« 陣見山から不動山、出牛峠へ | トップページ | 矢平山北西尾根から鶴島御前山 »

かよい湯治 一休

仕事に疲れた時にはやっぱり温泉。ということで本日は久しぶりに箱根へ行ってきました。

2009121301

ここは自分の好きな温泉の一つ。疲れた時にやさしくなめらかなアルカリ単純泉のお湯が掛け流しされている施設です。

一休は奥湯元温泉にあります。天山湯治郷と呼ばれていて、元々は天山という施設があり、一休は後からできた施設です。畑宿方面へのバスに乗ってもいいですが、今は巡回バスがあって100円で天山と一休の目の前に着きます。バスは30分に1本あります。

天山の方には食事処もあって土日はかなり混雑することが多いですが、一休の方はお風呂のみですので、そんなには混むことはありません。入浴料は1000円と旅館並みです。

お風呂は男性は3つの浴槽があります。自分のお気に入りは左側の山側に面したお風呂。山からの冷気で他の二つよりも寒いせいか、少し熱めのお湯になっていることが多いです。その分、お湯もたくさん注がれていて、とても柔らかいお湯を満喫できます。お風呂から出れば、冷たい風で体を冷やすことができ、入ったり出たりを繰り返しながら、のんびりとお風呂に浸かることができます。今日は家族連れが来て、子供がちょっとうるさかったですが、普段は静かに入れることが多いです。

ゆっくりと温泉を楽しみました。

2009121302

帰りはのんびりと歩いて下ることにしました。まだ紅葉が残っていてきれいな木もありました。

2009121303

箱根湯本駅は随分きれいになりましたね。PICOTのカレーパンが美味しかったです。


« 陣見山から不動山、出牛峠へ | トップページ | 矢平山北西尾根から鶴島御前山 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かよい湯治 一休:

« 陣見山から不動山、出牛峠へ | トップページ | 矢平山北西尾根から鶴島御前山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ