« 表銀座コースのお花達 | トップページ | 中川温泉 ぶなの湯 »

西丹沢の滝巡り

随分時間が経ってしまいましたが、24日(土)は久しぶりに西丹沢へ。
滝巡りをしてきました。

新松田駅から西丹沢行きのバスに乗り、川西橋で下車します。

2010072402

途中にはヤマユリがよく咲いていました。

2010072403

塩沢集落の中を通って沢に出て、鉄板の渡してある仮橋を2つほど渡ると右に小沢があります。その先に塩沢の大滝がありました。本当に大きい滝でしたが、その小沢は結構水量があり、遡るには濡れないと登れないので、手前で諦めました。民家に近い所なのにこんなに大きな滝があるとはびっくりでした。

2010072404

バスで少し移動し、棚沢バス停で下車。キャンプ場の方に声を掛けられ、道を教えてもらいます。橋を渡ったキャンプ場の先で少し登った所にボウズクリノ滝がありました。ここも滝壺までは行かれない様子。やはり手前で諦めました。

2010072405

バス時間までもうすぐだとバス停へ急いだら、日曜日のみ運行の時刻でがっかり。川を見ながら時間を潰して、ようやく来たバスで西丹沢自然教室へ。さすがにこんな時間ではあまり乗っていませんでした。しばらく歩いてキャンプ場跡地からモロクボ沢へ。数日前にかなりの雨が降ったのか、水は澄んでいましたが、水量があって、飛び石でもかなり場所を選ばないといけない状態。沢登りの経験のない自分には辛い道でした。これ以上無かったら戻ろうと思ったら、ようやく滝が出てきました。見応えのある滝でした。でも、下の方は倒木などで荒れていました。

2010072406

沢をしばらく戻ってから山に取り付きます。鹿柵の外を歩きますが、結構危ない感じ。鹿柵を掴みながら登ったりします。蒸し暑くてしんどく、途中で休憩しながらなんとか登っていきます。ようやく着いた1033mのピークは静かな場所でした。

2010072407

1119mのピークに向かいます。尾根が細くなって少し風があって気持ちよくなります。右も左も崩壊が進んでいる小さなキレットのような所を通って登りになります。やっぱり蒸し暑さがきつい。ようやく着いたピークも日当たりがある上に草が多くて、本当に暑い。休む気にならないピークでした。

2010072408

磁石で方向を確認し、下っていきます。思ったよりも早く一般道に出て、すぐ先が善六のタワでした。

2010072409

一般道を下りますが、この道の長いこと。普段の日ならそんなにたいしたことはない道なのかもしれませんが、暑さバテした体には辛い道でした。沢沿いの道が続き、歩きにくいし、堰堤は階段で越えるし、かなり時間がかかりました。多少冷たい沢水で顔を洗えるのが救いでしたが。ようやくこの橋を渡れば西丹沢自然教室でした。

2010072401

番外編:某所でカラスアゲハを見ることができました。自分は初撮影でした。(^^)v

« 表銀座コースのお花達 | トップページ | 中川温泉 ぶなの湯 »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西丹沢の滝巡り:

« 表銀座コースのお花達 | トップページ | 中川温泉 ぶなの湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ