« 女峰山 その1 | トップページ | 光徳温泉 日光アストリアホテル »

女峰山 その2

その1からの続きです。

2010102411

小屋前からも富士山がばっちりでした。
でも、次の日は天気予報通り、晴れてはくれませんでした。

2010102412

ちょっときつい登りを頑張ると女峰山に着きます。これから歩く山々が見えます。右から帝釈山、小真名子山、大真名子山、男体山です。

2010102413

雲がどんよりですが、今日も富士山が見えています。

2010102414

真ん中は燧ヶ岳、その左の平な山は平ヶ岳でしょう。他にも飯豊連峰や南アルプスなど意外に遠望することができました。
帝釈山へは細い稜線。小さなアップダウンですが、最初の下りはちょっと高度感があります。岩場を登る所もあったりして、なかなかです。

2010102415

帝釈山から急降下で富士見峠。林道と言っても車は入れないですね。

2010102416

小真名子山に登りますが、なかなかきつい登り。ロープが付いている所もあります。でも、前回ほどにはきつく感じなかったです。意外にあっけなく、山頂に。三等三角点がありました。

2010102417

また急降下で鷹の巣、それから登り返します。斜度は小真名子山よりも緩いです。銅像が見えれば、大真名子山の山頂でした。銅像は天保時代のもののようです。

2010102418

もう女峰山からこんなに来たのですね。

2010102419

急降下を下っていきます。途中には鎖場や鉄梯子がありますが、それほどではありません。そろそろ林道に出ると思う頃にやはり銅像がありました。木が倒れていましたが、わずかにずれたようで、奇跡的に助かっているようです。

2010102420

きれいなカラマツ林の中を通って志津乗越に着きます。

2010102421

長い林道歩きになりますが、途中から太郎山が見え、カラマツの紅葉がなかなかいい感じでした。

2010102422

途中、きれいな紅葉の所がありました。

2010102423

かなり下って、少し遠くの紅葉がいい感じでした。光徳温泉まで歩きました。

« 女峰山 その1 | トップページ | 光徳温泉 日光アストリアホテル »

登山(尾瀬・日光)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女峰山 その2:

« 女峰山 その1 | トップページ | 光徳温泉 日光アストリアホテル »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ