« 黒川鶏冠山 大菩薩峠登山口から丹波へ | トップページ | 先日購入の本 »

御前山へ

随分遅くなってしまいましたが、3日は御前山へ行きました。

2010050301

バス停を惣岳で降りるはずが境橋で下車してしまい、久しぶりにちょっとむかし道を歩きました。

2010050302

右岸尾根に取り付き、登っていきます。かなり急な登りが続きます。久しぶりに暑いです。途中で踏み跡を見失い、小さな岩場もあるところを適当に登ります。珍しく肌色っぽいナガバノスミレサイシンがありました。

2010050303

これはごく普通のもの。

2010050304

アセビの広場に出ます。道標がありますけど、ここへ登って来る人はどのくらいいるのでしょうか。

2010050305

さすがに惣岳山付近はカタクリが咲いています。

2010050306

一般道に出て、撮影されている方とこれはいいねとお話しました。

2010050307

ピンと立っている感じがいいですね。

2010050308

そう言えば、山頂の写真を撮り忘れていました。湯久保尾根に向かうとハシリドコロが咲いていました。普通は谷沿いにあるんだけど、どこからか飛んできたのかな。

2010050309

モーテ山を踏んでみます。ただの一地点という感じでした。

2010050310

このあたりはエイザンスミレがちょこちょこと咲いていました。

2010050311

日に当たっているせいか、ちょっと透けた感じ。

2010050313

湯久保山へ。去年、霧のために諦めたので再チャレンジでした。

2010050314

ちょっと迷ったものの、なんとか尾根を下ります。途中に道標があります。尾根を下ろうと思っていましたが、尾根の基部は分かり難く、諦めてこの道を下ることにしました。しかし、これもほとんど廃道に近い雰囲気の道で藪っぽい所もありました。

2010050315

途中、倒木の連続で嫌になります。道が倒木に埋まっている、こんな所もあるのですよ。

2010050316

ようやく集落に出て舗装された道をのんびり下ります。しだれ桜がきれいでした。

2010050317

集落の方が手を掛けているのでしょうね。ちょっと桃源郷の雰囲気でした。小岩バス停に下りました。

« 黒川鶏冠山 大菩薩峠登山口から丹波へ | トップページ | 先日購入の本 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御前山へ:

« 黒川鶏冠山 大菩薩峠登山口から丹波へ | トップページ | 先日購入の本 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ