« 代官屋敷跡と世田谷城跡 | トップページ | 大羽根山から浅間峠 »

鳥屋山北尾根から倉岳山

ハードな仕事の後はソフトな山行、ということで6日は倉岳山に行きました。

2010110601

比較的ゆっくり目に家を出て、梁川駅を降りたのは9時少し前。やはりいい天気のようです。駅前から倉岳山(奥の山)が眺められます。

2010110613

しばらく道路歩き。双対道祖神がありました。とっても仲がよさそうですね。

2010110602

鳥屋山北尾根に取り付きます。取り付きはちょっと藪を分けましたが、すぐに踏み跡を見つけて登ります。

2010110603

途中も特に藪はなく、思ったより歩きやすい尾根。比較的傾斜も緩く、わずかに急登がありましたがトラロープが付いていました。しかし、こんな山歩きで前を歩く人がいてびっくり。鳥屋山で追いつきました。

2010110604

わずかに紅葉している木がありましたが、やはり少し早い感じです。

2010110605

細野山の手前あたりで富士が見えました。冠雪がやはり秋を感じさせますね。

2010110606

久しぶりの倉岳山の登りはちょっときつかったです。山頂からの富士を期待していましたが、もう雲がかかってしまっていました。山頂にいた人が話していた内容からするとタッチの差だったようです。でも、反対側の権現山、扇山方面はよく見えていました。

2010110607

北西尾根を下ろうかと思ってしばらく下り口を探しましたが、見あたらず。北東尾根は下ったことがあるので、そちらでもいいかと思ったら、ザックに磁石が入っていなかったので今回は諦めて、久しぶりに一般道を穴路峠へ。

2010110608

穴路沢に出ると、ごく小さな滝があります。

2010110609

ふと上を見上げると、大トチの木がありました。

2010110610

一般道にしては沢に近い所で2度ほど飛び石を渡らされます。が、結構水量があって注意しなければなりません。どこがルートかふと探してしまうような所もありました。まあ、テープが付けられているので、探せば必ず出てきます。寄り添うような仲むつまじい夫婦杉がありました。

2010110611

降りた所からの扇山の眺めはなかなかのもの。確かに扇を開いた形ですね。

2010110612

遠くには雁ヶ腹摺山がよく見えました。鳥沢駅まで歩きました。

« 代官屋敷跡と世田谷城跡 | トップページ | 大羽根山から浅間峠 »

登山(道志)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥屋山北尾根から倉岳山:

« 代官屋敷跡と世田谷城跡 | トップページ | 大羽根山から浅間峠 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ