« 奥秩父 南天山 | トップページ | ヒメザゼンソウを見に さいたま緑の森博物館 »

こまどり荘

南天山から降りた時にはまだ15時30分にもなっていませんでした。
下山地に温泉があるというので、こまどり荘で入浴しました。

2010060516

入浴料は600円。お風呂はきれいでこじんまりした感じ。6人ぐらいでいっぱいでしょうか。かなり循環臭があって、ちょっと幻滅。後で調べると、残念ながら源泉はなく、タンクローリーで運んでいるお湯のようです。

誰も入っておらず、とっても静かなお風呂。早く上がってもバス待ちの時間が長くなるだけなので、それでものんびりと1時間も入ってしまいました。

2010060514

ちょっと写真が暗くなってしまいましたが、お風呂上がりに外の椅子で休むと、人も少なく、アルペン的な雰囲気があって、とってものんびりした感じでした。

わざわざこのために出掛けようというお風呂ではありませんが、やはり山の帰りに入るお風呂は温まって良いものでした。

« 奥秩父 南天山 | トップページ | ヒメザゼンソウを見に さいたま緑の森博物館 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

諏訪山にアカヤシオを訪ねた時、そこに泊りました。
ただ、泊りましたという印象だけで、あまり記憶には残っていません。
たぶん、根っからの風呂好きでないからでしょう。
でも、アカヤシオの素晴らしさは、今でも心に残っています。

zioさん、こんにちは。

こちらに泊まられたことがありますか。
内湯のみで静かなお風呂でした。
温泉ではありますけど、印象は少し薄いかな。
ここから諏訪山というのは、あまりイメージが付きませんが、
トンネルで山を越えれば、西上州になるのですね。
西上州の山はアカヤシオの頃がいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こまどり荘:

« 奥秩父 南天山 | トップページ | ヒメザゼンソウを見に さいたま緑の森博物館 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ