« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

奈良川源流から成瀬山

今日はのんびり町田近くの散歩に行きました。

2009122701

小田急線の玉川学園前駅を歩き出し、玉川学園近くを歩いてから、土橋谷戸へ下ります。静かで心休まる場所でした。このあたりは野鳥も多いらしいですが、今日はあまり聞こえませんでした。さらにしばらく歩いて成瀬山までは行けたのですが、その後に迷ってしまい、玉川学園前駅に戻るつもりだったのに、変な場所に出てしまい、成瀬駅の表示を見て、横浜線の成瀬駅に出ました。山も迷いますけど、町中はもっと難しいみたいです。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

矢平山北西尾根から鶴島御前山

昨日は久しぶりに前道志。矢平山から鶴島御前山へ行ってきました。

2009122001

梁川駅を出てしばらく歩き、塩瀬沢沿いの道に入ろうとしましたが、林道が出来て取り付きが大きく変わっていました。しばらく沢歩きをしましたが、どうも道が出てこない。諦めかけて左に登ったら踏み跡にでました。実際の尾根の取り付きはかなり急なもので、這い上がるような感じでした。

2009122002

久しぶりの矢平山。相変わらず不遇な山頂です。二人ほど歩いてきましたが、通り過ぎていきました。

2009122003

純白の富士山は枝の間からだけでした。

2009122004

高柄山へ向かいますが、久しぶりの道。林道が出来たりしてだいぶ道が変わっていました。やはりいい眺めです。

2009122005

新矢の音峠へ向かう道には点々と石標が埋まっています。

2009122006

新矢の音峠は以前と変わっていませんね。道標は新しいものが立てられていました。

2009122007

2度ほど歩いていますが、鶴島御前山には登ったことがなかったので、分岐から登り返します。ここまで結構アップダウンがあった上に、御前山の登りは短いけれどなかなかきついものでした。

2009122008

切り開きがあって、なかなか眺めは悪くないものでした。向こうの山は笹尾根なのかな。

2009122009

鶴島御前山からは墓地経由で下りますが、この下りはかなりの急降下。ロープが付いていましたが、落ち葉が滑りやすくて結構必死に下りました。はっきり言って下りは止めた方が無難です。急降下も終わって、ようやくホッとして歩いていると、途中の民家になにやら古い看板を見つけました。右から左へ読む看板は久しぶり。戦前の脱穀機なのでしょうかね。

2009122010

のんびりと歩いて上野原駅へ。桂川の橋の上からは権現山が印象的でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

かよい湯治 一休

仕事に疲れた時にはやっぱり温泉。ということで本日は久しぶりに箱根へ行ってきました。

2009121301

ここは自分の好きな温泉の一つ。疲れた時にやさしくなめらかなアルカリ単純泉のお湯が掛け流しされている施設です。

一休は奥湯元温泉にあります。天山湯治郷と呼ばれていて、元々は天山という施設があり、一休は後からできた施設です。畑宿方面へのバスに乗ってもいいですが、今は巡回バスがあって100円で天山と一休の目の前に着きます。バスは30分に1本あります。

天山の方には食事処もあって土日はかなり混雑することが多いですが、一休の方はお風呂のみですので、そんなには混むことはありません。入浴料は1000円と旅館並みです。

お風呂は男性は3つの浴槽があります。自分のお気に入りは左側の山側に面したお風呂。山からの冷気で他の二つよりも寒いせいか、少し熱めのお湯になっていることが多いです。その分、お湯もたくさん注がれていて、とても柔らかいお湯を満喫できます。お風呂から出れば、冷たい風で体を冷やすことができ、入ったり出たりを繰り返しながら、のんびりとお風呂に浸かることができます。今日は家族連れが来て、子供がちょっとうるさかったですが、普段は静かに入れることが多いです。

ゆっくりと温泉を楽しみました。

2009121302

帰りはのんびりと歩いて下ることにしました。まだ紅葉が残っていてきれいな木もありました。

2009121303

箱根湯本駅は随分きれいになりましたね。PICOTのカレーパンが美味しかったです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

陣見山から不動山、出牛峠へ

6日(日)は中央線の工事を避けて奥武蔵へ行きました。

2009120601

初めて西武線を本川越駅で下車して、川越市駅に乗り継ごうと思ったのですが、方向感覚が悪すぎて川越駅まで歩いてしまいました。お陰で予定の電車に乗り遅れましたが、結局波久礼駅で下車したのは予定通りでした。

2009120602

まだ山には霧がかかっています。歩道のない国道沿いの歩きで結構危ないですのでこの道は薦めません。

2009120603

民家の裏手を歩くという離れ業(?)で大槻峠へ。馬頭観音がありましたが、向こう側の下に車道が見えて雰囲気今いち。

2009120604

結構きついアップダウンで陣見山へ。山頂には二等三角点がありますが、テレビ局のアンテナ塔が占拠していて、あまり長居する山頂ではありませんでした。

2009120605

せっかくなので、岩合洞に寄ります。崖の途中に穴があって、その中にお地蔵様がおりました。

2009120606

もう少し早く眺めがあれば、もっと雲海が見られたのですが、だいぶ消えかかっていました。それでも、眺めはいいものでした。

2009120607

榎峠にも祠と馬頭観音が残っていました。

2009120608

ハイキングコースは左へ登っていますが、ガイドだとあまり面白くない、と書かれていて道路を推薦しておりましたので、そちらへ歩きました。でも、この道路歩きも北側斜面で今ひとつ。でも、途中からは赤城山や真っ白な浅間山、鉄塔が邪魔ですが、写真のように御荷鉾山あたりを見ることができました。

2009120609

間瀬峠はもう大きな車道が通って峠らしい雰囲気はありませんでした。急な坂を登って尾根を歩いていくと、不動山に着きます。ここも藪山みたいな樹林の中の静かな場所でした。

2009120610

少し下れば道路に出て、苔不動の入口があります。でも、今日は糠掃峠まで行ってみたいし、まだ12時前でしたので、そのまま道路を歩いていきます。

2009120611

ヤブの中に地元の教育委員会の立てた糠掃峠の道標が朽ちかけていました。草を分けて探ってみたところ、踏み跡が下っていましたが、もうほとんど使われていない雰囲気。そのうちに忘れられた峠になってしまうのでしょう。

2009120612

ということで、出牛峠まで歩きました。

2009120613

野上駅まではもう勝手知ったる道。地図も見ずに歩けました。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »