« 館岸山から加賀田山、吾国山へ | トップページ | 平山温泉(御殿乳母の湯) »

竜爪山

だいぶ時間が経ってしまいましたが、10日は静岡へ。

静岡から則沢行きの竜爪山線のバスは瀬名新田まではたくさん運行されていますが、その先からは朝夕のみ。昼間はオンデマンドのバスで、90分前に予約が必要です。予約すればいいのですけど、直接行けるバスに乗るために、久しぶりに3時起きで家を出て、隣駅の始発に乗りました。

2011011001

平山でバスを下車して、しばらく林道を登っていきます。旧道の入口には小さめの駐車場がありました。

2011011002

植林の中に入るとかなり寒くて、風に吹かれると厳しいです。途中には丁目石がところどころ残っていました。

2011011003

登り着いた所が穂積神社。車だとここまで上がれるようです。

2011011013

二本の大きな杉が圧倒されます。何年くらい経つ物でしょうか。

2011011004

しばらく登ると階段地獄になります。木の埋め込まれた階段や鉄製の階段を登っていきます。やっぱり修行の山。ようやく登り着いた所から先へ進むと樹林の中に薬師岳がありました。最近は少なくなりましたけど、久しぶりにこの形の山名表示(右)を見ました。

2011011005

下って登って文殊岳。こちらも大きな三角点。やっぱり一等三角点でした。

2011011006

広い眺めが広がります。目の前は市街と海を見渡せます。

2011011008

やっぱり富士山も素晴らしいです。

2011011007

そして反対側には聖岳や赤石岳など南アルプス南部の山を見ることができました。

2011011009

下山はしばらく牛妻方面に向かい、左に折れて則沢方面に向かいます。植林の中は本当に寒かった。林道に出てしばらく下ると道白堂というお堂があります。高僧が修行した場所らしいです。

2011011010

林道はちょっと長かったですが、則沢に下りました。

« 館岸山から加賀田山、吾国山へ | トップページ | 平山温泉(御殿乳母の湯) »

登山(静岡・伊豆)」カテゴリの記事

コメント

なるほど、様子が分りました。来月は気分が変わらなければ静岡方面へ行きたいと思っています。その際にここにも行ってみようかな。

のぞむさん、こんにちは。

竜爪山はちょっと階段がきついですけど、車で行けば手軽に登れます。
歩いていませんが、新道があるらしいです。
旧道を登って新道を下れば、同じコースを降りなくてよいので、よいかもしれません。

リブルさん あちらにご返信ありがとうございます。
静岡市民の山・竜爪山にようこそ! といっても9年前でしたね(気づくのが遅すぎ) ご承知かと思いますが、静岡市民にとって、富士山と同じくらい馴染みの山が竜爪山です。この日は週末? きっと文殊岳は多くのハイカーで賑わっていたことと推測します。
また日課のように竜爪山に登る方もいるよう。年100回ちょっとの私の山友だちは、ランキング3位だそうです(笑、私は年1~2回)
晴天で白い南アルプスばっちり、1月は一番条件が良さそうですが、遠出のかいがありました(^_^) 私もこの景色に会えるとうれしいです。市街からも同じように見えますが、右の荒川三山が前山に阻まれて。
縦走好きのリブルさんが則沢に下りたのがちょっと意外。そのまま牛妻方面に歩くかと思いました。路線バスの本数もずっと多いです。そして、山頂まではあんなにいた人が別の山かと思うほど…… 静岡で路線バスで山歩きしている人は、人間国宝か化石かも!?

突先山や奥沼津アルプスも歩かれていてさすがです。
突先山は、市街からも結構存在感がある山ですが、大昔に一度登っただけ。藁科川までよく歩かれましたね。大山から先が超長かったでしょう? 中藁科のバス停も前は1時間に2~3本あったのですが(><)
奥沼津アルプスは、前から気になっていたのですが、昨年5月に歩いて(逆コース)、ようやくリブルさんに追いつきました。なんか、沼津アルプスとは山道も人出もかなり違って新鮮でした。

ねもさん、こんにちは。
最近は静岡の山へは南アルプスを除けば、ご無沙汰状態です。
行きたい山は多々あるのですがね。

竜爪山、良い山でしたね。やはり富士山が近いのがなんと言ってもいい感じ。
静岡側から見る富士山は丸みを帯びているのが特徴ですね。
突先山は山頂付近はともかく、中藁科への道はだいぶマイナー系な感じがしました。
このご時世、バスは少なくなりつつあるので仕方ないですね。
だいぶ歩いたバス停からは二~三本あったのですが、この状況だと減便になっているかもしれませんね。

沼津アルプスもご無沙汰ですが、いくつも横からの道がたくさんあるので、
沼津港でお魚を食べに行きたいなぁと思いつつ、そのままです。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竜爪山:

« 館岸山から加賀田山、吾国山へ | トップページ | 平山温泉(御殿乳母の湯) »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ