« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

表銀座コースのお花達

表銀座コースで見掛けたお花達です。

2010071931 チングルマ。

2010071932 オオバキスミレほど葉が大きくないのでたぶんミヤマスミレ。

2010071933 ミヤマキンバイ

2010071934 コマクサ

2010071935 ハクサンシャクナゲかな?

2010071936 コイワカガミの群落。栗駒山が思い出されました。

2010071937クモマスミレのように葉は赤紫ではないので、タカネスミレかな?

2010071938雪原の跡にはショウジョウバカマがようやく来た遅い春を告げていました。

2010071939 ハクサンイチゲ。純白で清楚なお花ですね。

2010071940 ちょっと日射しがきつかったので写真が今ひとつですが、タカネヤハズハハコですね。

2010071941 イワツメクサ。

2010071942 ハクサンチドリもなんとか見つけました。

2010071943 ミヤマカラマツかな。

いろいろお花も楽しめた縦走路でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の思い出 北アルプス表銀座コース 燕岳~槍ヶ岳3

2からの続きです。

3日目もやっぱり良い天気です。

2010071925

早朝の富士山と八ヶ岳、南アルプスなどのシルエットがいい感じでした。

2010071926

日が出るともう暑い。槍沢の雪渓はだいぶ雪が残っていて、アイゼンもストックもなかったのでちょっと不安でしたが、なんとか下っていきました。

2010071927

ようやく着いた槍沢ロッジ。ここで一休み。しかし、この後もずっと長い歩きが続くんです。

2010071928

約1時間歩くごとに休み、ようやく河童橋へ。観光客に混じって穂高の眺めを撮影。
暑かったですが、やはりいい山でした。

入浴しようと思っていた某温泉旅館(上高地じゃないよ)はすでに廃業していました。なので上諏訪に行き、片倉館で入浴して、ようやく汗を流すことができました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏の思い出 北アルプス表銀座コース 燕岳~槍ヶ岳2

1からの続きです。

4時に起きます。
2010071913

早朝は冷え込んだので快晴を期待してテントの前を明けると、やはり雲がほとんどない天気でした。

2010071914

テントを畳んで出発し、下っていきます。ようやく大天井ヒュッテへ。
さすがに登山者は出発した後みたいです。

2010071915

喜作新道をあるきます。途中からは常念岳の向こうに富士山が!

2010071916

目の前の槍ヶ岳まではまだ遠いなぁ。

2010071917

ヒュッテ西岳までは意外にかからずに着きました。

2010071919

しかし、水俣乗越からの東鎌尾根の登りはきついものでした。階段の登りもあってバテバテになります。ようやく登り着いたヒュッテ大槍からの槍ヶ岳。

2010071920

足にきてしまい、辛い思いで槍ヶ岳山荘に着きます。しばらく休んでから槍の穂先に向かいます。左側の景色が開け、素晴らしい景色が広がっていました。しかし、これもわずかな間。帰りにはガスってしまって何も見えなくなっていました。

2010071921

みなさん、これをバックに記念撮影していました。

2010071922

三角点は...。女の子の手の下でした。

2010071923

ガスってきてしまったので、槍ヶ岳山荘を撮ります。

2010071924

このまま下ろうかと思いましたが、日の差す時間に雪渓を下ると、もう痛くなっていた日焼けがさらに酷くなりそうでしたし、下へ降りればもちろん暑くなります。なので殺生ヒュッテ前でテントを張り、次の日に下山することにしました。でも、やっぱり日射しが強烈で、テントの中も灼熱状態でした。

3へ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の思い出 北アルプス表銀座コース 燕岳~槍ヶ岳

だいぶ遅くなってしまいましたが、17日(土)~19日(月)で北アルプスに行ってきました。

2010071901

夜行快速を穂高駅で下車し、バスで中房温泉へ。歩き出しますが登山道が渋滞でした。

2010071902

合戦尾根はやはりそれなりにきつい。水場で3L汲んで持ち上げます。合戦小屋ではいつも通りスイカを食べている人が多かったです。

2010071903

燕山荘の手前のテン場のあたりは珍しく雪渓が結構残ってました。目の前には広い眺めが。今年は雪が多く残っているようで、ここ数年の眺めと少し違う感じで新鮮でした。

2010071904

青空の中、燕岳へ。石のオブジェという感じですね。

2010071905

山頂へ。北燕岳へ向かう人がいて、去年の餓鬼岳への縦走が思い出されます。

2010071906

近くにいた誰かがイルカにそっくりと言っていたのですが、後で調べたらやはりイルカ岩と名付けられているようですね。槍ヶ岳もきれいに見えて、対比が良かったです。

2010071907

燕岳にもコマクサは多いですが、山荘の少し先にもコマクサがよく咲いています。

2010071908

蛙岩などを経て、大天井岳に向かいますが、ちょっと雲が出てきて怪しい雰囲気に。

2010071909

道を開いた喜作のレリーフが付けられています。

2010071910

通り雨に降られたものの、なんとか大天荘に着きます。表銀座を歩く場合、大天井ヒュッテの方が近いですが、テント場はこちらにしかありません。

2010071912

テントを張ってから、大天井岳の山頂を往復します。歩いてきた縦走路が見えました。

2010071911

明日はあの手前の長い尾根を歩いてそれから槍ヶ岳まで行くのです。果たして行けるのか不安になります。しばらく眺めてました。

2へ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生藤山付近のお花

やはり低山とは言え、夏のお花が咲いておりました。

2010071021

オオバギボウシ。あまり元気がないなぁ。

2010071022

ウツボグサは群落でたくさん咲いておりました。

2010071023

これはジャノヒゲかな?

2010071024

イチヤクソウは暗い感じの森の中がお好きなようです。

2010071025

そしてネジバナ。別名のモジズリの方がなんとなく好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蚕影山から生藤山、陣馬山へ

10日(土)は近場の山歩きへ。

2010071001

上野原駅から井戸行きに乗るのは実は初めて。逆は何度も乗ったことがあったのですけど、やはり反対だとちょっと気分も違いますね。バスがなかなか来なくて、無生野行きや飯尾行きが発車した後にようやくやってきました。ハイカーは10数人というところ。

上岩下で降りるのはもちろん自分だけ。すでに日射しが暑いです。

2010071002

久しぶりの青空山行。でも、丹沢方面はちょっと雲が多いかも。もう夏という感じでした。

2010071003

あまり登る人もいないのでしょう。神社までは参道の登山道がありますが、かなり藪が繁茂していました。前の日の雨なのか朝露なのか、ズボンも濡れてしまいます。

2010071004

途中、踏み跡が分かり難くなったりして、若干道を外しそうになりましたが、なんとか復帰して登っていきます。やはり蜘蛛の巣攻撃をだいぶ受けました。そう言えば、昔、佐野川に下ったことがあるのを思い出しました。

2010071005

古い石仏は道しるべを兼ねているようで、写真では見えませんが、右横の側面に行き先が書かれていました。

2010071006

やがて一般道に出て歩きやすくなります。これはだいぶ風化している石仏。もうお顔も判別がつきにくくなっていますね。大事にしたいものです。

2010071007

甘草水まで登ると、久しぶりに富士山を見ることができました。

2010071008

さらに登って三国山へ。ベンチに座っていると意外に涼しい感じでした。

2010071009

生藤山のこじんまりした山頂は日射しがあって暑い山頂なので通り過ぎただけでした。

2010071010

生藤山から先は決めていませんでしたが、今日は陣馬方面へ歩くことにします。茅丸はこのあたりでは意外ですが1000mを越えています。

2010071011

下っていくのでだんだん暑くなります。グロッキー気味ですが、醍醐丸まで頑張りました。まじめに蒸し暑さもあって辛かったです。

2010071012

醍醐丸からは和田峠に下り、陣馬山に登り返します。前は階段地獄だったような気がしますが、意外にそれほどには感じませんでした。でも、やっぱり陣馬山は日当たりが良すぎて暑い山頂。久しぶりにかき氷を頼んで食べると美味しかったです。やはりかき氷は暑い外で食べるのにかぎりますね。

このあとは一の尾根を下って陣馬登山口へ。バス停が近くなったらバスが走るのが見え、ああ行っちゃったと思ったら、運転手さんが気を利かせて待ってくれたようなので、バス停まで走り、さらに汗だくになってバスに乗り込みました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

芹が谷公園からかしの木山自然公園

最近は山よりも公園巡りの方がメインになっているような気が...。
ということで昨日は町田の公園巡り。

2010070301

町田駅から歩き出し、まずは芹が谷公園へ。
鬱蒼とした感じでちょっと大人の雰囲気。夜は怖そうな感じです。
少し歩くと右の方には水が結構流れていて、なかなかよさげ。
近くにこんな公園があったら、沢音を聞きながら本でも読んで過ごすなんていう週末も良いかななんて思ったりします。

2010070302

蒸し暑いせいか、人は少なめでした。
奥の方へ行くと、普通に広場や大きな噴水があり、国際版画美術館の付近には水遊びができるような所もあって、子供達が遊んでおりました。

2010070303

しばらく歩き、恩田川のそばを歩きます。途中には鉄砲のような大きなレンズを持った人がいました。野鳥の撮影なのでしょう。住宅地の中を緩やかに登り、かしの木山自然公園へ。入ると看板があって、ここには鎌倉古道があったそうです。昔、この道を馬で駆け下りたりしたのでしょうか。

2010070304

やはり静かな公園です。看板があって、野鳥も結構棲息しているようです。蝶も何種類も見掛け、少し追って写真を撮ってみましたが、悲しいかな単焦点一本では写せませんでした。

2010070305

ぐるっと一回りしてみましたが、馬頭観音がありました。
昔は通行路として使われていたのでしょうね。
池もありましたが、あまりきれいな池ではありませんでした。

町田駅までのんびり戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »