« こまどり荘 | トップページ | 高尾山から城山 »

ヒメザゼンソウを見に さいたま緑の森博物館

先日、ヒメザゼンソウを見たいと思い、さいたま緑の森博物館に行ってきました。小手指駅南口から宮寺西行きのバスに乗り、荻原バス停で下車しました。

ヒメザゼンソウは湿った場所に生えるそうで、サトイモ科のお花で稀少なお花です。埼玉県でも絶滅危惧種に指定されています。

2010061301

ザゼンソウは尾瀬で見たことがありますが、それなりに大きいお花です。しかしこのヒメザゼンソウは親指姫という感じでとっても小さく、かわいいお花でした。普通は枯れ葉などで埋もれてしまうようでかき分けないと見られないそうです。

2010061302

ゆっくり見学した後、狭山湖外周道路を歩きます。バイクや車も通るらしく、あまりいい道ではないようです。六道山の近くまでくるとアジサイが咲いていました。

2010061303

この時期に六道山に来たのは初めてですが、さすがに展望は霞んでいました。出会いの辻に戻り、高根山へ。以前は細い道でしたが、だいぶ整備されたようで、隔世の感がありました。

2010061304

久しぶりに来た三角点。

2010061305

説明版が新しく作られていて、それを読んでいたら、なんとここの三角点は一等三角点でした。なぜこんな藪の丘陵に?って思いましたが、昔は展望のいい場所だったのかもしれませんね。

2010061307

石仏も健在でした。箱根ヶ崎駅まで歩きました。

« こまどり荘 | トップページ | 高尾山から城山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

リブルさんこんばんは。
ヒメザゼンソウ!!図鑑でしか見たことなく、またこんな近くで見ることが出来るなんて全く知りませんでした!
すごいかわいいんですね、親指姫?まさにそんな感じですね。
普通のザゼンソウも見たことないんですけど・・・
良いものを見せていただきありがとうございました。

cyu2さん、こんにちは。

図鑑で見たことがあるだけすごいです。
自分の持っている図鑑には載っていなかったりします。

写真だとなかなか大きさの表現が難しいですが、本当に小さいんですよ。
数年前まではここにあることは知られていなかったそうです。

ザゼンソウは尾瀬でなくても、秩父などでも見られます。
尾瀬は6月の早い頃ですが、秩父だと3月頃ですね。雪解けの頃に咲くお花です。
秩父へ見に行きたかったのですが、忙しくて機会がありませんでした。

ザゼンソウはぜひ来年にどうぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメザゼンソウを見に さいたま緑の森博物館:

« こまどり荘 | トップページ | 高尾山から城山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ