« 上州武尊山 その1 | トップページ | 川場温泉センターいこいの湯 »

上州武尊山 その2

その1からの続きです。

朝は気が付いたらすでに5時。なので6時の出発となりました。

2010091907

事前の天気予報ではくもりのち晴れ。やはり登っていくと霧に巻かれ、ひたすら下を見て登っていきます。途中、鎖場は5箇所ぐらいあり、それなりに頑張りました。意外に早く沖武尊の山頂に着きました。もうすでに裏見の滝の方から登って来た人が一人いました。

2010091908

御嶽山大神という石碑がありました。

2010091909

前武尊を目指します。少し下ると日本武尊像があります。睨みつけられてしまいました。おーこわ。(^^;

2010091910

池などを見ながら歩くと笹清水がありました。この水は甘露で最高に美味しい水。ペットボトル1本しか汲まなかったので後悔しました。ちょろちょろですのでシェラカップを使いました。

2010091911

武尊牧場の分岐。着くと、8時だというのに、もう前武尊から登って来た人に会います。みなさん健脚だなぁ。

2010091912

家の串で休んでいると、ガスが晴れてきました。向こうに見えるのは川場剣が峰、その向こうが前武尊です。

2010091913

剣が峰は巻いて過ぎ、前武尊に着きます。ここにも日本武尊像がありますが、こちらは比較的柔和な表情でした。

2010091914

向こうに見えるのは赤城山とかの方なのかなぁ。

2010091915

気合いを入れ直して点線コースの不動岩コースを選択します。かなり急な下りが続き、不動岩が近づくと鎖場に着きます。しかし、いきなりの鎖場はかなりの急登。テント泊のザックを持って、ほとんど足場もなく、腕の力で登るのはきつい場所でした。その後は急降下、そして急登と、本当に厳しかった。特に最後の不動岩の登りは、鎖を使って登るのは無理と判断し、岩を掴んで危ないトラバースで登りました。後で調べたらこの岩場は巻くことができたみたいでした。この不動岩に着いた時は、足ががくがくしました。

2010091916

これしか撮れなかったけど、こちらから見ると、この左側を通るのですよ。

2010091917

この先も急な下りが続きますが、さすがにもうひどい鎖場はありませんでした。分岐に着いてホッとします。

2010091918

のんびりとハイキング気分で川場尾根を下りました。やはり歩く人が若干少なそうな感じの道でした。久しぶりの旭小屋。

2010091919

川場温泉へ向かいますが、途中、木賊集落のあたりには花咲へ抜ける千貫峠という古い峠道があり、そのあたりに双対道祖神がありました。今は千貫峠は通行できないようです。

2010091920

川場温泉口まで歩きました。

« 上州武尊山 その1 | トップページ | 川場温泉センターいこいの湯 »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上州武尊山 その2:

« 上州武尊山 その1 | トップページ | 川場温泉センターいこいの湯 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ