« 芹が谷公園からかしの木山自然公園 | トップページ | 生藤山付近のお花 »

蚕影山から生藤山、陣馬山へ

10日(土)は近場の山歩きへ。

2010071001

上野原駅から井戸行きに乗るのは実は初めて。逆は何度も乗ったことがあったのですけど、やはり反対だとちょっと気分も違いますね。バスがなかなか来なくて、無生野行きや飯尾行きが発車した後にようやくやってきました。ハイカーは10数人というところ。

上岩下で降りるのはもちろん自分だけ。すでに日射しが暑いです。

2010071002

久しぶりの青空山行。でも、丹沢方面はちょっと雲が多いかも。もう夏という感じでした。

2010071003

あまり登る人もいないのでしょう。神社までは参道の登山道がありますが、かなり藪が繁茂していました。前の日の雨なのか朝露なのか、ズボンも濡れてしまいます。

2010071004

途中、踏み跡が分かり難くなったりして、若干道を外しそうになりましたが、なんとか復帰して登っていきます。やはり蜘蛛の巣攻撃をだいぶ受けました。そう言えば、昔、佐野川に下ったことがあるのを思い出しました。

2010071005

古い石仏は道しるべを兼ねているようで、写真では見えませんが、右横の側面に行き先が書かれていました。

2010071006

やがて一般道に出て歩きやすくなります。これはだいぶ風化している石仏。もうお顔も判別がつきにくくなっていますね。大事にしたいものです。

2010071007

甘草水まで登ると、久しぶりに富士山を見ることができました。

2010071008

さらに登って三国山へ。ベンチに座っていると意外に涼しい感じでした。

2010071009

生藤山のこじんまりした山頂は日射しがあって暑い山頂なので通り過ぎただけでした。

2010071010

生藤山から先は決めていませんでしたが、今日は陣馬方面へ歩くことにします。茅丸はこのあたりでは意外ですが1000mを越えています。

2010071011

下っていくのでだんだん暑くなります。グロッキー気味ですが、醍醐丸まで頑張りました。まじめに蒸し暑さもあって辛かったです。

2010071012

醍醐丸からは和田峠に下り、陣馬山に登り返します。前は階段地獄だったような気がしますが、意外にそれほどには感じませんでした。でも、やっぱり陣馬山は日当たりが良すぎて暑い山頂。久しぶりにかき氷を頼んで食べると美味しかったです。やはりかき氷は暑い外で食べるのにかぎりますね。

このあとは一の尾根を下って陣馬登山口へ。バス停が近くなったらバスが走るのが見え、ああ行っちゃったと思ったら、運転手さんが気を利かせて待ってくれたようなので、バス停まで走り、さらに汗だくになってバスに乗り込みました。

« 芹が谷公園からかしの木山自然公園 | トップページ | 生藤山付近のお花 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんにちはー。
この時期の上野原バス停は静かなのでしょうか?
本当に静かな山歩きが出来たようでよかったですね!
というより、地図を広げないと全然コースがわからないのですが(汗)
リブルさんの歩かれるところはいつも地図で確認しないとわからない私です。

富士山・・・こっちも見えていたんですね・・・ウヤラマシイ(~_~;)

>運転手さんが気を利かせて待ってくれたようなので、バス停まで走り、さらに汗だくになってバスに乗り込みました。
あはは(*`▽´*)ありがたいような・・・微妙な感じですか(笑)
でもこの時期車道歩きは辛いですから、よかったですね。

cyu2さん、こんにちは。

やはりこの時期の低山は人が減りますね。
一般登山道に出るまでは静かな山歩きでしたが、やはり笹尾根付近はこんな暑さでも人に結構会いましたよ。
みなさん、物好きだなぁ~って感じでした。

バス停まで結構距離がありましたし、駅まで歩いてもたかだか3、40分くらいなので、
まあいいかという気もしていましたが、せっかく待ってくれたのでしょうがないなぁ、という感じでした。

cyu2さんはこの連休はどこかへお出かけでしょうか。
ここ数年、海の日は外されっぱなしなのですが、今年は珍しくいい天気予報ですね。
果たして当たるのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蚕影山から生藤山、陣馬山へ:

« 芹が谷公園からかしの木山自然公園 | トップページ | 生藤山付近のお花 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ

カウンタ