でした。chiyomiさん他、参加されたみなさん、ありがとうございました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

むすび山から高川山、屏風岩へ

久しぶりにきれいな富士山が見たい!と思って、 昨日3日(火:祝)は、高川山に行ってきました。

2009110301

大月駅から歩き出し、大月橋を渡ります。その手前には立派な石碑があって、左富士山道と書かれています。知らなかったですが、富士山参詣道は大月宿が起点だそうで、ここを左へいく国道がそうだったようです。

2009110302

大月市立中央病院の横を通っていくと、バスが来ました。歩いてもたいしたことがありませんが、ショートカットするなら病院までバスに乗るのもいいでしょう。少し先へ行くと、大月市の道標があり、右に曲がってむすび山へ向かいます。ここは防空監視哨跡だそうで、丸く石で組んだ窪みがありました。爆撃機が来たら隠れるための塹壕なのかな。今は静かな山で、目の前には菊花山、向こうは百蔵山に扇山かな。

2009110303

富士山は見えないのかなと思ったら、雲一つない富士山がしっかり見えました!!!

2009110304

のらりくらりと歩いていきます。少し寒いかと思いましたが、やはりまだ秋ですのでそんなに寒くはなかったです。峯山は小さなピーク。

2009110305

少し登って下って、紅葉の始まっている山が見えてきます。

2009110306

峠の手前にあった「おだいりさま」。

2009110307

馬頭観音もしっかりありました。

2009110308

峠を越えた所には「おてんじんさま」があります。古い数珠が供えてありましたが埃をかぶっていて、何か侘びしく感じました。

2009110309

紅葉は期待していませんでしたが、きれいな木がありました。

2009110310

結構しっかり登らされて、高川山へ。

2009110311

相変わらずビッキーも健在でした。

2009110312

そして、やはり富士山の眺めは素晴らしい。冬場のように真っ白とはいきませんが、それでもいいものですね。

2009110313

人の多い山頂を敬遠して、早めに屏風岩へ向かいます。ロープの急登で羽根子山へ。

2009110314

ガンバ沢ノ頭までは比較的分かりやすい道。

2009110315

その先からはだいぶ藪っぽい踏み跡になって、ちょっと迷いそうになります。急に右に曲がって半信半疑で進むと、小さなプレートが付いていて救われます。鍵掛峠は今日は明るい峠でした。ちょっときつい登り返しで大岩の頭へ。

2009110316

そんなに遠くはなく、屏風岩に着きます。目の前の鶴ヶ鳥屋山がいいお姿。

2009110317

ちょっと霞気味ですが、こちらはアンテナの立つ三ツ峠山でしょうね。

2009110318

ここからの富士山もなかなかでした。高川山とはわずかに角度が違っていて、また少し印象が違いました。

2009110319

四等三角点がある山頂。でも、山名はないのかな?点名は下初狩だそうです。

2009110320

古いハイキングコースのような道が続いて、雨の後なので滑りやすく、かなり難儀しました。なんとか林道に出て、ほっとします。

2009110321 

初狩駅までは遠くありませんでした。

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

河辺温泉 梅の湯

酉谷山の帰りは河辺温泉梅の湯に行きました。

2009103121

河辺駅で下車して、徒歩2分。駅の目の前にあるビルに梅の湯があります。

入浴料は840円です。新しいのでとてもきれい。

お風呂は内湯と露天風呂がありますが、無理に全部に源泉を使わず、きちんと源泉と井戸水と表示されているのが嬉しい感じです。内湯は41度と表示されていて、最初はぬるめに感じましたが、じっくり入っているとしっかり温まります。アルカリ単純温泉ということであまり期待はしていませんでしたが、とてもぬるぬる感のあるお湯。奥多摩ではぬるぬる感のあるお湯は多いですが、ここは比較的近いし、こんなにいいお湯だとは思ってもいませんでした。PH9.4だということでした。

露天風呂は源泉のお湯は檜風呂でしたが、小さくていつも人でいっぱいです。掛け流しはいいのですが、少しお湯が汚れ気味でした。なのでもし露天風呂を堪能するなら、早い時間に入った方がいいでしょう。

食事処でビールで乾杯。精算もグループで行っても、それぞれ個人単位で精算できるので便利です。

思ったよりもいい温泉で、また行きたくなりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

酉谷山へ

昨日、31日はHgさんのお誘いでオフ会に行きました。

2009103101

車で小川谷林道へ登山口まで入ります。予想外に良い天気で雲一つない快晴。この林道長いから歩くと大変なんですよね。降りるといきなり気持ちの良いタワ尾根の眺め。上の方はもう終わりかけですね。

2009103102

登山道は楽しい紅葉の道。カエデの紅葉もきれいです。

2009103103

上を見上げるとこんなきれいな所もありました。

2009103104

三又から登りが少しきつくなります。紅葉を見ながら登っていきます。

2009103105

まだ緑の残る木もあったりして、いろいろな色がまたいい感じです。

2009103106

上の方はさすがに紅葉が終わりかけていましたが、渋いオレンジ色もこれまたいい感じです。

2009103107

黄色もきれいですね。

2009103108

Hgさんルートで縦走路に上がります。唐松も紅葉が始まっていました。道がフカフカの絨毯になるまではもう少し?

2009103109

酉谷避難小屋で昼食。残念ながらぼんやりしてしまって富士山も見えませんでした。避難小屋は基礎部分の改修工事中のようです。使えるとしたら冬になるのかな。

2009103110

昼食を食べていたら急に足に飛んできたものがあってびっくり。何かと思ったらバッタ君でした。風が冷たくなってきました。そろそろ冬ごもりの準備かな。

2009103111

久しぶりの酉谷山。

2009103113

下りの途中、とてもきれいな木がありました。

2009103116

三又へ戻ってきました。

2009103117

思ったよりも早く登山口に着きました。

オフ会参加のみなさまありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »