« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

【山梨】桃の里温泉

山の後は桃の里温泉へ。

2010042421

通常は車利用でしょう。バス利用だと下黒駒バス停から約10分強歩く必要があります。無料の送迎バスは一日1往復です。桃の花の期間は特別にバスが運行されるようです。

早朝出発したせいか、早い時間に着いたのでそれほど人がおらず静かな感じでした。
入浴料は村外者600円。タオルを忘れたので買ったのですが200円でした。
派手な色遣いのタオルで、家で使うにはちょっと恥ずかしい感じ。(^^;

お風呂は内湯と露天風呂、サウナがあります。サウナも同じ料金で使えるのはいいですね。でも、山の後にはちと辛いものが。ということで内湯と露天風呂のみ入りました。

体を洗ってから内湯に入ると、ちょっとぬるつきのあるお湯。とても柔らかいお湯で塩素臭もなく、これは良い感じ。冷えた体を温めてから露天風呂へ。

露天風呂はかなり広く、滝に見立てた打たせ湯から繋がるお風呂ともう一つに別れています。こちらもまったく塩素臭などはなく、とてもいいお湯で長湯したくなります。アルカリ単純泉のお湯は脱衣場にあった成分表によると、PHが9.7くらいあったように思います。湯量も毎分800Lくらいあるようで、充分にあるようです。

本当にいい温泉ですが、バス利用では行きにくいのが残念です。
こんないい温泉が近くにあったらなぁ、とちょっと地元の人が羨ましく思えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中尾根からカヤノキビラの頭、京戸山、達沢山、旭山

24日は久しぶりに笹子へ。

2010042401

どのくらい時間が掛かるか分からなかったので早朝出発。6時40分に笹子駅を出発します。

2010042402

前日の雨でしっとりした雰囲気ですが、中尾根を登ります。朝は霧もかかり、天気があまり良くありませんでした。

2010042403

雨に濡れたアケボノスミレが透明感に溢れていました。

2010042404

去年笹子へ歩いた時に通った中尾根の頭。そういえば誤ってこちらの道に入りそうになったことを思い出しました。

2010042405

途中は沢の崩壊がだいぶ進んでいて、ちょっと丹沢を思い出しました。遠くに見える本社ヶ丸方面の山の上の方に霧氷らしく白いものが見えました。この時期に霧氷とは吃驚でした。

2010042406

久しぶりに来たカヤノキビラの頭。笹が多い山頂は今年も変わっていませんでした。

2010042407

霧笛が氷に変わっていました。写真を撮ってみましたが、奥多摩の山と自然のHgさんのようなきれいな写真は無理でした。

2010042417

かなり寒く、この稜線はまだ冬枯れ状態でした。京戸山は特定のピークではなく、このあたりの総称らしいです。最高点と書かれたはずの山名板は誰かによって消されていました。

2010042408

だいぶ崩壊が進み、細い感じの尾根や結構細かいアップダウンの尾根を歩いていくとナットウ箱山に着きました。

2010042409

アップダウンで達沢山へ。ご夫婦らしきペアの方がおりましたが、下っていきましたので、一人で静かな山頂を堪能できました。

2010042410

下っていくと、歩きやすく分かりやすい尾根でしたが、1145mのピークを過ぎるとかなり分かり難い尾根になります。ミツバツツジがよく咲いていました。

2010042411

2回ほど細かいアップダウンがあって、もしかして堀割の跡かなと思うと急登。着いたピークは842m。少し先にこの山名標のある旭山。でも今はただの藪山です。

2010042412

下っていくと、だいぶ藪っぽくなります。途中からは笛吹市の町並みを見ることができます。

2010042418

蚕影山は本当に藪の山頂。ひっそりとした山頂には養蚕の神を祀った石碑があります。かなり古い木のベンチがありましたが、今は誰も使いそうにありませんでした。

2010042415

ようやく道路に降り立ちました。さすがに桃の花は終わっていました。

2010042416

桃の里温泉に入浴後、時間が早かったので、下黒駒のバス停まで歩きました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秋川丘陵 城山、弁天山へ

昨日18日は秋川丘陵へ。

武蔵五日市駅を出て、しばらく五日市街道沿いに歩きます。

2010041801

途中で曲がって高尾神社へ。桜にツツジ、そして新緑と春らしい景色ですね。

2010041802

マイナールートですが、一応踏み跡はあります。少し登ると鉄塔手前の切り開きから五日市の町を眺めることができました。

2010041803

奥の院でお参り。

2010041804

細かいアップダウンがあったり、トラロープの付いた急降下なんかがあったりして、なかなか楽しいです。それでも城山は330mほどの小さな山。団体さんがいて賑やかな山頂でした。

2010041805

弁天山のあたりはミツバツツジがたくさん咲いておりました。

2010041806

東に下って弁天洞窟。

2010041807

もうヤマツツジもちらほら。

2010041808

貴志嶋神社の奥の院。静かな場所で植えられたミツバツツジがたくさん咲いていました。

2010041811

とにかくたくさんのミツバツツジが咲いていました。

2010041809

ちょっと変な道に入ってしまい五日市トンネルの上に出てしまいました。階段があったので降り、元の道の方に向かいます。道脇にはマルバスミレが咲いておりました。

2010041810

武蔵増戸駅へ。わずか2時間という、ほとんどウォーキングコースの山歩きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枡形山から東高根森林公園

17日は朝かなりの雨が降っていましたが、天気が良くなりそうなので出掛けました。

2010041701

枡形山山頂は海抜84mだそうです。どこって、向ヶ丘遊園駅から30分弱歩いた所にある生田緑地にあります。

2010041702

シャガの花がよく咲いていました。

2010041703

民家園は今回はパス。生田緑地ばら園の前には誰もおらず、桜がひっそりときれいに咲いていました。ちなみに今年2010年の開園は5/18~6/6までだそうです。

2010041704

住宅街を辿ると菜の花がよく咲いている所がありました。

2010041705

長尾神社に向かい、すぐ近くに五所塚があります。古墳のように思える盛り上がりですが、信仰による塚だそうです。

2010041706

等覚寺に立ち寄ってみました。遠くの車の音が少しうるさいですが、比較的静かな感じ。不動明王が大きいです。つつじの名所らしいですが、下に降りなかったです。人の少なさを考えるとまだあまり咲いていなかったかも。(^^;

2010041707

人なつっこい猫が寄ってきましたのでパチリ。

2010041708

しばらく歩いて東高根森林公園へ。ムラサキケマンがよく咲いていました。なかなか広い公園で下っていくとミツガシワが咲いていました。

2010041709

気持ちの良い公園でした。南武線の久地駅へ出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高尾の湯ふろッぴィ

高尾山の後は久しぶりに温泉へ。残念ながら送迎バスは行ってしまった後だったようでしたので、高尾駅へ出ます。送迎がありますが、歩いて行ってみました。

2010041121

入浴料は春のキャンペーンということで90分が2時間になっていて、800円でした。1日だと1800円のようです。

お風呂は内湯はすべて普通のお湯。外の露天風呂のみが天然温泉でした。でも敷地内で湧いているお湯ではなく、近隣から配送されてくるお湯のようです。お湯は少し茶褐色でナトリウム塩化物泉のようです。そんなに濃いという感じはしませんでしたが結構温まりました。

まあ、基本的に温泉というよりはやはり健康ランドでしょう。
そういう使い方の方があっているような気がしました。

高尾の湯 ふろッぴィ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいいヒナスミレを探しに

11日はヒナスミレを探しに行きました。

2010041101

なんと言っても大好きなスミレはヒナスミレ。同じヒナスミレでも形はいろいろありますが、見つけたこのお花はまさに丸みを帯びて薄ピンクのプリンセスという感じ。とっても清楚でかわいいスミレです。

2010041102

タチツボスミレもたくさん咲いていました。

2010041103

一丁平付近はとても桜がきれいでした。なかなか写真だと表現が難しいですね。

2010041104

忙しい天気で晴れたり曇ったりでしたが、やはり青空とマッチします。

2010041105

タムシバも光を浴びてきれいです。このあたり自生には思えないので植栽なんでしょうね。

2010041106

ミツバツツジの群落はまだ蕾が多く、もう少しという感じでした。

2010041107

しかめっ面のエイザンスミレの家族。花の形も遺伝するのかなぁ?

2010041108

歩いたコースのせいか、ナガバノスミレサイシンは思ったよりも少なかったです。

2010041109

これはかなりピンク色の濃いエイザンスミレ。

2010041110

やはり桜の咲く季節は山も装いという感じでした。

2010041111

ケーブルカー駅前の桜は今年もきれいでした。

ということで小仏から城山、高尾山の軽い山歩きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上成木から大仁田山

昨日5日は静かな山歩きということで、大仁田山に行ってきました。

2010040401

東青梅駅近くのバス停から都バスに乗って、上成木へ。使えるバス時刻は7時代と8時台、その次は10時30分過ぎ頃になってしまいます。若い女性のグループも含めて、何組か登山者が乗っていましたが、みなさん高水山のようでした。上成木の雰囲気は静かな山間の町。車がよく通りますが、なんとなく気に入りました。

2010040402

あまり歩く人は多くないのでしょう。だいぶ枝などの落ちている道をしばらく登れば、そんなに時間はかからず小沢峠にたどり着きました。樹林の中の静かな場所ですが、ここは鎌倉古道でもあるそうです。秩父困民党の一揆の際にも重要な役割を果たした道とのことでした。ここから細田安楽寺と書かれた方に進みます。

2010040403

久方峠は静かな樹林の中の峠。地形的なものか、風が吹き抜け、立ち止まっていたら汗が引いて寒くなりました。

2010040404

結構アップダウンのある尾根を歩きます。このあたりが雲ノ峰という心惹かれる名前の山ですが、山名板などはない好ましい山でした。

2010040405

分岐があり、右に曲がって成木尾根をしばらく下ります。送電鉄塔があり、このあたりで唯一の眺め。

2010040406

タチツボスミレが咲いていましたが、今日はとても寒そうでした。

2010040407

かなり下ってから少し登り返すと水のもと(水口峠)。変わった木があります。あまり峠らしくない山深い静かな場所でした。

2010040408

分岐まで戻って、大仁田山へ。以前に飯能側から登ってきたことがあります。その時よりも植林が少し切られた感じ。それでも眺めがない山であることは変わりがないようです。

2010040409

細田の集落を下るといぼとりじぞうがあります。新しくなったのか、以前とは少し違うようでした。

2010040410

黒指への分岐にはかなり古い道標。大正時代のもののようです。右は細田成木村、左は原市場村名栗村方面と読めます。

2010040411

以前、大仁田山に登った時にはここから唐竹に下りました。ここが四十八曲峠という説とさきほどの黒指への道標がある場所だという説があるようです。

2010040412

送電線の巡視路に従って歩いていくと、50号鉄塔に出ます。このあたりからは奥武蔵の低山を眺めることができました。

2010040413

道路に出て、桜などを見ながら歩けば、石原橋のバス停に着きます。30分に1本ほどあり、また数分でバスが来るというタイミングのよさでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船橋 海老川桜堤でお花見

今日は山歩きではなく、船橋へお花見へ。

2010040301

船橋駅から線路沿いにしばらく歩けば海老川に着きます。
残念ながら満開ではありませんでしたが、それでもなかなかきれいでした。
出店もあって、人も結構多かったです。

2010040302

大まかですが北谷津川に沿った感じに歩き、途中の運動公園で昼食。ここも桜が結構咲いておりました。さらに先へ歩き、金杉台団地の手前あたりは菜の花がよく咲き、いかにも春らしい景色が広がっていました。

2010040303

ちょっと忙しい天気で晴れたり曇ったりしています。菜の花が斜面に咲き乱れておりました。

2010040304

さらに歩いて御滝不動尊へ。階段を下ると滝不動がありました。海老川の源流だそうです。

2010040305

人が多かったので写真が撮れませんでしたが、大きな門から見る桜はとてもきれいでした。また青空も広がり、満開とはいかなかったものの、気持ちいい桜を眺められました。

バスで船橋駅へ出ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »