« 高尾山日陰沢お花散歩 | トップページ | 船橋 海老川桜堤でお花見 »

御春山から寺山(綱之上御前山)、斧窪御前山

27日(土)は御春山から寺山、斧窪御前山に行きました。

2010032701

四方津駅で下車して、大野貯水池へ。犬目行きのバスも使えますが、30分ほどなので歩いて行きました。さすがにまだ桜は蕾でした。

2010032702

堰堤を歩いてしばらく登ると展望台があります。向こうに見えるのは甲東不老山と権現山稜でしょうか。あまり天気が良くない感じです。

2010032703

それでも、だんだん日がさしてきます。笹藪の尾根を登りますが、心も軽くなってきて磁石で方向を確かめて歩くと御春(おはんな)山。静かな藪山です。

2010032704

ダンコウバイが咲いていますが、少し茶色っぽい色が見えて、旬は過ぎた感じがあります。

2010032705

さらに天気が良くなり、気持ちの良い日になりました。かなりの急斜面が出てきて木の枝などを掴んで登るような所がありました。寺山(綱之上御前山)のあたりからは笹尾根方面の気持ち良い眺めが楽しめました。

2010032714

ちょっと写真が小さいですが、倉岳山の山容がなかなかしっかりしていて記憶に残りました。

2010032706

送電鉄塔に下りますが、やはり誤って岩尾根に引き込まれてしまいます。途中で気が付いたのですが、かなり急な下りで諦めました。そのまま下って、途中から右にトラバースしますが、藪で苦労しました。なんとか鉄塔に出ます。そこから右に行けば、緩やかな道が続いていました。梁川駅に着いたのはまだ11時前。

2010032707

ということで、もう一山ということで、大田峠へ登ります。ここまでは普通の道。

2010032708

しかし、峠からは笹藪の道。下道は付いていますが、あまりいい道ではありませんでした。だいぶ藪に悩まされながら登り、ようやく尾根に出るとまともな踏み跡になります。鉄塔に出て、一旦下り、さらに登り返すとまた鉄塔に出ました。ヨソ木山まで行こうと思っていましたが、ちょうどお昼になったので、この鉄塔で休憩。鉄塔の向こうに見えるのは道志の山でしょうか。

2010032709

ダンコウバイは地味ですけど、やはり青空との対比がいいですね。

2010032710

4号鉄塔に着きます。ガイドだと7号鉄塔まで行ってますが、このあたりで打ち切ります。

2010032711

少し戻って斧窪御前山に向かいます。途中の鞍部には石標があり、これは富浪と読むのでしょうか。反対側にも文字があり、おそらく梁川と書かれています。昔は山越えの道があったのかもしれませんね。

2010032712

小広い斧窪御前山の山頂。アンテナがこの写真の左にあって、眺めを邪魔しています。それに木の枝も伸びていて、それほど広い景色という感じではありませんでした。

2010032715

暖かさで行きよりも桜が咲き始めておりました。春のうららかな一日でした。

|

« 高尾山日陰沢お花散歩 | トップページ | 船橋 海老川桜堤でお花見 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、はじめまして

この日、私もおなじところに、と言っても御春山、綱之上御前山まで
ですが、歩いていました。おそらく一時間ほど後で歩いているようです

リブルさんがお歩きになったところを拝見すると送電線鉄塔の下の方までは
行っていないような様子です。

あるいは行っているのであればそこの様子を
実はお聞きしたかったのですが。

私はそこでほとんど出合うこともなく、そもそも
なじみの薄い花でしたので、もしからしたら見逃している可能性もあります
そのようなことで様子を知りたいと思いました。

投稿: yygg | 2010年3月29日 (月) 21時00分

yygg さん、初めまして。

せっかく初めて書き込んでいたのに申し訳ありませんが、少し手を入れさせてもらいました。
比較的里山では普通のお花とは言っても、そこはやはり野のお花ですから。
あえて、山登りとお花を分離してアップしたりしているのも、そういう狙いもあるので、ご容赦ください。

同じ道を歩かれたのですね。下山はどのようなルートを辿られたのでしょうか。
自分は、おっしゃる通り鉄塔の下までは行きませんでした。
もしかしたら、あそこに自分の足跡がくっきり残っていたりしたかもしれません。
一応、復元はしたのですが。(^^;

思ったほど藪も濃くはなく、天気も良くなっていい一日でした。
記憶に残る山になったようです。
この季節にはぴったりの山ですね。

投稿: リブル | 2010年3月29日 (月) 23時54分

リブルさん、気付かずに申し訳ありませんでした。
もっともな、配慮です。我ながら恥ずかしくなりました。

さて、お尋ねの下山道の件ですが、私は送電線鉄塔の巡視路から梁川駅に行きましたので松浦本の通りです。
その後、高尾山周辺をぶらぶらして帰途に付きました。
この頃、柄にもなく花に目覚めましてリブルさんのところで、つい見さかいのない所行に出ました。
失礼いたしました。

投稿: yygg | 2010年3月31日 (水) 19時07分

yyggさん、お気になさらずに。

あくまで自分のポリシーなだけで、実際ネットを検索すればいくらでも見つかってしまうのが現状なのです。
もちろん本の事もありますし。

お花はやはり年によって開花状況が異なるので、行ってみないと分からないのが面白いですね。
高尾の日影沢でも、いたるところに見られたアズマイチゲやニリンソウは随分減ったような気がしましたが、
単に時期が外れたのと、当たり年のすごさを見てしまったからそう思うだけなのかもしれません。

ぜひ、いいお花を見つけたら、こっそり教えてくださいませ。(笑)

投稿: リブル | 2010年3月31日 (水) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御春山から寺山(綱之上御前山)、斧窪御前山:

« 高尾山日陰沢お花散歩 | トップページ | 船橋 海老川桜堤でお花見 »