« 光徳温泉 日光アストリアホテル | トップページ | 鳥屋山北尾根から倉岳山 »

代官屋敷跡と世田谷城跡

先週日曜日は散歩に出掛けました。

2010103101

下高井戸から世田谷線に乗って世田谷駅で下車します。電車と言っても路面電車+αという感じで、なんとなく都会のローカル色があっていい感じでした。でも、結構混んでいるみたいです。

2010103102

ちょうど駅前では祭りをやっていて、バンド演奏なんかもあって賑やかでしたが、住宅地に入ると静かな感じになり、しばらく歩けば代官屋敷跡でした。井伊家の代官に起用された大場家が住居兼役所として使っていたものらしく、1700年代の家だそうです。この写真は表門です。

2010103103

白州の通用門がありました。ちなみに小さいですが白州跡もありました。裏手には区立の資料館もあり、久しぶりに竜と虎の屏風などを見ました。

2010103104

しばらく歩いて世田谷城跡公園へ。

2010103105

世田谷城は吉良氏の城だったそうです。空堀跡が今でも残されています。ただ、残念なのは公園自体は小さいこと。元々の城の最南端のごく一部だけみたいです。

2010103106

すぐ近くの豪徳寺に行きます。ここは井伊家の菩提寺で、桜田門外の変で暗殺された井伊直弼の墓がありました。回りは井伊家の近親者の墓が多く、やはりその一角は異様な雰囲気がありました。

2010103107

三重の塔もありました。

2010103108

ついでに赤堤砦跡へ。世田谷城が見張りをおいて守らせたらしいということですが、今は善性寺というお寺があるだけで、あまり城跡という感じではありませんでした。
豪徳寺駅から小田急線で帰りました。

« 光徳温泉 日光アストリアホテル | トップページ | 鳥屋山北尾根から倉岳山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代官屋敷跡と世田谷城跡:

« 光徳温泉 日光アストリアホテル | トップページ | 鳥屋山北尾根から倉岳山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ