« 奥武蔵 鎌倉街道と笛吹峠探訪 | トップページ | 河辺温泉 梅の湯 »

酉谷山へ

昨日、31日はHgさんのお誘いでオフ会に行きました。

2009103101

車で小川谷林道へ登山口まで入ります。予想外に良い天気で雲一つない快晴。この林道長いから歩くと大変なんですよね。降りるといきなり気持ちの良いタワ尾根の眺め。上の方はもう終わりかけですね。

2009103102

登山道は楽しい紅葉の道。カエデの紅葉もきれいです。

2009103103

上を見上げるとこんなきれいな所もありました。

2009103104

三又から登りが少しきつくなります。紅葉を見ながら登っていきます。

2009103105

まだ緑の残る木もあったりして、いろいろな色がまたいい感じです。

2009103106

上の方はさすがに紅葉が終わりかけていましたが、渋いオレンジ色もこれまたいい感じです。

2009103107

黄色もきれいですね。

2009103108

Hgさんルートで縦走路に上がります。唐松も紅葉が始まっていました。道がフカフカの絨毯になるまではもう少し?

2009103109

酉谷避難小屋で昼食。残念ながらぼんやりしてしまって富士山も見えませんでした。避難小屋は基礎部分の改修工事中のようです。使えるとしたら冬になるのかな。

2009103110

昼食を食べていたら急に足に飛んできたものがあってびっくり。何かと思ったらバッタ君でした。風が冷たくなってきました。そろそろ冬ごもりの準備かな。

2009103111

久しぶりの酉谷山。

2009103113

下りの途中、とてもきれいな木がありました。

2009103116

三又へ戻ってきました。

2009103117

思ったよりも早く登山口に着きました。

オフ会参加のみなさまありがとうございました。

« 奥武蔵 鎌倉街道と笛吹峠探訪 | トップページ | 河辺温泉 梅の湯 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんばんはー!
最近お忙しそうでしたが、奥多摩、素晴らしいお天気でよかったですねー!
紅葉綺麗!胸がスカッとしますね!
あ~私も奥多摩にすればよかったかな・・・

酉谷避難小屋は使用禁止になっている、という情報だけは知っていましたが、
もう完成間直まで工事が進んだのですか。
この冬には使えそうでしたか?
奥多摩もまだまだ行ったことがないところばかりなので、ここも行ってみたい場所のひとつでした。
ただ、体調が未だにすぐれなくて(汗)私レベルでは日帰りはきついかな。
もうずっとこんな感じなのかも・・・(年のせいで)と思えば、
騙し騙し時間と身体を上手く使って行くのもまた、仕方ないのかな、と思っています。
なんだか年寄りじみていてスイマセン^_^;

cyu2さん、こんにちは。
久しぶりの山でしたが、本当にいい山でした。

避難小屋はずっと使用停止状態でしたが、表示を見る限り、どうも12月から使えるようになるみたいです。
ただ、このあたりは予定ですし、工事の進捗にもよると思いますので、注意してください。

長沢背稜の山は入るのが大変ですが、山深い縦走路で楽しいです。
自分も山を始めた頃、酉谷山から雲取山まで縦走するのが目標でした。

日原から歩きだと林道歩きが長いので、酉谷山日帰りはかなりきついですよ。
新緑の頃もいいので、体調が元に戻られてから、ぜひ雲取山へ歩いてみてください。
雲取までテント背負うのはかなりきついので、雲取小屋素泊まりがお勧めですよ。

cyu2さんもよく歩かれていますね。
東北の紅葉の山歩きは本当に羨ましかったです。
早く体調が戻られるようにお祈りしておきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酉谷山へ:

« 奥武蔵 鎌倉街道と笛吹峠探訪 | トップページ | 河辺温泉 梅の湯 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ