« 数馬の湯 | トップページ | 西上州 四ツ又山から鹿岳へ »

相原七国峠

せっかくのいい天気なのに山へ行けなかったので、相原七国峠を軽く散歩してきました。

2009111501

横浜線相原駅を出て歩き出します。観音山へ行ってみようと思ったのですが、山頂へ行く道が分からず、とりあえず、眺めの良いところへ出てとりあえず満足。

2009111502

朱雀路の道標がありますが、行く先が消えていてどこへ行くのか分からなくなっています。

2009111503

山麓の道を歩きます。ポカポカ陽気で、これでも11月なの?

2009111504

このあたりにたくさんの窯があったそうです。開発で随分失われたそうですが、今でもこの付近に数十の跡が残っているそうです。

2009111505

途中か尾根に登って七国峠へ。樹林の中の静かな場所です。

2009111506

右手の階段を上がって細い道をしばらく行くと、こんな所にも三等三角点がありました。

2009111507

大日如来像がありました。このあたりで病気が流行った時にここに如来像を安置すると、病気が治まったそうです。

2009111508

長福寺の細い参道には石灯籠が多かったです。相原駅までのんびり住宅街を歩きました。

« 数馬の湯 | トップページ | 西上州 四ツ又山から鹿岳へ »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相原七国峠:

« 数馬の湯 | トップページ | 西上州 四ツ又山から鹿岳へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ