« 川場温泉センターいこいの湯 | トップページ | 九竜山からクロノ尾山(江戸小屋尾根、中尾根) »

稲城の温泉 季乃彩(ときのいろどり)

先日、稲城の温泉に行ってきました。

2010092001

南武線の南多摩駅という降りたことのない駅で下車。坂を少し登って5~6分ほどの所にありました。入浴料は後払い制で土日900円でした。

お風呂はいろいろ種類がありますが、やはりまずは内湯の温泉へ。茶褐色のお湯で入った時は少しぬるつきがありました。これは循環しているようですが、あまり循環臭は感じず、悪くない感じでした。

外の露天風呂に行ってみると循環浴槽と源泉掛け流し浴槽があります。やはり掛け流し浴槽に期待していたので入ってみましたが、行った日はかなり混雑していたのに加えて子供がタオルを浴槽につけていたりして、浴槽のお湯はいまいちきれいとは言い難い感じ。かえって循環浴槽のお湯の方が良い感じに思えました。

しばらく露天風呂にいましたが、この日は結構気温も上がって暑い上に風もあまりない感じ。内湯の窓のあたりにいると中に吹き込む風が気持ちよく、内湯の窓際を占有してしばらく入っていました。

自分は温泉オンリーで入りませんでしたが、炭酸泉やサウナなどもあるようです。

かなり温まるお湯で秋から春にかけてはいいお湯だと思います。
ただ、やはり人が多いので自分にはちょっとなぁ、という感じでした。

« 川場温泉センターいこいの湯 | トップページ | 九竜山からクロノ尾山(江戸小屋尾根、中尾根) »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稲城の温泉 季乃彩(ときのいろどり):

« 川場温泉センターいこいの湯 | トップページ | 九竜山からクロノ尾山(江戸小屋尾根、中尾根) »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ