« 御前山へ | トップページ | 石保戸山へ »

先日購入の本

体調不良で出掛けられなかった週末。
ネタがないので、先日買った本の紹介でも...。

(写真は削除しました)

畦地梅太郎さんの「山の出べそ」。
平凡社ライブラリーでも出ていて持ってはいるのですが、やはり原本を買いたいと思っていた所、先日、出物があったので安くはなかったですが購入しておきました。

畦地さんの本はとてものんびりした雰囲気で書かれていて、肩肘張らずに読むことができるので疲れた時にぴったり。山に行けない日はこんな本を読んで過ごしたいと思います。

« 御前山へ | トップページ | 石保戸山へ »

その他情報」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんばんはー。
自分の更新が忙しすぎて、なかなか遊びにこれなかったのですが、体調不良とのこと、お大事になさってください。
私も毎年この時期ダメです~5月病かも(笑)
畦地梅太郎さんの本、私も以前欲しくて悩んだのですが、数万円とのことで諦めました。
これは神田ですか?表紙を見ただけでなんだか嬉しくなるような本ですね。

昨日、スミレの咲く山に行ってきたんですが、リブルさんのこと考えていました。
すごく種類があるんですもんね・・・全然解りませんでした。
スミレ博士と呼ばせてください(*^_^*)

cyu2さん、こんにちは。
心配して頂いてありがとうございます。
書き込みはしていませんが、しっかり見ていましたよ。屋久島行ってみたいです。

畦地さんの本が数万円ですか。まあ確かに自筆の絵や特装本などは高いですけど、このような普通の本であれば数千円程度が普通ですね。この本は神田で買いましたが、神田はやはり古書価は高めです。特に専門店は高い場合が多いので、どうしても欲しい場合以外は自分はいろいろな古本屋さんに足繁く通って探していますよ。

スミレについても自分なんかは駆け出しですよ。興味を持ったのはここ数年ですから。
特に交雑種なんてまったく分かりません。
ぜひ、いいスミレを見つけたら、こっそり教えてください。

今年の風邪は強力ですね。もう1週間半ぐらい経つのに咳がなかなか止まらなくて困っています。
cyu2さんもどうぞお気を付け下さい。

久しぶりにお邪魔したら風邪でしたか。
今年の風邪と言うより、咳はしつこいです。
私も1ヶ月位続いていました。
アレルギー性の一過性の喘息かも知れませんよ。
普通の薬では中々収まらなかったのですが、アレルギー性に効くと云う薬が処方されたら収まりました。

お大事にね。

山百合子さん、こんにちは。すいません、遅くなりました。

ありがとうこざいます。山百合子さんも同じような症状でしたか。
アレルギーから来ることもあるのですね。

本当に今年の風邪は咳がひどいですね。
確かに咳き込んだ時のぜいぜいという感じから、喘息の気があるなとは思っていました。
ここのところ、咳に効く飴をしばらくなめていたら、だいぶ良くなりました。
昨日は久しぶりに山に行ってきれいな空気を吸ったせいか、今のところ咳は収まったようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先日購入の本:

« 御前山へ | トップページ | 石保戸山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ