« 夏の思い出 北アルプス表銀座コース 燕岳~槍ヶ岳2 | トップページ | 表銀座コースのお花達 »

夏の思い出 北アルプス表銀座コース 燕岳~槍ヶ岳3

2からの続きです。

3日目もやっぱり良い天気です。

2010071925

早朝の富士山と八ヶ岳、南アルプスなどのシルエットがいい感じでした。

2010071926

日が出るともう暑い。槍沢の雪渓はだいぶ雪が残っていて、アイゼンもストックもなかったのでちょっと不安でしたが、なんとか下っていきました。

2010071927

ようやく着いた槍沢ロッジ。ここで一休み。しかし、この後もずっと長い歩きが続くんです。

2010071928

約1時間歩くごとに休み、ようやく河童橋へ。観光客に混じって穂高の眺めを撮影。
暑かったですが、やはりいい山でした。

入浴しようと思っていた某温泉旅館(上高地じゃないよ)はすでに廃業していました。なので上諏訪に行き、片倉館で入浴して、ようやく汗を流すことができました。

« 夏の思い出 北アルプス表銀座コース 燕岳~槍ヶ岳2 | トップページ | 表銀座コースのお花達 »

登山(北アルプス)」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー。
スカッとした青空!空気!今年の三連休は数年ぶりに晴れに当たってホント、よかったですね!
私も遠くからリブルさんが槍に張り付いていたのを見てました(笑)

しかし。夜行で燕行って大天井岳までって・・・しかもテントで。ものすごい体力ですね!
というか、そこまで歩けなきゃやっぱり山って無理なのかな・・・としみじみ感じてしまいました。
ま、分相応で楽しむこととします^_^;

cyu2さん、こんにちは。遅くなりました。

cyu2さんは3連休は白山に行かれていたのですね。

大天井まで歩く人は少なくないみたいですよ。
最近はテントも軽くなっているようですし。
自分もそろそろ買い換えを計画中ではありますがなかなか...。
今回はどちらかというと何かあっても予備日もありませんし、できるだけ速攻登山を目指しました。

他の人の事はおいておいて、自分に合ったコースを計画するのが一番ではないかと思います。
速く歩いたから良いというものではないですし、じっくりお花などを楽しみながら、ゆっくり歩くのもまた楽しいと思いますよ。

さすがに七月だと槍沢も雪が多いですね。
あちらも気になるんだけど、あとの長~い林道??歩きがイヤでボクは西鎌行ってしまいましたけど、槍ヶ岳のメインルートはやっぱり槍沢なんですよね。実は去年小屋でいろいろお話をしてようやくわかったのでした(笑)。

日焼けは大変でしたでしょうけど、ぼくも槍沢を歩くなら7月かな~と思っています。(^^)

komadoさん、こんにちは。

やはり槍沢は一度は歩かなければと思っていました。
以前西鎌尾根から登った時は新穂高に降りちゃいました。
まあ、あのときは豪雨注意報が出ていた時でしたし。

しかし、ホントに槍沢は長いです。
横尾あたりがゴールならそれほどではありませんが、その先が長すぎです。

日焼け止めクリームは必要ですね。
今回も入れたと思っていたら、家の机の上にありました。(泣)
でも、ようやくむけた跡が消えてきたようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の思い出 北アルプス表銀座コース 燕岳~槍ヶ岳3:

« 夏の思い出 北アルプス表銀座コース 燕岳~槍ヶ岳2 | トップページ | 表銀座コースのお花達 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ