« 相原七国峠 | トップページ | 大蔵里山から要倉山 »

西上州 四ツ又山から鹿岳へ

21日(土)はゴン太さんのレポを参考に四ツ又山から鹿岳へ行ってきました。

行きはのんびりバスに乗ることにしました。雨沢行きのバスは土日は9時50分一本のみ。なんとかならない時間なら四ツ又山だけでもいいやと思っていました。

2009112101

数日前の予報だとくもりの天気予想でしたが、予想外にいいお天気。

2009112102

野々上登山口から登っていって尾根に出た所。木の間から四ツ又山が望めました。

2009112103

大天狗峠から急な登りを頑張って四ツ又山に着きます。

2009112105

やはり鹿岳の眺めが素晴らしいです。

2009112104

高崎方面も眺めが広がっていました。

2009112106

鹿岳へ向かいます。途中の小さなピークには石祠が置いてあります。歩きにくい岩稜をこれを持って登った昔の人の信仰心はすごいものです。

2009112107

ここまで誰一人会いませんでしたが、マメガタ峠には団体さんやグループがいて、騒がしくなります。

2009112108

きれいな紅葉がまだ残っていました。

2009112109

返り咲きのツツジがありました。

2009112110

岩稜をどうやって登るんだろうと思っていたら、基部のあたりを右に斜めに登ります。ロープがあって、しっかり掴みながら登っていくと、鞍部に着きました。

2009112111

二の岳へは鎖場あり、木の階段あり、かなりスリルのある道でした。雪を抱く浅間山がとてもきれいでした。

2009112112

妙義山なども目を惹きますが、浅間山の右の遠くに見えるちょっと形のいい山が印象に残ります。鼻曲山や浅間隠山あたりでしょうか。

2009112113

一の岳へ。摩利支天と書かれた石標がありました。この石、昔のことだから、この岩稜を持って登ってきたのかな。信じられないパワーです。

2009112114

急な道を下って、鹿岳登山口に下りました。

2009112115

林道途中から小沢岳が見えますが、確かにマッターホルンのように形の良い山でした。一度は登らないとなぁ。

2009112116

小沢橋に着いた時は15時10分頃。バスまで1時間以上待ちです。お酒を買える小さな商店もありましたが、なんとなく物足りなくて下仁田駅まで歩くことにしました。さすがにちょっと遠かったし、足も痛くなりましたが、途中でこんにゃくや下仁田ネギを買い込み、下仁田駅に着いたのは16時10分。バスで来るよりも早く着いて、1本早い電車に乗ることができました。

« 相原七国峠 | トップページ | 大蔵里山から要倉山 »

登山(西上州)」カテゴリの記事

コメント

上州の山もいいところが多いですよね

小沢岳って言うんですか マッタンホルーンのようですね。

リブルさん、こんばんは~。

お身体の方、調子が戻ったようで良かったですね。

それにしても鹿岳でしたか~。何処かお出かけになっているとは思っていたのですが、まさか西上州とは想像も出来ませんでしたよ。
あそこら辺は好いですよね、人もあまり多くなくて静かで。。。

野野上からの径は分かりにくくなかったですか? 去年行ったときは指導標もろくになくて、私は道を間違えてしまいましたよ。

行きはバスで帰りは歩きなんて、さすがリブルさん、やはり健脚は宝物ですネ。私は行きにタクシーを使って、結局帰りはバスのお世話になっていましたが、それでも結構歩かされた気がしてました。

私は高いところや岩場が苦手でしょうがないのですが、それでも西上州は大好きで、特に鹿岳はまた行ってみたい山です。こればかりは自分でもどうしてだかわかりません(笑)が、たぶんあの静かで荒らされていない感じが好きなのかなと思っています。

いっきさん、こんにちは。

西上州はやはり遠い上に交通不便(車なら若干よくなるかな?)だし、小粒な山が多いですが、それだけに楽しいものです。
小沢岳、この写真だと小さいですが、肉眼で見るともっと大きいです。
車利用だとわずかな時間で往復できてしまいますので、(って自分が行ったことないですが)
こちら方面の滝見のついでにでもどうぞ。

ゴン太さん、こんにちは。

せっかくの連休なので、泊まりで西上州に行くつもりでしたが、日曜日の天気を見て日帰りにしてしまいました。
それでも四ツ又山と鹿岳で充分に楽しめました。
鹿岳は結構団体さんも多くて、意外に登山者が多かったです。二の岳山頂でも木々岩峠の方から一人登ってきましたし。

下部の滝あたりは若干踏み跡が分かり難い感じの所がありました。
ちなみにゴン太さんが誤って踏み込んだと思われる場所の赤色の標識、とりはずされたみたいで見掛けませんでした。
代わりにピンクのテープが稜線に向かってしっかり付いていましたので、それに従って登りました。
おそらく地元の方が整備されたのではないかと思います。

今年はちょっと健脚コースをいくつか頑張ったので、足ができているみたいです。
10月の約1ヶ月のブランクもあまり問題なかったのかなぁ。

自分も同感です。
やはり西上州の山はまだまだ登山者も少ないし、
実に山村の風景が残っていてうっとりしながら歩いていました。
さらに奥へ奥へと行ってみたい気になりますね。

ちなみに、行き帰りでもう体調の悪さが出ていたのですが、
日曜日と月曜日は久しぶりに風邪ひいて熱出して家から1歩も出られませんでした。
充分にお気を付け下さいませ。

お早うございます。
この独特な風貌は何処の山か直ぐに解かりましたよ。高速を走っていても直ぐに解かりますよね。

この双子みたいな山に初めて登ったのはアカヤシオ見たさに登りましたが、車で移動をしながらかなりの危険さを感じていましたが、いざ登るといとも簡単に登れて心配した分損をしたと思った事を思い出しました。
そうそう、アカヤシオの時期は下の車道から山並みがピンクに染まってそれだけでも見る価値がありますよね。
あの辺りは紅葉も色鮮やかで私もお気に入りの山域ですね。

フクシアさん、こんにちは。

二子山も独特の岩の雰囲気がありましたが、この鹿岳もなかなかの個性的な風貌ですね。
電車に乗っていた時もちらっと見えて、おっと思いました。

このあたりの山は時期さえ会えばアカヤシオのパレードですね。
なかなか自分は当たりませんが。(^^;
また、機会があれば行きたいですが、電車ではあまりにも遠い。
それだからこそいいのかもしれませんけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西上州 四ツ又山から鹿岳へ:

« 相原七国峠 | トップページ | 大蔵里山から要倉山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ