« 黒目川と落合川 | トップページ | こまどり荘 »

奥秩父 南天山

5日(土)は奥秩父へ。

2010060501

三峰口駅からのバスを中津川バス停で下車したのはもうほぼ11時でした。やはり埼玉県の奥深い山らしく、バス停付近は山に囲まれて威圧感がありました。

2010060502

30分弱歩くと登山口。ここから登り始めます。

2010060513

途中には法印の滝があります。(方円の滝とも言われるようです。)

2010060504

稜線に出るとヤマツツジが咲いておりました。

2010060505

やはり緑がきれいです。あれが山頂かな。

2010060506

山頂近くは岩場があって、短いけどなかなかきついところでした。

2010060507

何のお花か分かりませんが、木の白いお花がきれいでした。

2010060509

両神山や左はオオナゲシでしょうか。よく見ることができました。

2010060508

こちらは三国山方面でしょうか。ちょっと雲が多かったようです。

2010060510

トウゴクミツバツツジでしょうか。まだ咲き残っておりました。

2010060511

緑のシャワーを浴びながら尾根コースを下ります。

2010060512

クワガタソウがひっそりと咲いていました。

2010060515

合流してからは同じ道を戻ります。17時のバスに乗り込み、三峰口まで一人でした。自宅の駅に帰り着いたのは21時を過ぎていました。やはり遠い山でした。

« 黒目川と落合川 | トップページ | こまどり荘 »

登山(奥秩父)」カテゴリの記事

コメント

奥秩父、いいですよねぇ~・・・、って、南天山って、どこよ、でした
地図を広げてみて・・・遠いっすよ。
往復の登山ルートより、アプローチのほうが長いですね。
私も、歩きたい奥秩父の道がありますが、日帰りだとかなり難しいので、なかなか行けません。

お天気に恵まれて良かったですね♪

びっくり てっきり自動車で行ったのかと思っていましたよ。

公共交通機関では 大変だったことでしょうね。

お疲れ様。

方円の滝 懐かしく見せてもらいました。

私は その直ぐ下の 無名の小さな滝が好きです。

とてもいい表情をされているんですよ。

chiyomiさん、こんにちは。

この山はなかなかバス利用では行けませんね。
でも、今のうちに行っておかないと、いつバスがなくなってしまうかも分かりませんので行ってみました。
今回初めて乗りましたけど、途中にはダムがほぼ完成していて、集落はほとんど移住してしまったようです。
これでは乗る人などいないでしょう。行きのバスは自分を入れて3人、帰りは1人でした。
これで1日4本あることが信じられない状況です。

アプローチが長いのは決して嫌いではありません。
最近は不便を克服して山へ登るのも楽しみの一つになりました。
手軽に山を歩くのとはまた違った楽しみがありますよ。

確かに奥秩父は日帰りは難しい山が多いですね。
まだまだ行きたい山が多く残っています。

雲が来たり、晴れたり忙しい天気でしたが、山頂のいた時はそれなりにいい天気だったので良かったです。

いっきさん、こんにちは。

この山は車があるとピストンなので便利ですね。
それにしても登山口まで歩くときにたくさん車やバイクが通っていったのにはちょっとびっくりでした。
ついでに自転車の人もいました。三国峠を越えて走るのでしょうね。

いっきさんは行かれたことがありましたか。
結構滝が多いですね。
沢沿いなので少しは爽やかかと思いましたが、やっぱり少し暑かったです。
もう夏ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥秩父 南天山:

« 黒目川と落合川 | トップページ | こまどり荘 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ