« 白州塩沢温泉 フォッサ・マグナの湯 | トップページ | 金島温泉 富貴の湯 »

小野上温泉センター

先週は久しぶりに吾妻線に乗ってきました。もちろん温泉が目当て。
小野上温泉は新しい施設を建てていたので、久しぶりの入浴です。

2010011101

とてもきれいな施設。でも、だいたいきれいになると...。
入浴料は400円と以前と変わらない料金が嬉しい感じ。
そして、期待する浴場に入ると...。

内湯に入ってみると、ただの循環湯に変わってしまって、以前ほどのぬるぬる感は感じられないお湯に。まあ、ただのお湯みたいなお湯よりはかなりいい方だと思うけど、それでも、以前のようないいお湯ではなくなっていました。

せめて、露天風呂はと外へ出てみると、さらに循環臭の多いお湯。はっきり言って幻滅しました。以前のお湯はものすごく素晴らしいお湯でしたし、露天風呂は掛け流しでした。かなり悲しい思いです。お湯の事を分かってもいない業者の口車に乗せられて、お風呂を大きくして循環湯にしてしまったのでしょうか。さらに塩素投入もされています。

建物がきれいになったせいか、観光客は増えましたし、以前のうるさかったカラオケは無くなったようです。でも、やっぱり以前のお風呂が良かったなぁと懐古趣味に走りたくなりました。

以前はここ目当てに通ったこともありますが、そんなことはなくなりそうです。1時間後と2時間半後に電車があったので、2時間半後の電車に乗ろうと思っていましたが、1時間後の電車に変えてさっさと施設を後にしました。

また一つ通う温泉が無くなったような寂しい気持ちでした。

« 白州塩沢温泉 フォッサ・マグナの湯 | トップページ | 金島温泉 富貴の湯 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております!本年もよろしくお願いいたします。
小野上温泉は新しく駅側にできたんですよね。
以前、工事をしているときに露天風呂の部分を覗いたことがあります。
循環湯と塩素ですか~。なんということでしょうか~
以前、小野上温泉に一度いったことがあったのですが、いい湯だったことは覚えております。
んー一度は行ってもいいですが、通うことはなさそうですね~
沢渡温泉も若主人が温泉が、新たに源泉を掘り、濾過装置をやめて・・・などという葉書が来たのですが
お湯が以前と変わってなければいいなあと思っております。
あまり改革をしなくてもいいのですが…。以前のご主人のときの方がよかったなあと。

mineraさん、こんにちは。こちらこそご無沙汰しております。
よろしくお願い致します。

本当にいい温泉だっただけに残念です。
決して今も悪い温泉ではありませんが、以前を知っているだけに惜しまれます。

沢渡温泉は温泉好きには絶対に認められるとは思うものの、
やはり一般に受けるかというと微妙な所。
新しいことにチャレンジしないとなかなか難しいのではないでしょうか。
貸切の露天風呂で若干人が増えたようにも思います。
あまり人気が出て一人泊ができなくなるようだと困りますが、
今のところそんな気配はないので自分は応援したいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小野上温泉センター:

« 白州塩沢温泉 フォッサ・マグナの湯 | トップページ | 金島温泉 富貴の湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ