« 肝要峠から大澄山へ | トップページ | なべっこ遠足 »

矢倉岳オフ

28日(日)は矢倉岳でオフ会でした。

2010112801

それぞれバスに乗り込み、矢倉沢で下車します。みなさんお集まりで出発。

2010112802

なかなかきれいな紅葉ですね。

2010112803

のんびりと登っていくと、きれいな木がありました。

2010112805

山頂に着いて宴会。ワインもおつまみもこんなに!
楽しいひとときでした。

2010112806

みなさん千鳥足(?)ですが、無事に下山しました。降りたところにある紅葉の木もなかなか。先の方が赤くて、中が緑という不思議な感じでした。

2010112807

地蔵堂バス停へ。すでにバス待ちにはたくさんの人が並んでいて、超満員でした。

オフ会に参加された皆様、ありがとうございました。

おっとっと、忘れる所でしたが、

2010112804

富士山ももちろんきれいでしたよ。(^^)

« 肝要峠から大澄山へ | トップページ | なべっこ遠足 »

登山(箱根)」カテゴリの記事

コメント

あ、sanpoさんと一緒?
と思ったら1週違いでした(~_~;)

矢倉岳、まだ行ったことないんです。
気持ちよさそうなところですよね!
最高の天気に恵まれ、よかったですね~。

cyu2さん、こんにちは。

やはり天気がいい日に歩けると気持ちがいいですね。
矢倉岳はそんなにきつい山でもないけれど、登って見ると富士山が近くて、なかなかいい眺めです。
山頂は広場のようになっていて、結構広い感じです。
雪がそれほどなければ日だまり山行にもってこいの山ですから、ぜひどうぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矢倉岳オフ:

« 肝要峠から大澄山へ | トップページ | なべっこ遠足 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ