« GWの公園散歩その1 | トップページ | 黒川鶏冠山 大菩薩峠登山口から丹波へ »

GWの公園散歩その2

その1とは別の公園へ。

2010050201

この公園も有名。ササバギンランが咲いておりました。

2010050202

キンランもたくさん咲いていましたよ。

2010050203

たくさん写真を撮ったのですが、手持ちだとやはり難しいですね。

2010050204

あまり気に留めていない人が多かったようです。でも、写真を撮っている人も結構見掛けました。

2010050205

本当はこいつが目当てだったのですが、今年はまだ早かったようでした。

« GWの公園散歩その1 | トップページ | 黒川鶏冠山 大菩薩峠登山口から丹波へ »

お花」カテゴリの記事

コメント

浅間山とみました。
個人的にここのキスゲは昔のダービーウィーク辺りが見頃のことが多くて、
ダービーの帰りに(チャリで府中へいけるので)寄る事が結構ありました。

ただその頃になるとキンランは終わり近くなるので、この時期でも良かったかも知れませんよ。

komadoさん、こんにちは。

はいはい、ちょうど臨時停車の日で乗り換える人が多かったです。
去年だったらもう咲いていたはずですが、やはり今年は違いますね。

望遠鏡かと思うようなレンズを持ち込んで撮影している人もおりました。
キンランは咲きかけのものしか見たことがなかったので、こんなに開いているのは初めてでした。
どうせならササバじゃない、ただのギンランが見たかったなぁと。
ササバは山ほど見たのですが、ギンランはまだ実物を見てないのですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GWの公園散歩その2:

« GWの公園散歩その1 | トップページ | 黒川鶏冠山 大菩薩峠登山口から丹波へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ