« 南平山 | トップページ | 肝要峠から大澄山へ »

川治温泉 薬師の湯

龍王峡、南平山の帰りは川治温泉で入浴です。

2010112034

薬師の湯は鬼怒川のそばにある温泉。入浴料は500円です。こちらは内湯のみです。
入って券売機で券を買っておじさんに手渡します。外の露天風呂も入れますということでした。

まずは建物内のお風呂へ。最近建てられたのか、脱衣場も洗い場もこぎれいで清潔感があります。内湯へ入ると、少しぬるめのいいお湯。長湯するにはぴったりです。ちょっと小さめなのが残念な所。

お湯はどうかというと、単純泉ですけど、久しぶりに温泉臭があって、気持ちのいいお湯。半露天風呂みたいな感じになっているので、ちょっと寒い時期は辛いかもしれませんが、急がない時にはこういうお風呂にのんびり浸かって、何度も出たり入ったりするのがいいですね。外は目隠しがしっかりありますが、その間からは鬼怒川が見えて、いい感じです。

もっと長湯したい所ですが、ここでのぼせてしまうと外の露天風呂が辛くなるので、適当な所で切り上げて上がります。建物を出て、わずかに先へ行くと、露天風呂と半露天風呂があります。露天風呂は目の前の旅館から丸見え。まあ、男の裸なんか見てもしょうがないから見る人もいないとは思いますけど、やはり自尊心が。(^^;

ということで、一応、目隠しのある半露天風呂へ。ちょっと岩風呂風の感じのあるお風呂は結構広いけどわずかに熱め。それでも長湯するにはいい感じです。お湯は掛け流しらしく、こちらもなかなかいいお湯でした。でも、やっぱり建物内の内湯のお湯が新鮮で良かったです。戻ろうかとも思いましたけど、面倒なので止めました。

充分に温まっていい温泉でした。ここは、また来たいですね。

« 南平山 | トップページ | 肝要峠から大澄山へ »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川治温泉 薬師の湯:

« 南平山 | トップページ | 肝要峠から大澄山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ