« 春を探しに 曽我丘陵 | トップページ | 雪の川苔山 »

六郷温泉

本日は久しぶりに温泉銭湯探訪に出掛けました。

20100207

六郷温泉は京急線六郷土手駅から徒歩1分という至近距離にある銭湯です。場所が分かるかなと思って駅を出て適当に左に歩いたら、すぐに案内板を見つけて角を曲がればすぐそこでした。

入浴料は550円でした。家にお風呂セットを忘れてタオルしか持っていなかったので、石鹸を久しぶりに買いました。

お風呂は小さめの浴槽がいくつかに別れていて、温泉湯と真湯の浴槽があります。温泉はいわゆる黒湯ですが、色は濃いものの、よくありがちなべとつくような感じはまったくなく、とても柔らかい感じのお湯です。アルカリ度のある、すべすべ系の温泉のようです。かなり熱いのかと思いましたが、思ったほどではありません。

それに自分は入らなかったのですが、どうやらサウナがあるようです。サウナも付いてこの料金は素晴らしいものですね。そしてその横には真っ黒な冷泉が注がれた冷泉浴の浴槽があります。2回ぐらい入りましたが、さすがに今日はかなり冷たかった。でも熱いお湯と交互に入って気持ちよくなりました。

ちょっとレトロ感はありますが、いい感じの銭湯でした。
駅の至近距離にあるので、京急線方面のハイクの帰りに立ち寄るのもいいかもしれませんね。ちなみに15時以降は少し料金が下がって銭湯料金になるみたいです。知らなかったので14時50分に入ったのですが、人が少なく、後からたくさん人がやってきたのはそのせいだったみたいでした。(^^;

« 春を探しに 曽我丘陵 | トップページ | 雪の川苔山 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんばんはー。
六郷にも温泉があるって知りませんでした!
しかも!このエリアだけでこんなに銭湯が?!ビックリしました。
町歩きも楽しい季節はもうすぐそこ♪機会があったら是非行って見たいです~。

cyu2さん、こんにちは。

東京の中でも大田区付近にはたくさんの温泉銭湯が集中しています。
やはり黒湯のことが多いですが、化石海水なのでしょう。

銭湯料金で温泉に入れるのはいいものですね。
銭湯ですから、大抵熱いことが多いのですが、この銭湯は思ったほどではありませんでした。

最近はだいぶ銭湯も少なくなりました。
近くの銭湯もたまには行ってあげたいですね。

ほとんど乗る機会の無い京急線の温泉情報はありがたいですね。
近々、利用させていただきます♪

chiyomiさん、こんにちは。

京急沿線はあまり山らしくはありませんが、超低山がいくつかあって歩きました。
寒い時期にはいいですね。
ついでに足を伸ばして三崎のまぐろ、をつまんだり、お土産もまた楽しみですね。
銭湯なので、お休み処は小さいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六郷温泉:

« 春を探しに 曽我丘陵 | トップページ | 雪の川苔山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ