« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

伊予ヶ岳から富山

24日(日)は、山百合子さん、moguさんに誘われて房総オフ会でした。

2010012401

moguさん、カセージンさん、chiyomiさん、masakoさん、ryokoさんらと合流し、道の駅富楽里で全員が合流し、車で伊予ヶ岳の麓の平群天神社まで。お参りしてから歩き始めます。

2010012402

最初はたいしたことのない登りです。のんびり登ります。

2010012403

途中、ロープの急登があって、たくさんの人が上り下りしているために渋滞します。それにたくさんの人が同じ道を歩く上に乾燥しているので土がとても滑りやすい状態。あまりいい道ではないです。慎重に登って山頂に着くと、素晴らしい眺め。右には富士山、真ん中には富山、左には大島と、360度の眺めでした。

2010012404

富士山もきれいで、今週もまた南アルプスの雪山も海越しに見ることができました。

2010012405

北峰から見る南峰の岩場は切れ落ちていますね。こちらもいい眺めでした。

2010012406

下っていくと栽培ですが菜の花が咲いていました。やはりもう房総は春ですね。

2010012407

下りはあっという間です。

2010012408

富山へ向かって歩いていきます。途中には水仙がたくさん咲いていますが、残念ながらピークは過ぎた感じでした。

2010012409

富山へは長い道路歩き。舗装されている道で眺めもなくてあまり面白い道ではありませんでした。途中では50人もの団体さんに会いました。富山山頂で山百合子さんと合流。展望台に上がるとこれまた良い景色。東京方面は灰色っぽいガスに覆われていて、やっぱり大気汚染なのでしょう。あんな所に住んでいるんだよな、と幻滅。

2010012410

肉眼でもはっきりと三宅島を見ることができました。

2010012411

伏姫の籠穴へ下ります。ここから山百合子さんお勧めの道もあったのですが、ちょっと時間がなくなってしまいましたので、今回はパスでした。機会があったら、歩いてみたいですね。

この後は保田の「ばんや」へ行ったのですが、途中で事故渋滞があったりしたのでもう時間が遅くなってしまい、残念ながら入浴&美味しい食事はカット。送迎バスの時間も合わず、保田駅まで歩くはめになりました。

ということで素晴らしいお天気の楽しいオフ会でした。
オフ会参加の皆様、ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

城山、伊豆葛城山、発端丈山へ

17日(日)は久しぶりに伊豆の山へ。

2010011701

三島駅から伊豆箱根鉄道に乗って大仁駅で下車します。駅前には大仁温泉の足湯があり、なんと飲泉所が!朝から温泉を飲んで元気です。

2010011702

駅からしばらく歩いていくと、城山のなかなか見応えのある景色が近くなります。

2010011703

集落の端には子授地蔵があります。悩む方が置いて行かれるのか、たくさんの石仏が並んでいました。

2010011704

登山口からなかなかの登り。途中で岩場への道が2回くらい分岐しています。見るとロッククライマーが何組も取り付いていました。見上げているだけで怖そう。やはり自分には無理なようです。城山峠から城山に向かいます。なんとなく雰囲気がやはり南国っぽいですね。

2010011705

低い山ですけど、遮るものがないのでなかなかいい眺めです。残念ながら富士山は雲の中でした。自分が伊豆へ行くと、いつも富士山が見えないんだよな~。(泣)

2010011706

ポンポコランドってどこ!?(笑)

2010011707

峠に戻って葛城山を目指します。途中には文政7年と書かれていたのか、古い石像が置いてありました。残念ながらお顔が崩れかけていました。

2010011708

危うく通り過ぎる所でしたが、看板があって、「神島小富士」というらしいです。確かに三角錐の形のいい山ですね。

2010011709

分岐から葛城山に向かって下ります。しばらく下ると林道に出ますが、この林道からの眺めはなかなかいいものです。

2010011710

葛城山の登り口付近からは海越しに南アルプスの雪山を見ることができました。北岳あたりなのでしょうか。

2010011711

ゴンドラの下をくぐっていくと、竜神岩がありました。確かに想像を働かせれば、竜が登っているようにも見えました。

2010011712

結構しっかり登ってようやく山頂広場に出ます。水仙が咲いていました。

2010011713

山頂は観光客の世界で、展望台には音楽まで流れています。歌謡曲ではなくて楽器だけの軽音楽なのが救いな所。二等三角点の向こうには海と南アルプスを見ることができます。
2010011717

林道へ下って分岐に戻ります。それからは地味な道を登って行き、発端丈山に着きます。
あまり特徴のない山頂でした。

2010011714

滑りやすい道を下っていくと、分岐があります。左にまた滑りやすい道をぐんぐん下っていきます。途中には展望台がありましたが、やはり海の眺めが良い物でした。

2010011715_2

みかん畑の中を下っていけばもう海はすぐそこです。

2010011716

道路に出てからトンネルを抜ければシーパライダイスの前。さすがに中年男一人で見学する勇気はないので、バスに乗りますが、伊豆長岡行きのバスは30分待ち。沼津行きが5分後だったのでそちらに乗り込みました。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

金島温泉 富貴の湯

小野上温泉センターでかなり悲しい思いだったので、数駅乗って金島駅で下車しました。金島温泉富貴の湯は駅からも近い温泉。

2010011102

入浴料はここも400円だったかな。ここはこじんまりした施設です。でも、源泉掛け流しのお湯です。茶色のお湯は鉄分を含むのか、かなりの金気臭があるので好き嫌いがはっきりでるお湯です。でも、濃いお湯なので温泉好きにはお勧めです。

内湯も露天風呂も小さめで、広いお湯が好きな人には向きませんが、いいお湯です。
気持ちよく温まって駅へ。だれもいない駅でのんびりと電車を待ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小野上温泉センター

先週は久しぶりに吾妻線に乗ってきました。もちろん温泉が目当て。
小野上温泉は新しい施設を建てていたので、久しぶりの入浴です。

2010011101

とてもきれいな施設。でも、だいたいきれいになると...。
入浴料は400円と以前と変わらない料金が嬉しい感じ。
そして、期待する浴場に入ると...。

内湯に入ってみると、ただの循環湯に変わってしまって、以前ほどのぬるぬる感は感じられないお湯に。まあ、ただのお湯みたいなお湯よりはかなりいい方だと思うけど、それでも、以前のようないいお湯ではなくなっていました。

せめて、露天風呂はと外へ出てみると、さらに循環臭の多いお湯。はっきり言って幻滅しました。以前のお湯はものすごく素晴らしいお湯でしたし、露天風呂は掛け流しでした。かなり悲しい思いです。お湯の事を分かってもいない業者の口車に乗せられて、お風呂を大きくして循環湯にしてしまったのでしょうか。さらに塩素投入もされています。

建物がきれいになったせいか、観光客は増えましたし、以前のうるさかったカラオケは無くなったようです。でも、やっぱり以前のお風呂が良かったなぁと懐古趣味に走りたくなりました。

以前はここ目当てに通ったこともありますが、そんなことはなくなりそうです。1時間後と2時間半後に電車があったので、2時間半後の電車に乗ろうと思っていましたが、1時間後の電車に変えてさっさと施設を後にしました。

また一つ通う温泉が無くなったような寂しい気持ちでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白州塩沢温泉 フォッサ・マグナの湯

戸屋山から降りて、わずか先にあったのは塩沢温泉。昔は塩沢鉱泉と言われていたようです。ここは白州福祉会館に併設されている温泉です。

2010011011

入浴料は700円でした。

浴場は少し熱めの内湯と寝湯、露天風呂となっています。
まずは内湯へ。体が冷えていたこともあって、かなり熱く感じました。循環臭はあるものの、そんなに悪い感じではありません。とても柔らかいお湯で肌がすべすべする感じがあります。
成分表は見ませんでしたが、リンクしたページを見ると、ナトリウム-カルシウム・塩化物泉のようですね。3260mgはこの手の泉質にしては、なかなか濃い温泉です。

外の露天風呂へ行ってみましたが、かなり風が強くて、頭が痛くなるほど寒い感じ。お湯もだいぶぬるくなってしまっていたようです。ということでそそくさと退散。内湯に戻り、寝湯に入ってみます。斜めになっていて寝やすい感じ。お湯は熱くなく、ぬるくなく、ちょうどいい感じでした。ごく微量ですが硫化水素臭のような感じがしましたが、やはり間違いではなかったようです。

建物に入った時、ズボンの裾が汚れていて、ご迷惑をお掛けしてしまいました。それにも関わらず、ズボンの裾を少し洗って頂き、さらにお風呂に入っている間、乾燥までして頂きました。お陰で帰るときは気持ちよく帰ることができました。親切がとても身に染みた一日でした。ありがとうございました。

このあたりはほとんどバス利用は無理な状況。ということでタクシーを呼んで小淵沢駅へ。3050円でした。いい温泉だったけど、ほとんどバスが利用できないのは痛いです。帰りのタクシーからは八ヶ岳がきれいに見えるようになっていたのがこれまた悔しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白州の藪山 戸屋山

10日(日)は久しぶりに白州へ。白州と言っても「お」は付かないので裁判じゃないですよ。(^^;
以前荒倉山に行きましたが、その時に感じた人気のなさがなんとなく気になっていて今年も出掛けました。

2010011001

韮崎駅から下教来石行きのバスに乗ります。もちろん自分一人。終点まで誰も乗り降りしませんでした。このバスも大丈夫かなぁ。先行きが心配です。途中の白須バス停で降りなかったので運転手さんが山には行かないの、と心配してくれました。教来石という地名は何か宗教的な雰囲気を感じますが、教来石氏という武士団があったようですね。バス停から歩き出して戸屋山に向かうといきなり石像が鎮座していました。

2010011002

牛小屋などがあってかなり匂いが~。この先にも肥料工場らしきものがあってかなりの匂い。真冬だからいいけど、夏場は近寄りたくはないですね。

2010011003

トンネルのあたりから取り付いて尾根づたいに登っていきます。ごく薄い踏み跡を探しながら登っていきます。この時期だからあまりヤブは影響しませんでした。薄い雪と土の道が交互に現れる感じ。途中、尾根が細くなり、崖があります。転落するとシャレになりません。でも、茅ヶ岳などの方面でしょうか。だいぶ霞んでいましたが、いい眺めでした。

2010011004

雪の上には踏んだ跡はなく、小動物の足跡が残っている程度でした。

2010011005

尾根には「恩」石標がときどきあって道案内をしてくれます。

2010011006

動物の足跡はうまく尾根を歩いています。感心しながら登っていくと、山頂に着きました。三等三角点でした。

2010011007

が、楽しみにしていた八ヶ岳は雪雲の中でまったく見えません。これにはがっかりでした。その上にしばらく休んでいるとこちらにまで黒い雲がやってきて、あわてて山頂から下り始めました。しばらくは一般道です。

2010011008

平久保池から登り返しますが、かなりきつい登り。だいぶ登ってようやく一段落した所にこんなプレートが付いていました。後蔵という山名なのか、それとも...。

2010011009

ひたすら尾根を歩いていきます。吹きだまりは膝下ぐらいまであったりしましたが、ほとんど雪がない所もあってかなりまだらです。途中、かなり細い尾根になって正しい尾根を下降しているのか不安になりましたが、944mの送電鉄塔が見つかってほっと一息。

2010011010

ところが、鉄塔からの下り道が見つからない。左に行ったり、右に行ったり、道を探します。結局、最初に入ったまっすぐに尾根を下る藪道をとって下っていきます。鉄塔巡視路と本にありましたが、今はほとんど使われている気配がありません。それでも赤テープをいくつか見ました。下部でようやく踏み跡らしくなってきて、最後の赤テープで左に曲がれば、道路に降り立ちました。

ルートファインディングが多少必要でしたが、やはりうまく歩けた時は楽しいものですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

富士を見に倉見山へ

昨日3日は富士山を見に行ってきました。

2010010301

やはり早朝出発ということで、富士急線寿駅を7時30分前には歩き出しました。でも、風が強くて寒いのなんの。しかも富士山に雲が少しかかっています。

2010010302

論ヶ尾根(堂屋尾根)に取り付いてしばらく登ると祠がありました。

2010010303

堂尾山展望台と書かれた場所からは素晴らしい富士山の眺め。雲が邪魔だよー。

2010010304

国土交通省認定の関東富士見百景だそうです。

2010010305

道はしっかりしていて、全く不安はありません。一般登山道と言ってもいいぐらい踏まれていました。ようやく着いた相定ヶ峰には何も書かれていないのっぺらぼうな道標があります。

2010010306

山頂はあまりピークらしくない場所でした。

2010010307

倉見山に向かうと展望台があります。そこからの広い眺めはなかなかいいものでした。

2010010308

望遠レンズを持ってきた甲斐があるというものです。左の方に登山道のじぐざぐが見えました。

2010010309

単なる藪山ですが、やはり倉見山からの富士山の眺めはいいものでした。日の当たる場所でしばらく富士山を眺めながら軽く食事を取りました。

2010010310

下りは東桂駅へ向かいます。結構急な下りです。踏み跡が続いていて迷うことはありませんでした。

2010010311

下りの途中には手製のものか、案内板もありました。

2010010312

予定通り墓地に降り立ちます。そこには倉見山への案内板も付けられていたので、間違えることはないでしょう。墓地の真ん中を通る道でした。東桂駅までのんびりと歩きます。駅に着いたのは11時ちょっと過ぎ。あまりにも早い下山でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

伊興七福神

例年通り七福神巡りに行ってきました。今年は足立区の伊興七福神をチョイスしました。

2010010201

久しぶりの舎人ライナーからは少し霞んでいたものの富士山ばっちりでした。見沼代親水公園駅から歩き出します。このあたりは何度も歩いたウォーキングコースで楽しい所。

2010010202

保木間掘親水水路というのは初めて歩きました。残念ながら伊興遺跡公園は閉まっていました。最初の法受寺で布袋尊にお参りします。

2010010203

しばらく歩いて実相院。ここには弁財天、大黒天、毘沙門天が祀られています。

2010010204

少し先にある福寿院。福禄寿と寿老人があります。

2010010205

最後の源正寺は結構分かり難い所にありましたが、なんとか見つけました。恵比寿様がおりました。

2010010206

最後は人だらけの西新井大師へ。しっかりおせんべいとだるまを買いました。人出は去年よりも多い感じ。今年はいい年になりそうですね。(^^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »