« 稲城の温泉 季乃彩(ときのいろどり) | トップページ | 富士見台から城山 »

九竜山からクロノ尾山(江戸小屋尾根、中尾根)

先週の日曜日は久しぶりに奥多摩へ。

小菅行きのバスは立ち乗り客も多かったです。自分はすぐに下車するので前の方へ。

2010092601

病院前バス停で下車し、裏手の山へ登ると小祠がありました。

2010092602

台風一過でいい天気。そんな時に蜘蛛の巣攻撃を受けながら登っていきます。でも九竜山手前は伐採されていい眺めでした。

2010092603

かなり藪っぽい尾根を登っていきます。九竜山の山頂には「九重山」と書かれたプレートがありました。宮内敏雄氏「奥多摩」でも九竜山となっています。なかなか地名は何が正しいのか分かりませんけど、藪山であることには間違いないようです。

2010092604

江戸小屋山を過ぎると、やはり伐採地があってかなり藪。ひたすら頑張って登ると鞘口山に飛び出ました。

2010092605

しばらく一般登山道を歩きます。二人ほど会いましたが、静かな歩き。クロノ尾山に着いたのはまだ10時20分。でも、ここから下山します。

2010092606

中尾根の入口は比較的分かりやすかったです。途中にはオクモミジハグマが咲いておりました。

2010092607

朝の良い天気は終わり、曇ってきました。尾根の途中には祠があります。

2010092608

かわいい石像があります。昭和15年日本山岳案内Ⅱに中尾根が紹介されており、「杵臼山にある様な怪異な犬とも狐ともつかぬ狛犬が、祠前に置かれてあり、」と書かれていました。後側にある石像のことでしょうか。

2010092609

ちょっと途中でだいぶ惑わされました。正しい尾根なのか半信半疑で下ると尾根らしくなって正しい尾根を下っていることが分かりました。結局、檜原ウッディハウスの裏手に降りたつことができました。

神戸岩(かのといわ)に行ってみます。ここは東京都の天然記念物に指定されています。

2010092610

鎖の付いた岩場が探勝路になっています。しかし、ちょっと短いのが残念な所。
でも、なかなか楽しめました。車で来ても、駐車スペースがあります。

2010092611

神戸岩入口バス停まで歩きましたが、まだ40分以上あったので払沢の滝入口を目指して歩きました。でもとうげん橋バス停まで来ると残り10分。ここで打ち切ってバスを待ちました。

« 稲城の温泉 季乃彩(ときのいろどり) | トップページ | 富士見台から城山 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九竜山からクロノ尾山(江戸小屋尾根、中尾根):

« 稲城の温泉 季乃彩(ときのいろどり) | トップページ | 富士見台から城山 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ