« 白州の藪山 戸屋山 | トップページ | 小野上温泉センター »

白州塩沢温泉 フォッサ・マグナの湯

戸屋山から降りて、わずか先にあったのは塩沢温泉。昔は塩沢鉱泉と言われていたようです。ここは白州福祉会館に併設されている温泉です。

2010011011

入浴料は700円でした。

浴場は少し熱めの内湯と寝湯、露天風呂となっています。
まずは内湯へ。体が冷えていたこともあって、かなり熱く感じました。循環臭はあるものの、そんなに悪い感じではありません。とても柔らかいお湯で肌がすべすべする感じがあります。
成分表は見ませんでしたが、リンクしたページを見ると、ナトリウム-カルシウム・塩化物泉のようですね。3260mgはこの手の泉質にしては、なかなか濃い温泉です。

外の露天風呂へ行ってみましたが、かなり風が強くて、頭が痛くなるほど寒い感じ。お湯もだいぶぬるくなってしまっていたようです。ということでそそくさと退散。内湯に戻り、寝湯に入ってみます。斜めになっていて寝やすい感じ。お湯は熱くなく、ぬるくなく、ちょうどいい感じでした。ごく微量ですが硫化水素臭のような感じがしましたが、やはり間違いではなかったようです。

建物に入った時、ズボンの裾が汚れていて、ご迷惑をお掛けしてしまいました。それにも関わらず、ズボンの裾を少し洗って頂き、さらにお風呂に入っている間、乾燥までして頂きました。お陰で帰るときは気持ちよく帰ることができました。親切がとても身に染みた一日でした。ありがとうございました。

このあたりはほとんどバス利用は無理な状況。ということでタクシーを呼んで小淵沢駅へ。3050円でした。いい温泉だったけど、ほとんどバスが利用できないのは痛いです。帰りのタクシーからは八ヶ岳がきれいに見えるようになっていたのがこれまた悔しかったです。

« 白州の藪山 戸屋山 | トップページ | 小野上温泉センター »

温泉(中部)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白州塩沢温泉 フォッサ・マグナの湯:

« 白州の藪山 戸屋山 | トップページ | 小野上温泉センター »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ