« 東尾垂の湯 | トップページ | 花咲山から満観峰 »

よこやまの道

18日(土)は久しぶりに「よこやまの道」へ。

2010121801

何度か歩いていますけどいつも唐木田駅から歩き出していたので、たまには逆コースということで京王線若葉台駅からの歩き出し。稲城台病院までは車道歩きなので今ひとつ。公園の手前から始まりますけど、道標が倒れかけていました。

2010121802

歩き出しが2時という時間だったので結構急ぎ足。さすがにこんな時間では歩く人もまばらです。

2010121803

今日は山に行きたかったな~と思いながら山の方を眺めます。

2010121804

まだ紅葉が残っていました。

2010121805

一本杉公園の民家。もうこのあたりは人の気配がありません。

2010121806

わずかに残る古道の雰囲気。

2010121807

唐木田駅に向かうとゴルフ場が横に見えてしまい、やっぱり唐木田駅から歩き出す方が順路ですね。日没になってしまうかと心配でしたが、なんとか早足で2時間で歩き、4時には駅に着きました。

« 東尾垂の湯 | トップページ | 花咲山から満観峰 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よこやまの道:

« 東尾垂の湯 | トップページ | 花咲山から満観峰 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ