« 川治温泉 薬師の湯 | トップページ | 矢倉岳オフ »

肝要峠から大澄山へ

28日(土)は低い所を歩いてきました。

2010112701

武蔵五日市駅からつるつる温泉行きのバスに乗り、慶福寺バス停で下車して歩き出します。小沢沿いの道は細いけれど、たまに歩く人がいるようでした。

2010112702

沢から登っていくと肝要峠に出ます。林道が通っていて今はとても峠とは感じられない場所。肝要への道標があるだけでした。

2010112703

林道をしばらく歩いてから梅ヶ谷峠に向かいます。踏み跡を辿っていくとたまに分岐がありますが、一番踏まれている踏み跡を辿りました。高度を下げて道路に出る寸前の所に石仏などがあります。石仏の写真も撮ったのですが、お顔が崩れかけていて悲しい感じなので写真を載せるのは止めました。

2010112704

急登を登り返して登り着いた所から曲がって愛宕山へ。

2010112705

低い割にはなかなかの眺めでした。

2010112706

分岐に戻ってさらに先へ行くと、普通のハイキングコースになって道標が出てきます。しばらく歩いていくと、要害山に着きました。でも、あまり山頂らしくない感じ。

2010112707

またしばらく歩いて、天狗岩への道に入ると、紅葉の雰囲気がいい感じでした。

2010112708

天狗岩の先端まで行ってみました。こちらも愛宕山同様の眺めでした。

2010112709

また少し歩いて、赤ぼっこに着きます。こちらは以前来たときとは違ってかなり広範囲に伐採されて眺めがとても良くなっていました。

2010112710

下っていくと廃棄物処分場の横を通る道になります。施設が見えて騒音が聞こえてきます。馬引沢峠はもう峠ではなく、行き止まりになってしまっています。このあたりからマウンテンバイカー天国になっているようです。

2010112711

旧二ツ塚峠に着きます。ここには牧水の「野の坂の 春の木立の葉がくれに 古き宿見ゆ 武蔵の青梅」が書かれていました。この峠を歩いたのでしょうか。

2010112712

二ツ塚の由来が書かれた看板はもう古くなって壊れていました。

2010112713

途中、秋川街道を渡った所までは良かったのですが、その先で自転車が通る道に惑わされ、道迷いをして20分くらいロスしてしまいました。なんとかここに出て、正しい道を歩けことで安心しました。

2010112714

このあたりはなかなかきれいな森があります。

2010112715

ゴルフ場横の道になります。もうこんな所はハイキングの対象じゃないですね。キャディーさんの「フォアー」の声が聞こえてきたりして苦笑。でも、紅葉がきれいです。

2010112716

浅間岳には立派な休憩舎がありますが、ゴルフ場横では。眺めもない場所でした。

2010112717

なかなかオレンジ色もきれい。

2010112718

クラブハウス横を通って下り、住宅地の裏手のような所を通って、道路に降り立ちます。しばらく住宅地の横を歩いてから大澄山へ。三角点に行こうかと思いましたが、途中に倒木があったりして、藪の中を歩く気もなく、めんどくさくなって止めました。休憩舎のある場所には木の杭がありました。

2010112719

なんとか福生駅まで歩きました。結構疲れました。

 

« 川治温泉 薬師の湯 | トップページ | 矢倉岳オフ »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肝要峠から大澄山へ:

« 川治温泉 薬師の湯 | トップページ | 矢倉岳オフ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ