« かよい湯治 一休 | トップページ | 奈良川源流から成瀬山 »

矢平山北西尾根から鶴島御前山

昨日は久しぶりに前道志。矢平山から鶴島御前山へ行ってきました。

2009122001

梁川駅を出てしばらく歩き、塩瀬沢沿いの道に入ろうとしましたが、林道が出来て取り付きが大きく変わっていました。しばらく沢歩きをしましたが、どうも道が出てこない。諦めかけて左に登ったら踏み跡にでました。実際の尾根の取り付きはかなり急なもので、這い上がるような感じでした。

2009122002

久しぶりの矢平山。相変わらず不遇な山頂です。二人ほど歩いてきましたが、通り過ぎていきました。

2009122003

純白の富士山は枝の間からだけでした。

2009122004

高柄山へ向かいますが、久しぶりの道。林道が出来たりしてだいぶ道が変わっていました。やはりいい眺めです。

2009122005

新矢の音峠へ向かう道には点々と石標が埋まっています。

2009122006

新矢の音峠は以前と変わっていませんね。道標は新しいものが立てられていました。

2009122007

2度ほど歩いていますが、鶴島御前山には登ったことがなかったので、分岐から登り返します。ここまで結構アップダウンがあった上に、御前山の登りは短いけれどなかなかきついものでした。

2009122008

切り開きがあって、なかなか眺めは悪くないものでした。向こうの山は笹尾根なのかな。

2009122009

鶴島御前山からは墓地経由で下りますが、この下りはかなりの急降下。ロープが付いていましたが、落ち葉が滑りやすくて結構必死に下りました。はっきり言って下りは止めた方が無難です。急降下も終わって、ようやくホッとして歩いていると、途中の民家になにやら古い看板を見つけました。右から左へ読む看板は久しぶり。戦前の脱穀機なのでしょうかね。

2009122010

のんびりと歩いて上野原駅へ。桂川の橋の上からは権現山が印象的でした。

« かよい湯治 一休 | トップページ | 奈良川源流から成瀬山 »

登山(道志)」カテゴリの記事

コメント

ボクも北西尾根は同じような形で道筋を見つけました(笑)。あの辺りよくわからないですよね。
でも今の松浦本ではこの辺りの記述は細心の状況に合わせてあるようですよ。

御前山と言うのは 結構あっちこっちに有るものですね。
正確に言うと 鶴島御前山ですか。

道志方面は 滝をいくつか見たくらいで 山は無いので

興味はある所ですが やっぱりアクセスが

来年からは 数年ぶりに奥武蔵の山とか

丹沢の山とか登って 奥多摩の山々を眺めたいなと

思っています。

ただawayのときは やっぱり車になるかな

こちらからだと 奥多摩に行くには便利だけど 他が

非常に不便なので。

komadoさん、こんにちは。

なかなか導入部は難しいですね。
左に登る階段があったので、これかなとは思ったのですが...。
最新の版では直されているのですか。
普通の道でも、なかなかガイド本を最新の状態にしていくのは大変な作業だと思いますが、このような本だとさらに難しいでしょうね。

いっきさん、こんにちは。

このあたり中央線沿線には鶴島御前山以外にも、四方津御前山、栃穴御前山、斧窪御前山など散在しています。
小さな山が多いので、何かのついででないと、この山だけではきっと物足りないことでしょう。

確かに青梅線沿線からは遠くは行きにくいでしょうけど、前道志なら八王子経由でそんなに時間はかからないのでは。それに駅から駅へ歩けるので行きやすいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矢平山北西尾根から鶴島御前山:

« かよい湯治 一休 | トップページ | 奈良川源流から成瀬山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ