« 古部山から勝沼尾根 | トップページ | 女峰山 その2 »

女峰山 その1

23日(土)から24日(日)は女峰山に行ってきました。

田母沢バス停で下車して歩き出します。

2010102401

朝はすごーい、いいお天気。バスからは本当にすぐ近くに女峰山が見えてすごい景色でした。
寂光の滝に向かうと遙かかなたに女峰山が見えて、あんな所まで行くの?という感じでした。

2010102402

寂光の滝の駐車場の先には鳥居があり、その先には神社がありました。

2010102403

どうも滝の写真は苦手です。この滝は七段に別れているそうなので、下からでは全部は見えないみたいです。

2010102404

登山道に入るとかなりの急登になります。あまり人が歩かないみたいで踏み跡も薄い感じ。もう少し色がよければと思いますが、贅沢を言ってはいけませんね。

2010102405

やがて笹の中の小道になります。だいぶ笹がかぶってかき分けるような感じの所が続きます。

2010102406

裏見の滝との合流に着きます。見る感じ、そちらもあまり歩かれていないなぁ。

2010102407

天気が悪くなってきました。ところどころ紅葉を見ることができます。

2010102408

左の木に標識が付いているのが分かりますでしょうか?これがなかったら迷いそうな所です。

2010102425

荒沢出合に着きます。ガスってきて、立ち止まっていると寒くなるので一枚着ます。ちょうどお昼だったのでここで昼食。

2010102409

途中、ちょっとバテましたが、なんとか水場へ。水場の手前で汲んでしまいましたが、しっかり出ていました。きつい登りをしばらくで眺めのあるところに出ます。男体山が雲海からぽっかりと出ていました。

2010102410

ようやく着いた唐沢避難小屋。前よりも外壁はきれいになったみたいですね。
この日は6人ほどの宿泊。地元のおばさんが山頂を往復してきて、槍ヶ岳も見えたとはなしていました。

その2に続く。

« 古部山から勝沼尾根 | トップページ | 女峰山 その2 »

登山(尾瀬・日光)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女峰山 その1:

« 古部山から勝沼尾根 | トップページ | 女峰山 その2 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ