« よこやまの道 | トップページ | 目黒の古民家 »

花咲山から満観峰

19日(日)は久しぶりに静岡へ。

2010121901

焼津駅から歩き出し、しばらく国道歩き。日本坂トンネル近くまで歩きますのでうんざりしました。花沢の里へ入ると静かな感じになります。このあたりまだ紅葉でした。

2010121902

法華寺が登山口。やっぱり秋色ですね。

2010121903

じぐざぐの道はなかなかきつい感じ。日本坂峠は小さな峠でした。

2010121904

花沢山へ向かいますが結構きつい登り。途中からなんとか富士が見えました。

2010121905

思ったよりも長く感じましたが、なんとか山頂へ。花沢山は眺めがありませんでした。三角点が木に食い込んでいました。

2010121906

満観峰に向かいますが、こちらも階段状の登りが多くてきついです。茶畑の横を歩いたりするのが静岡らしい雰囲気。

2010121907

ようやく満観峰に到着。海を見る山はやはりいいですね。

2010121908

下りは朝鮮岩の方へ下ります。途中に丸子富士があるので登ってみました。小さな祠があるだけで眺めのない静かな山頂でした。

2010121909

ようやく朝鮮岩に着きます。静岡市街が眺められてよい雰囲気。富士山は消えてました。

2010121910

安倍川駅まで歩きました。

« よこやまの道 | トップページ | 目黒の古民家 »

登山(静岡・伊豆)」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
けっこう、静岡市周辺の山に行かれるですね。
「朝鮮岩」の字句に、ちょっと魅かれてしまいました。
どんな謂れがあったのでしょうか?
実は、今週、吉備の国まで遠出してまして、朝鮮式山城とか言われる、石積みを多く見てきました。
備前市の熊山遺跡とか、備中総社市の鬼ノ城遺跡とかを。
そんな訳で、駿河の国にもそんな遺跡があっても、面白いかな、と思ったもので。

zioさん、こんにちは。

静岡付近の山はやはりいい山が多いですね。富士山が近いというのも、登りたくなるまた一つの理由ではあります。
ガイド本と現地の表示によると、江戸時代文人・墨客が多く、中国に模して駿府を晁陽と呼び、静岡市西部を晁西と呼んだことから晁西岩が朝鮮岩になったのではないかということです。
なので実際に中国と関係があった訳ではないようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花咲山から満観峰:

« よこやまの道 | トップページ | 目黒の古民家 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ