« ヒメザゼンソウを見に さいたま緑の森博物館 | トップページ | 芹が谷公園からかしの木山自然公園 »

高尾山から城山

しばらく山はお休みで3週間も歩かなかったら、登れなくなってしまうという危機感から、27日(日)は高尾山へ。

2010062701

ものすご~く蒸し暑い日でしたね。でも、電車を高尾山口駅で降りると少しは涼しい感じ。こんな蒸し暑い日は沢コースを選択。ポツポツと細かい雨が舞っていましたが、気にせず歩きます。琵琶滝コースはやはり少し涼しい感じでした。

そのまま沢沿いのコースを歩こうと思いましたが、ゆっくり歩く人が多いみたいなので、途中からは稲荷山コースに出ました。が、やっぱりこちらは蒸し暑い上に泥の水たまりがあったりして閉口。汗をかきながら階段を登り、高尾山へ。さすがに丹沢方面は雲の中でした。

2010062702

久しぶりに蝶を見掛けました。でも、この蝶はなんでしょう。図鑑を片っ端から当たってみたのですが、分かりませんでした。アゲハチョウの類のような気がしますが、ちょっと違いそうな...。

2010062703

城山へ歩きます。山頂付近はツツジがきれいでした。ちょっと明るくなって東京方面も見えていました。

2010062704

小仏峠から小仏に下山しますが、やはりまた驟雨がありました。短い山歩きでした。

 

« ヒメザゼンソウを見に さいたま緑の森博物館 | トップページ | 芹が谷公園からかしの木山自然公園 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山から城山:

« ヒメザゼンソウを見に さいたま緑の森博物館 | トップページ | 芹が谷公園からかしの木山自然公園 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ