« 石保戸山へ | トップページ | 奥秩父 南天山 »

黒目川と落合川

今日は5月終わりにしてはちょっと寒い一日でしたが、東久留米市付近を流れる黒目川と落合川を歩いてきました。

2010053001

西武新宿線小平駅を歩き出し、小平霊園の中を通ります。新青梅街道を渡って、小さな川を見て、ちょっと迷いましたが、なんとか柳窪天神社に向かいます。このあたりはほとんど沢に近いぐらいの小さな流れ。それでも鴨が休んでおりました。

2010053002

柳窪天神社はひっそりとした感じでした。

2010053003

すぐ先に東京の名湧水の表示がありますが、水は涸れておりました。

2010053004

その先は歩道はあるものの、通行止めになっているので、道路を歩いて大きく回り込みます。久留米西団地を右に見て回り込むと、もうだいぶ水量がありました。親水公園になっていて、川で遊べるようになっています。なかなかきれいな水でした。

2010053005

少し歩いてから氷川神社でお参り。

2010053006

都大橋あたりからは普通の川になって、どんどん歩いていきます。途中にはコカコーラの工場があったりして、もしかして子供の頃社会科見学で来た工場かもとちょっと懐かしくなります。随分歩いて西武池袋線もガードでくぐって、黒目川と落合川の合流地点。ここから落合川を遡ります。

2010053007

落合川は結構水量があり、しかも流れが速いです。西武池袋線のガードを再度くぐり、老松橋のあたりから竹林公園に向かいます。竹林はやはり雰囲気が違います。タケノコを取らないでの看板がありました。少し下っていくと水が流れていて湧水がありました。音もなく、静かに湧いていました。

2010053008

また氷川神社があり、その先に南沢湧水群があります。やはり静かに湧いておりました。

2010053009

湧水はとてもきれいで清流という感じ。この奥にも湧水があるので行ってみます。そこにも名湧水の表示があるので立ち止まったら、なんと大きなカラスが突然、攻撃してきて頭を小突かれました。きっと巣でもあるのでしょう。即座に立ち去りました。

2010053010

さらに先へ進むと水流も少なくなってきて、小金井街道を渡ると工事のために川そばを歩けなくなります。住宅地を回り込むと上流端と書かれた場所に着きました。この先は写真のように住宅地の中にわずかな堀があるだけで水もありませんでした。ここで打ち切り。小金井街道からバスで花小金井駅に出ました。

湧水地が見られたなかなか楽しいウォーキングでした。

« 石保戸山へ | トップページ | 奥秩父 南天山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒目川と落合川:

« 石保戸山へ | トップページ | 奥秩父 南天山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ