« 富士を見に倉見山へ | トップページ | 白州塩沢温泉 フォッサ・マグナの湯 »

白州の藪山 戸屋山

10日(日)は久しぶりに白州へ。白州と言っても「お」は付かないので裁判じゃないですよ。(^^;
以前荒倉山に行きましたが、その時に感じた人気のなさがなんとなく気になっていて今年も出掛けました。

2010011001

韮崎駅から下教来石行きのバスに乗ります。もちろん自分一人。終点まで誰も乗り降りしませんでした。このバスも大丈夫かなぁ。先行きが心配です。途中の白須バス停で降りなかったので運転手さんが山には行かないの、と心配してくれました。教来石という地名は何か宗教的な雰囲気を感じますが、教来石氏という武士団があったようですね。バス停から歩き出して戸屋山に向かうといきなり石像が鎮座していました。

2010011002

牛小屋などがあってかなり匂いが~。この先にも肥料工場らしきものがあってかなりの匂い。真冬だからいいけど、夏場は近寄りたくはないですね。

2010011003

トンネルのあたりから取り付いて尾根づたいに登っていきます。ごく薄い踏み跡を探しながら登っていきます。この時期だからあまりヤブは影響しませんでした。薄い雪と土の道が交互に現れる感じ。途中、尾根が細くなり、崖があります。転落するとシャレになりません。でも、茅ヶ岳などの方面でしょうか。だいぶ霞んでいましたが、いい眺めでした。

2010011004

雪の上には踏んだ跡はなく、小動物の足跡が残っている程度でした。

2010011005

尾根には「恩」石標がときどきあって道案内をしてくれます。

2010011006

動物の足跡はうまく尾根を歩いています。感心しながら登っていくと、山頂に着きました。三等三角点でした。

2010011007

が、楽しみにしていた八ヶ岳は雪雲の中でまったく見えません。これにはがっかりでした。その上にしばらく休んでいるとこちらにまで黒い雲がやってきて、あわてて山頂から下り始めました。しばらくは一般道です。

2010011008

平久保池から登り返しますが、かなりきつい登り。だいぶ登ってようやく一段落した所にこんなプレートが付いていました。後蔵という山名なのか、それとも...。

2010011009

ひたすら尾根を歩いていきます。吹きだまりは膝下ぐらいまであったりしましたが、ほとんど雪がない所もあってかなりまだらです。途中、かなり細い尾根になって正しい尾根を下降しているのか不安になりましたが、944mの送電鉄塔が見つかってほっと一息。

2010011010

ところが、鉄塔からの下り道が見つからない。左に行ったり、右に行ったり、道を探します。結局、最初に入ったまっすぐに尾根を下る藪道をとって下っていきます。鉄塔巡視路と本にありましたが、今はほとんど使われている気配がありません。それでも赤テープをいくつか見ました。下部でようやく踏み跡らしくなってきて、最後の赤テープで左に曲がれば、道路に降り立ちました。

ルートファインディングが多少必要でしたが、やはりうまく歩けた時は楽しいものですね。

|

« 富士を見に倉見山へ | トップページ | 白州塩沢温泉 フォッサ・マグナの湯 »

登山(南アルプス)」カテゴリの記事

コメント

わが家のご近所へようこそ&お疲れ様でした♪  僕まだ、そこ未踏なんですよ。
しもきょうらいし(下教来石)バス停から上がっていく道すがらにある三角点837.0mには
12/31に登ってきたのですが、戸屋山付近はまだ3つの三角点を残してあります
次にそこらへんを登るのは、来年の正月あたりかなぁ・・・

投稿: 紅茶ん | 2010年1月12日 (火) 21時54分

聞き覚えのある名前の山だなと思ったら その麓に住む 知り合いの画家さんが
昨年そこに登っていました。ルートはどう歩いたのか さっぱりですが。

今年はもう少し奥多摩を外れて 奥多摩から見える山を 少し攻めてみたいです。
しかし 体調不良とはいえ 食欲だけは旺盛だったので すっかりこの年末年始で
肥えてしまいました 涙
 

投稿: いっき | 2010年1月12日 (火) 22時14分

ribbleさんはよく変な山をみつけてきますね

投稿: wakky | 2010年1月13日 (水) 05時56分

白州とはもしかしてサントリーのアレのあるところですか?
行ってみたいエリアのひとつです♪
リブルさんもお忙しそうなのに、ちゃんと歩かれてますねー。

>ルートファインディングが多少必要でしたが、やはりうまく歩けた時は楽しいものですね。
あ、なんかそれ解ります!
まだ2回ほど、しかも初心者バリハイ(早速使ってみました)しか経験ないですけど、上手く歩きとおせた時の「やった!」という感じ。
私はまだ怖さの方が先立ちますが、また初心者コースで行ってみたいです。

投稿: cyu2 | 2010年1月13日 (水) 21時20分

紅茶んさん、こんにちは。

あらあら、このあたりにご縁があったのですか。
やはり南アルプスが壁のように見えて威圧感がありますね。
837mというと、道路に確かに踏み跡らしきものがありました。
ここから登る人がいるのかなぁ、なんてちょっと思いましたが、本当に登っていたとは。
このあたりも、まだまだ楽しそうな山がありそうで楽しみです。

投稿: リブル | 2010年1月14日 (木) 22時54分

いっきさん、こんにちは。

このあたりまで来ると、ちょっと遠いからたまにしか行けませんね。
日帰りだともったいない感じもありますが。

このあたりにお住まいの方も結構多いのですね。
車なら韮崎あたりからでも道路は悪くないですし。

やはり体重が重くなった時はスポーツでしょう。
山登りは無酸素運動になりがちなので、ホントは有酸素運動のウォーキングの方が体重は減るらしいですけど。

投稿: リブル | 2010年1月14日 (木) 23時01分

wakkyさん、こんにちは。

どうも人混みがあまり好きではないせいで、静かな山に多く行きたいと思って、探しています。
やはり都会に住んでいるから逃避したくなるんでしょうね。

投稿: リブル | 2010年1月14日 (木) 23時02分

cyu2さん、こんにちは。

そうそう、サントリーの白州工場がありますよ。
以前乗ったバス停も通り過ぎました。

忙しい→山に行けない→ストレスが溜まる→仕方がないので山の本を読む→さらに山に行きたくなる、
っていう感じでしょうか。(^^;

事故などをおこしたら一般登山道と違って誰も通りがかったりしません。
それに普通のハイキング保険では免責事項に該当するので保険金も下りないです。
なので、リスクがかなりあるので充分に注意してくださいね。

投稿: リブル | 2010年1月14日 (木) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白州の藪山 戸屋山:

« 富士を見に倉見山へ | トップページ | 白州塩沢温泉 フォッサ・マグナの湯 »