« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

肝要峠から大澄山へ

28日(土)は低い所を歩いてきました。

2010112701

武蔵五日市駅からつるつる温泉行きのバスに乗り、慶福寺バス停で下車して歩き出します。小沢沿いの道は細いけれど、たまに歩く人がいるようでした。

2010112702

沢から登っていくと肝要峠に出ます。林道が通っていて今はとても峠とは感じられない場所。肝要への道標があるだけでした。

2010112703

林道をしばらく歩いてから梅ヶ谷峠に向かいます。踏み跡を辿っていくとたまに分岐がありますが、一番踏まれている踏み跡を辿りました。高度を下げて道路に出る寸前の所に石仏などがあります。石仏の写真も撮ったのですが、お顔が崩れかけていて悲しい感じなので写真を載せるのは止めました。

2010112704

急登を登り返して登り着いた所から曲がって愛宕山へ。

2010112705

低い割にはなかなかの眺めでした。

2010112706

分岐に戻ってさらに先へ行くと、普通のハイキングコースになって道標が出てきます。しばらく歩いていくと、要害山に着きました。でも、あまり山頂らしくない感じ。

2010112707

またしばらく歩いて、天狗岩への道に入ると、紅葉の雰囲気がいい感じでした。

2010112708

天狗岩の先端まで行ってみました。こちらも愛宕山同様の眺めでした。

2010112709

また少し歩いて、赤ぼっこに着きます。こちらは以前来たときとは違ってかなり広範囲に伐採されて眺めがとても良くなっていました。

2010112710

下っていくと廃棄物処分場の横を通る道になります。施設が見えて騒音が聞こえてきます。馬引沢峠はもう峠ではなく、行き止まりになってしまっています。このあたりからマウンテンバイカー天国になっているようです。

2010112711

旧二ツ塚峠に着きます。ここには牧水の「野の坂の 春の木立の葉がくれに 古き宿見ゆ 武蔵の青梅」が書かれていました。この峠を歩いたのでしょうか。

2010112712

二ツ塚の由来が書かれた看板はもう古くなって壊れていました。

2010112713

途中、秋川街道を渡った所までは良かったのですが、その先で自転車が通る道に惑わされ、道迷いをして20分くらいロスしてしまいました。なんとかここに出て、正しい道を歩けことで安心しました。

2010112714

このあたりはなかなかきれいな森があります。

2010112715

ゴルフ場横の道になります。もうこんな所はハイキングの対象じゃないですね。キャディーさんの「フォアー」の声が聞こえてきたりして苦笑。でも、紅葉がきれいです。

2010112716

浅間岳には立派な休憩舎がありますが、ゴルフ場横では。眺めもない場所でした。

2010112717

なかなかオレンジ色もきれい。

2010112718

クラブハウス横を通って下り、住宅地の裏手のような所を通って、道路に降り立ちます。しばらく住宅地の横を歩いてから大澄山へ。三角点に行こうかと思いましたが、途中に倒木があったりして、藪の中を歩く気もなく、めんどくさくなって止めました。休憩舎のある場所には木の杭がありました。

2010112719

なんとか福生駅まで歩きました。結構疲れました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川治温泉 薬師の湯

龍王峡、南平山の帰りは川治温泉で入浴です。

2010112034

薬師の湯は鬼怒川のそばにある温泉。入浴料は500円です。こちらは内湯のみです。
入って券売機で券を買っておじさんに手渡します。外の露天風呂も入れますということでした。

まずは建物内のお風呂へ。最近建てられたのか、脱衣場も洗い場もこぎれいで清潔感があります。内湯へ入ると、少しぬるめのいいお湯。長湯するにはぴったりです。ちょっと小さめなのが残念な所。

お湯はどうかというと、単純泉ですけど、久しぶりに温泉臭があって、気持ちのいいお湯。半露天風呂みたいな感じになっているので、ちょっと寒い時期は辛いかもしれませんが、急がない時にはこういうお風呂にのんびり浸かって、何度も出たり入ったりするのがいいですね。外は目隠しがしっかりありますが、その間からは鬼怒川が見えて、いい感じです。

もっと長湯したい所ですが、ここでのぼせてしまうと外の露天風呂が辛くなるので、適当な所で切り上げて上がります。建物を出て、わずかに先へ行くと、露天風呂と半露天風呂があります。露天風呂は目の前の旅館から丸見え。まあ、男の裸なんか見てもしょうがないから見る人もいないとは思いますけど、やはり自尊心が。(^^;

ということで、一応、目隠しのある半露天風呂へ。ちょっと岩風呂風の感じのあるお風呂は結構広いけどわずかに熱め。それでも長湯するにはいい感じです。お湯は掛け流しらしく、こちらもなかなかいいお湯でした。でも、やっぱり建物内の内湯のお湯が新鮮で良かったです。戻ろうかとも思いましたけど、面倒なので止めました。

充分に温まっていい温泉でした。ここは、また来たいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南平山

龍王峡からの続きです。

2010112021

川治温泉駅の分岐を過ぎてさらに先へ行くと、南平山の分岐がありました。書いてある内容を読むと山頂往復5時間と書かれています。しかし、標高1000mちょっとの山だし、このあたりでも標高400mぐらいはあるので、そんなにかかるのかなぁと半信半疑。

2010112022

結構急斜面ですが、じぐざぐにうまく道が付けられていて意外に登りやすい道です。でもちょっと細いかな。きれいな森があります。

2010112023

しばらく登ると真っ赤な紅葉が。しかも横のオレンジ色の木も素晴らしく、しばらく上を眺めていました。

2010112024

紅葉のきれいな所はやはり下部の方でしばらく堪能しながら登っていきました。登りが一段落すると鉄塔に着きました。対岸の山も下部のオレンジ色がきれいでした。上の方は落葉しているようです。

2010112025

きれいな森の中をどんどん登っていきます。さっきまであんなに天気が良かったのに、黒っぽい雲がやってきて曇ってしまいました。落ち葉で道が少し分かり難い所もありますが、200mごとに看板がありますので安心できます。

2010112026

しっとりした紅葉も悪くありませんね。

2010112027

木の間からは遠くに良さそうな山が。あれは高原山でしょう。登ってみたいけど、バスがなくなってしまった今では車がないと厳しい山ですね。

2010112028

途中にあずまやを見て、さらに登っていき、ようやく山頂に着きました。これは山名板をつけすぎでしょう。木がちょっとかわいそうです。

2010112029

三等三角点がありました。その横で昼食。この山は平家の黄金伝説がある山で、看板がありました。

2010112030

他に道はないので同じ道を戻ります。なぜか山頂を下ってしばらくすると青空が戻ってきました。

2010112031

また先ほどの木の所まで戻ってきました。何度みても素晴らしい紅葉でほれぼれしてしまいました。登山道を往復して、この山ではとうとう誰一人会いませんでした。思ったよりも人の気配のない山です。こんな素晴らしい紅葉を一人占めしたような気がしました。やはり山を普段から歩いている人ならば、5時間はオーバーなようです。

2010112032

遊歩道をしばらく歩くと、あじさい公園がありますが、そこにもきれいな木がありました。

2010112033

黄金橋の先の山が光を浴びてこれまたきれいでした。

2010112035

薬師の湯でのんびり入浴した後、川治湯元駅へ。静かな駅にはやはり委託なのか女性の方が切符を売っていました。途中まで各駅停車の区間快速でのんびり帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍王峡

20日(土)は龍王峡へ。

2010112001

前日はくもりのち晴れという天気予報だったのであまり期待していなかったのですが、予想外に素晴らしいお天気。東武線の快速がそのまま野岩鉄道に入って龍王峡駅で下車します。民間委託か女性の駅員さんが切符を回収していました。

2010112002

大きな駐車場があって、土産物屋さんの先から下っていきます。やはり観光地なのか観光客多数。山のザックを背負っているとかなり浮いてました。虹見の橋があります。朝ではもうちょっと時間が経たないと虹は無理ですね。

2010112003

虹見橋から見る龍王峡。もう紅葉は終わりかけの雰囲気でした。

2010112004

橋を渡って歩いていると、下に水が見えますがエメラルドグリーンできれいですね。

2010112005

2010112006

2010112007

色づいている木が結構ありました。しかし、そんな紅葉にみとれて、遠くにあった紅葉の木に近づこうとしたら、いきなりズボッと沼にはまってしまいました。一面に落ち葉があって、境目がまったく分からない状況で、最初は何が起きたのか一瞬理解できませんでした。すっかり靴やズボンの裾が泥だらけに。気を取り直して歩き出します。

2010112008

むささび橋で渡り返します。ここから先が核心部分。

2010112009

道は整備されていますが、観光客向けというよりは、ハイキングコースに近い感じです。

2010112010

これは五光岩。穴の空いた岩がありますが、分かりますでしょうか。その下に水が溜まり、五光がさしているように見えるのでその名が付いたそうです。他にも「兎はね」「かめ穴」などの見所があります。

2010112012

白岩園地付近もきれいな森を上に見ますが、白岩半島に入ると、もう冬枯れの雰囲気。静かな感じになります。回り込むと、返り咲きのツツジが咲いていました。

2010112013

しばらく歩くとよい道になります。このあたりは黄葉が結構いい感じでした。

2010112014

浜子橋を渡ります。このあたりまで来るともう龍王峡は終わりです。

2010112017

ゆったりと鬼怒川が流れています。

2010112015

途中渓谷沿いのコースもあって、分岐がありましたが、先を急ぐのでそのまま登って林道へ。暗いトンネルを抜けます。途中からみる鬼怒川もわるくないものです。

2010112016

車の走る道路を横断して川治温泉駅が近くなると、のんびりした感じになります。石仏が見守っておりました。

南平山に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神庭尾根から笙の岩山、松岩尾根

14日(日)はあんまり天気が良くなさそうだったので軽めのコースへ。

2010111401

バス停を桜平で下車して神庭尾根に向かいます。植林の中の急登をこなした後、ようやく色づいた木が出てきます。向こうは狩倉山かな。

2010111402

登っていくと、予想外に紅葉がいい森の所を通ります。

2010111403

きれいな尾根を登っていきます。

2010111404

向こうの方がきれいと思ったけれど、急斜面で近づけませんでした。

2010111405

かなり赤い木もあって感激。自分は紅葉初心者(?)なのか、やはり鮮烈な赤色が好きです。

2010111406

さすがに上部はもう終わりかけている感じがあります。

2010111407

随分久しぶりに笙の岩山にきました。昔、鳥屋戸尾根を通って蕎麦粒山に登ったことがありますが、その時は藪っぽい山頂でした。ところが、その藪が一切無くなっていてきれいな山頂に変わっていてびっくりでした。

2010111408

しばらく蕎麦粒山方面に向かいます。

2010111409

塩地の頭付近からは大きな川苔山を見ることができます。

2010111410

途中から松岩尾根に入ります。最初は緩やかですが、小さなギャップを越えると急降下。

2010111411

途中から作業道に入って作業用の小屋を見掛ける所までは上出来でしたが、その後は踏み跡を途中で見失います。仕方ないのでかなりの急斜面を降下。何事もなく、涸れ沢の横にある別な作業小屋のあたりに降り立ちましたので、事なきを得ましたが、結構ひやひやものでした。

2010111412

作業用の踏み跡で下り、ようやく川乗林道に出ました。

2010111413

紅葉を楽しみながら林道を下ります。

2010111414

川乗山の斜面も色づいています。

2010111415

川乗谷の上流、このあたりは川乗谷じゃなくて、塩地谷なのかな、は紅葉が良いときのようです。最高の年ならもっとすごいのでしょうね。

2010111416

バス停に着きますが、お昼過ぎでしばらくバスがない時間でした。

2010111417

仕方ないので、日原川の紅葉を見ながら下っていきます。大沢のマス釣り場あたりの紅葉もなかなかでした。奥多摩駅まで歩きました。

あまりこのblogで書いてきませんでしたけど、こういう尾根歩きは一般登山道ではありません。写真で見るだけならいいですけど、こんな尾根を歩こうという方は地形図はもちろん、それなりの装備と充分な準備が必要です。それに事故があってもなかなか助けを呼ぶことも難しく、また、地元の方にも迷惑を掛けますので、絶対に事故を起こしてはなりません。

ちなみに、松岩尾根の下降はまだ朝10時過ぎ頃でしたし、どうしてもだめなら、まだ登り返しても時間的、体力的にも充分に行けるだろうという余裕がありました。ですから、山は早朝出発が原則です。林道を下っていた途中の登山道分岐で、川苔山にお昼頃から登ろうという人達が結構いるのを見掛けました。だいぶ日暮れが早くなってきたこの季節、何かあったらすぐに暗くなってしまいますので、もっと早く登った方がいいと思います。やかましいようですが、登山は安全第一だと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大羽根山から浅間峠

日曜日は恒例のHgさん主催のオフ会に参加しました。

2010110701

数馬行きのバスを浅間尾根登山口で下車して歩き出します。紅葉は少し早めかという感じがありますが、少し離れた所には結構色のいい木もありました。

2010110702

残念ながらくもりのせいか、もうひと声欲しい所ではありますが、それでもやはり秋色。

2010110703

大羽根山に近づいた所からの一枚。三頭山方面が良い感じ。でも上の方は終わりかけかなぁ。

2010110704

こんなに花付きのよいリンドウがあって、しかも開いているのにはびっくり。

2010110705

久しぶりにオヤマボクチを見ました。

2010110706

大羽根山の山頂で一休み。前は藪のバリエーションコースだったこのコースも今は一般登山道です。

2010110707

大岳山方面の眺めに気を取られていて、ふと後を見ると、こちらもいい感じ。

2010110708

笹尾根目指して登っていきます。笹尾根の稜線はちょっと植林が多いのが残念な所。

2010110709

少し晴れ間が見え、薄日もさしてきました。やはり光が当たると紅葉の色合いも違いますね。

2010110710

黄葉がいい木がありました。

2010110711

悪くはありませんが、いつもの年ならきっともっと色が...。

2010110712

土俵岳からはしっかり富士山を見ることができました。しかし、だいぶ樹林が伸びてわずかに見えるだけになってしまいましたね。途中にいっきさんお勧めの広葉樹があるそうですが、まったく紅葉していなかったそうです。

2010110713

日原峠のお地蔵さんは、前掛け復活!

2010110714

浅間峠から下ります。このあたりも紅葉があと一歩。

2010110715

バスが少ないので、ちょっと急ぎ足になりました。下の方はまだサラシナショウマが咲いていました。

企画して頂いたHgさんmoguさんいっきさん、hillwalkerさん、Sさん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥屋山北尾根から倉岳山

ハードな仕事の後はソフトな山行、ということで6日は倉岳山に行きました。

2010110601

比較的ゆっくり目に家を出て、梁川駅を降りたのは9時少し前。やはりいい天気のようです。駅前から倉岳山(奥の山)が眺められます。

2010110613

しばらく道路歩き。双対道祖神がありました。とっても仲がよさそうですね。

2010110602

鳥屋山北尾根に取り付きます。取り付きはちょっと藪を分けましたが、すぐに踏み跡を見つけて登ります。

2010110603

途中も特に藪はなく、思ったより歩きやすい尾根。比較的傾斜も緩く、わずかに急登がありましたがトラロープが付いていました。しかし、こんな山歩きで前を歩く人がいてびっくり。鳥屋山で追いつきました。

2010110604

わずかに紅葉している木がありましたが、やはり少し早い感じです。

2010110605

細野山の手前あたりで富士が見えました。冠雪がやはり秋を感じさせますね。

2010110606

久しぶりの倉岳山の登りはちょっときつかったです。山頂からの富士を期待していましたが、もう雲がかかってしまっていました。山頂にいた人が話していた内容からするとタッチの差だったようです。でも、反対側の権現山、扇山方面はよく見えていました。

2010110607

北西尾根を下ろうかと思ってしばらく下り口を探しましたが、見あたらず。北東尾根は下ったことがあるので、そちらでもいいかと思ったら、ザックに磁石が入っていなかったので今回は諦めて、久しぶりに一般道を穴路峠へ。

2010110608

穴路沢に出ると、ごく小さな滝があります。

2010110609

ふと上を見上げると、大トチの木がありました。

2010110610

一般道にしては沢に近い所で2度ほど飛び石を渡らされます。が、結構水量があって注意しなければなりません。どこがルートかふと探してしまうような所もありました。まあ、テープが付けられているので、探せば必ず出てきます。寄り添うような仲むつまじい夫婦杉がありました。

2010110611

降りた所からの扇山の眺めはなかなかのもの。確かに扇を開いた形ですね。

2010110612

遠くには雁ヶ腹摺山がよく見えました。鳥沢駅まで歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

代官屋敷跡と世田谷城跡

先週日曜日は散歩に出掛けました。

2010103101

下高井戸から世田谷線に乗って世田谷駅で下車します。電車と言っても路面電車+αという感じで、なんとなく都会のローカル色があっていい感じでした。でも、結構混んでいるみたいです。

2010103102

ちょうど駅前では祭りをやっていて、バンド演奏なんかもあって賑やかでしたが、住宅地に入ると静かな感じになり、しばらく歩けば代官屋敷跡でした。井伊家の代官に起用された大場家が住居兼役所として使っていたものらしく、1700年代の家だそうです。この写真は表門です。

2010103103

白州の通用門がありました。ちなみに小さいですが白州跡もありました。裏手には区立の資料館もあり、久しぶりに竜と虎の屏風などを見ました。

2010103104

しばらく歩いて世田谷城跡公園へ。

2010103105

世田谷城は吉良氏の城だったそうです。空堀跡が今でも残されています。ただ、残念なのは公園自体は小さいこと。元々の城の最南端のごく一部だけみたいです。

2010103106

すぐ近くの豪徳寺に行きます。ここは井伊家の菩提寺で、桜田門外の変で暗殺された井伊直弼の墓がありました。回りは井伊家の近親者の墓が多く、やはりその一角は異様な雰囲気がありました。

2010103107

三重の塔もありました。

2010103108

ついでに赤堤砦跡へ。世田谷城が見張りをおいて守らせたらしいということですが、今は善性寺というお寺があるだけで、あまり城跡という感じではありませんでした。
豪徳寺駅から小田急線で帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光徳温泉 日光アストリアホテル

女峰山の帰りは光徳温泉で入浴します。

2010102424

入浴料は1000円です。
内湯は二つに分かれてますが、小さな一つはただのお湯のようです。

お湯は硫黄泉で、含硫黄-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩-炭酸水素塩泉だったかな?
共同源泉のようですが、どうも日光湯元からの引き湯みたいですね。
白濁していて、わずかにグリーンがかった色になっています。
もちろんたっぷりと硫黄の香りがあります。
内湯はぬるめでのんびり浸かるのに最適でした。

外の露天風呂は若干熱めになっています。でも、空気がかなり冷えていたので、それぐらいでちょうどいい感じでした。
充分にいいお湯で癒されました。

目の前のバス停からバスに乗りましたが、さすがに紅葉渋滞で1時間遅れて日光駅に着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女峰山 その2

その1からの続きです。

2010102411

小屋前からも富士山がばっちりでした。
でも、次の日は天気予報通り、晴れてはくれませんでした。

2010102412

ちょっときつい登りを頑張ると女峰山に着きます。これから歩く山々が見えます。右から帝釈山、小真名子山、大真名子山、男体山です。

2010102413

雲がどんよりですが、今日も富士山が見えています。

2010102414

真ん中は燧ヶ岳、その左の平な山は平ヶ岳でしょう。他にも飯豊連峰や南アルプスなど意外に遠望することができました。
帝釈山へは細い稜線。小さなアップダウンですが、最初の下りはちょっと高度感があります。岩場を登る所もあったりして、なかなかです。

2010102415

帝釈山から急降下で富士見峠。林道と言っても車は入れないですね。

2010102416

小真名子山に登りますが、なかなかきつい登り。ロープが付いている所もあります。でも、前回ほどにはきつく感じなかったです。意外にあっけなく、山頂に。三等三角点がありました。

2010102417

また急降下で鷹の巣、それから登り返します。斜度は小真名子山よりも緩いです。銅像が見えれば、大真名子山の山頂でした。銅像は天保時代のもののようです。

2010102418

もう女峰山からこんなに来たのですね。

2010102419

急降下を下っていきます。途中には鎖場や鉄梯子がありますが、それほどではありません。そろそろ林道に出ると思う頃にやはり銅像がありました。木が倒れていましたが、わずかにずれたようで、奇跡的に助かっているようです。

2010102420

きれいなカラマツ林の中を通って志津乗越に着きます。

2010102421

長い林道歩きになりますが、途中から太郎山が見え、カラマツの紅葉がなかなかいい感じでした。

2010102422

途中、きれいな紅葉の所がありました。

2010102423

かなり下って、少し遠くの紅葉がいい感じでした。光徳温泉まで歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »