« 高尾山から城山 | トップページ | 蚕影山から生藤山、陣馬山へ »

芹が谷公園からかしの木山自然公園

最近は山よりも公園巡りの方がメインになっているような気が...。
ということで昨日は町田の公園巡り。

2010070301

町田駅から歩き出し、まずは芹が谷公園へ。
鬱蒼とした感じでちょっと大人の雰囲気。夜は怖そうな感じです。
少し歩くと右の方には水が結構流れていて、なかなかよさげ。
近くにこんな公園があったら、沢音を聞きながら本でも読んで過ごすなんていう週末も良いかななんて思ったりします。

2010070302

蒸し暑いせいか、人は少なめでした。
奥の方へ行くと、普通に広場や大きな噴水があり、国際版画美術館の付近には水遊びができるような所もあって、子供達が遊んでおりました。

2010070303

しばらく歩き、恩田川のそばを歩きます。途中には鉄砲のような大きなレンズを持った人がいました。野鳥の撮影なのでしょう。住宅地の中を緩やかに登り、かしの木山自然公園へ。入ると看板があって、ここには鎌倉古道があったそうです。昔、この道を馬で駆け下りたりしたのでしょうか。

2010070304

やはり静かな公園です。看板があって、野鳥も結構棲息しているようです。蝶も何種類も見掛け、少し追って写真を撮ってみましたが、悲しいかな単焦点一本では写せませんでした。

2010070305

ぐるっと一回りしてみましたが、馬頭観音がありました。
昔は通行路として使われていたのでしょうね。
池もありましたが、あまりきれいな池ではありませんでした。

町田駅までのんびり戻りました。

« 高尾山から城山 | トップページ | 蚕影山から生藤山、陣馬山へ »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芹が谷公園からかしの木山自然公園:

« 高尾山から城山 | トップページ | 蚕影山から生藤山、陣馬山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ