« 城山、伊豆葛城山、発端丈山へ | トップページ | 春を探しに 曽我丘陵 »

伊予ヶ岳から富山

24日(日)は、山百合子さん、moguさんに誘われて房総オフ会でした。

2010012401

moguさん、カセージンさん、chiyomiさん、masakoさん、ryokoさんらと合流し、道の駅富楽里で全員が合流し、車で伊予ヶ岳の麓の平群天神社まで。お参りしてから歩き始めます。

2010012402

最初はたいしたことのない登りです。のんびり登ります。

2010012403

途中、ロープの急登があって、たくさんの人が上り下りしているために渋滞します。それにたくさんの人が同じ道を歩く上に乾燥しているので土がとても滑りやすい状態。あまりいい道ではないです。慎重に登って山頂に着くと、素晴らしい眺め。右には富士山、真ん中には富山、左には大島と、360度の眺めでした。

2010012404

富士山もきれいで、今週もまた南アルプスの雪山も海越しに見ることができました。

2010012405

北峰から見る南峰の岩場は切れ落ちていますね。こちらもいい眺めでした。

2010012406

下っていくと栽培ですが菜の花が咲いていました。やはりもう房総は春ですね。

2010012407

下りはあっという間です。

2010012408

富山へ向かって歩いていきます。途中には水仙がたくさん咲いていますが、残念ながらピークは過ぎた感じでした。

2010012409

富山へは長い道路歩き。舗装されている道で眺めもなくてあまり面白い道ではありませんでした。途中では50人もの団体さんに会いました。富山山頂で山百合子さんと合流。展望台に上がるとこれまた良い景色。東京方面は灰色っぽいガスに覆われていて、やっぱり大気汚染なのでしょう。あんな所に住んでいるんだよな、と幻滅。

2010012410

肉眼でもはっきりと三宅島を見ることができました。

2010012411

伏姫の籠穴へ下ります。ここから山百合子さんお勧めの道もあったのですが、ちょっと時間がなくなってしまいましたので、今回はパスでした。機会があったら、歩いてみたいですね。

この後は保田の「ばんや」へ行ったのですが、途中で事故渋滞があったりしたのでもう時間が遅くなってしまい、残念ながら入浴&美味しい食事はカット。送迎バスの時間も合わず、保田駅まで歩くはめになりました。

ということで素晴らしいお天気の楽しいオフ会でした。
オフ会参加の皆様、ありがとうございました。

« 城山、伊豆葛城山、発端丈山へ | トップページ | 春を探しに 曽我丘陵 »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

黄色とピンク そしてクリーム色
千葉は すっかり 春の里山ですね。

菜の花の写真 素敵ですね。

凛さん、こんにちは。

もう1月も終わり近くなってしまいました。
時が経つのは本当に早いですね。
春の気配もすぐそこまで来ているようです。

人が多かったけれど、やはりいい山でした。

初めまして
かずさんから少し話は聞いています。今回は金森さんの掲示板からこちらに来ました。
皆様の丁度一週間前に伊予ヶ岳と富山を逆コースで歩きました。確かに伊予ヶ岳の南峰手前のロープ場の土はとても滑りやすく踏ん張りがきかなかったです。私もこけました。伊予ヶ岳からの富山と富士イイですね。しかも南アルプスも見えたのですか。羨ましい。私が歩いた日は気温が高く思いっきり霞んでいました。

のぞむさん、こんにちは。

かなり前に、のぞむさんの所の掲示板に書き込みしましたが、覚えていないかな?
ホームページをときどき覗かせてもらっていますよ。
本当は1週間前に予定が立っていたので、予定通りだったら、お会いしていたかもしれませんね。

同じような天気でも、わずかな差でよく見えたり、見えなくなったりしますね。
昨日は天気は悪くないのに完全に霞んでしまって富士山も見えませんでした。

では、今後とも、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊予ヶ岳から富山:

« 城山、伊豆葛城山、発端丈山へ | トップページ | 春を探しに 曽我丘陵 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ